2012年11月15日

霜見月雑記・2012

つれづれなる日々の雑記。

<その1> 岡崎神社

岡崎神社へ、お火焚の護摩木をおさめに。

P1010340

ぎょっ?!
ウサギの団体?

実はこれ岡崎神社のシンボル=ウサギのおみくじ。
ウサギがおみくじの紙片を持っているわけで、そのあとのウサギをどうしようかな、、、と思った人が神社のここに置いたのが初めでしょうか。
以後どんどん自然増殖した模様。
さずが安産の神様。

<その2> kitさん

河原町丸太町をちょっと上がったところ。
ここはちょっと前まで町の洋品店さんだった。

P1010343

そこが素敵な雑貨屋さんに変身。
(まだ○○洋品店の看板が残ってます[E:coldsweats01])
kit さん

ここのラインナップがまた私には、ストライク。

アンティークのようなブロカンテのような雑貨、ちっちゃな手作りクッキー、f/styleの衣料品も。
韓国のオーガニック干し菜、すてきな小盤(ソバン)まであった![E:lovely]

実はkitさん、夏に好日居さんでプレオープンイベントしてはったのよね。



P1010342

うれしいのは李青さんセレクトの李朝芸術関係のミニ文庫があること。

楽しいよりみちショップがまたできた。

<その3> 点心

P1010361
吉田神社献茶式の点心。
三友居さん。
これに3服茶席がついて3000円。
吉田神社、おすすめ!


P1010373

社中の炉開き茶事の点心。
一品ずつ持ち寄って。
ちなみに私の担当は柿なます。
快心の出来であった(むふ)。


<その4> 喫茶いのん



P1010363

鴨川。
丸太町橋から。
この橋の西詰めに気になっているカフェが。


P1010368
喫茶いのんさん。

ここは私が学生だった頃、「エルゴ・ビバームス」というおされなイタリアンレストランだった。
(現在は少し西に移転されている)

空き家になってどうなるのかな〜、、と思っていたら、オープンカフェもある植物に囲まれたすてきなカフェに。

なんでももとは四条烏丸のオフィス街にあった喫茶店だそう。



P1010364

この鴨川ビューはなかなかのお値打ち。

P1010365

グリーンがわさわさなのは、すぐお隣が花孝かもがわというお花屋さんがあるから?

P1010367

コーヒーとシフォンケーキ(3種類から選べる)をいただきました。
ランチメニューも充実。
オープン席もいいけれど、お店の中もすてきだったので、寒くなったし次回は中で。


P1040619

カラスウリの実もここで売っていたもの。
こんなものまでゲットできる素敵なカフェ、またひとつゲット。

<その5> まゆまろ




P1040618_2

先日の植物園での「お茶といけばなの祭典」、スタンプラリーがあって、その景品がこれだった。

まゆまろの懐紙。

国民文化祭のキャラなんだが、今年も健在のようだ。

<その6> しかまファインアーツ


姉小路と富小路の交差するあたり、しかまファインアーツさん。




P1010377

民藝の精神に貫かれた工芸品を主に扱っている。
これもツボ。

いつ前を通ってもしまっているのだが、この日は事前連絡してOK。

今度の茶事に使うあるものをもとめに。

むふふ、、、I've got it !


<その7> 惚れた、、、、

P1010374

茶道系雑誌「なごみ」で連載中の「日本建築集中講座」。
建築家の藤森照信氏とこの山口画伯の漫画解説がおもしろいのだが、こんなすごい絵を描く人だったとは知らなかった、、、[E:coldsweats02]

、、、、、惚れた。(しかもええ男やし[E:lovely])



<その8> 猫

P1040627
  [E:cat]「、、、、、、、、、」

ちょっとアンニュイなプリさん。

数ヶ月前のシェルさんに続いて抜歯の憂き目に。

シェルさんは2本だったけれど、プリさんは下の牙2本をふくむ4〜5本抜かれた。

にゃ〜となくと、下の牙がないのでなんだか間が抜けてる。


P1040623


でも、ま、ごはんのカリカリ(猫はかまずにのみこむ)食べられるようになって、よかったね。
posted by しぇる at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

真如堂・秋 2012

なかなか紅葉だけを見にでかける時間的余裕がありません。

でも日々の忙しい暮らしの中でも、ちらっとでも紅葉を愛でたい。

P1010402

これは市立美術館の裏のモミジバフウの紅葉。

P1010404
ツィターの音が聞こえてきませんか?
(第三の男、、、なんちゃって)


急ぎ足で通り過ぎないといけないのが残念。


P1010405

黒谷さん(金戒光明寺)から真如堂へぬけましょう。


P1010407
文殊塔をめざしてこの階段をのぼります。


P1010409

途中で左折していつもの「墓場コース」。

P1010414

ここに眠る人たちはこんな紅葉を毎年楽しんでおられるでしょうか。

ほんに京都の紅葉は特別だといつも思います。
京都を離れていた間、その思いはさらに強くなりました。
湿度と寒暖差の大きさで説明はつくのですが、それだけではないような、なにかspiritualなものもあるような気がして。
(自分は科学者のはしくれだとは思っていますが)





P1010415

会津藩墓地で手をあわせて、(来年の大河ドラマの主人公、八重さんは会津出身なので、ここもまた賑わうかな?)



P1010416

真如堂へ。

正門からはいるより、このコースが一番感動する、、と私は思うのですが。


P1010418

雨の降る肌寒い日なので、観光客の姿もまばら。
こういうときを狙って来ることができるのがジモティの強み。[E:smile]





P1010419

まだ青い葉もあれば、真っ赤に色づいている葉も。
お堂からは間断なく鉦の音が聞こえてきます。

P1010420

うわ〜!
きれい!

まるで極楽浄土の散華のよう。


P1010422

猫広場(よく野良ちゃんが接客している)も今日は猫の姿がありません。
どこかあたたかいねぐらですごしていることを、こんな雨の寒い日には願わずにはいられません。


P1010425

おりしも真如堂はお十夜法要期間。
「この世で10日10夜善いことをすれば、仏国土で千年善いことをしたことに勝る」という『無量寿経』 からきた法要のようです。


P1010428

この期間、こんな白い紐が本堂につながっています。
これは「縁の綱」といって、本堂の阿弥陀如来様の右手とつながっており、これを握ることにより阿弥陀様に直接触れているのと同じ功徳があるとか。



P1010430

はい、早速握っておきました。



P1010426_2

本堂からの紅葉もみごと。


P1010432

茶所では、お蕎麦の河道屋さんが期間限定で店開き。
この寒さではあたたかいお蕎麦はさぞあったまるだろうなと後ろ髪引かれつつ、、、





P1010434

お見事なコントラスト。



P1010435

表門手前、向井去来が檀家であった覚円院へ続く道。


P1010433

逆行して表門から帰ります。

足早に通り抜けただけですが、来た価値はありました。

美しい季節です。
take my breath away です。


<おまけ>

御苑にも散華。


P1010439
posted by しぇる at 21:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

ISO乙女会〜今回は大津night・湊町倶楽部

今年最後のISO乙女会、はじめて京都をとびだしまして、みゅう様のお膝元、湖都、大津へ。

ところが大雨の夜になりまして、浜大津の駅に降り立ったときには「どこっ?琵琶湖はどっちっ?!」、、、というくらい暗かったので、琵琶湖の景色を楽しむ、、、という具合にはいたりませんでした。
これだけは残念。
(今度大津会の時には昼間にしようね。)


駅のほど近く、こんな大人のムード(どんなムードなんだ?)のお店へ。

P1010440

その名も湊町倶楽部
ひさびさのフレンチですの[E:heart01]

料理に関しては記憶のあやしいところもたくさんあるので、多分近日アップされるぽん様ブログを参照してね![E:coldsweats01]

P1010442

めずらしい日本酒のスパークリング。
甘くてジュースみたいでおいしい。

左手に見えてるのが桃のスパークリング。



P1010443
生ハムのクリームコロッケ。

これの実物大は500円玉よりちょっと大きいくらいで、コロッケのイメージからするとかなり小さめ。
量が足りんのではないかと、当初心配したが、最終的には適量+αのボリュームでした。



P1010444

根セロリのジュレという初めて聞く食材+地鶏のとろとろ卵。
(ここらへんからもう料理内容はアヤシイ)


P1010446

白身の魚のカルパッチョ風。
お野菜が多いのがうれしい。

このあたりからおばさんトークは炸裂しておりました。
話題は次から次へとぶわとぶわ、、、

下世話の話から、やんごとない皇室の話題まで。

いや、話が通じちゃう。
うれしいな。
(ほぼ、同年代ゆえ)

それでも生まれ育った土地が違えば(まあ私一人が関西じゃないんだけど)へえ?そうなん?ということも多くて。
京風薄味がどうもね、なんていうような。



P1010447

高級食材、フォアグラののったステーキ。
なのにフォアグラ嫌いという罰当たりが2〜3名いまして。[E:coldsweats01]
ゴメンナサイ。






P1010448


こちらはパンかご飯を選べるのですが、カレーという選択肢は初めて。

これがお腹いっぱいになったはずなのに食欲をまた刺激する危険な食べ物。
いや、意外な発想だなあ。


P1010449

お口直しに洋酒のきいたジュレは大人の味です。
(うちら大人になりすぎとるけど)

P1010450

デザート、クリームたっぷり。
危険と知りつつ完食。

このごろダイエットに成功してずいぶんスリムにならはった夢風庵様もたまには食欲を解放させておられたようで。



P1010451
凡蔵母さん様よりお土産にいただいた菓子工房凡蔵さんで大人気の「蔵出しカステラ」!
これほしかったんだわ。
しっとりしておいしい[E:heart04]

なんだかこのところ、いろいろたまっていたのですが、グチは言わないけれど、関係ないことでおしゃべりするだけですごく気持ちがすっきりするものですね。
女のおしゃべりは薬なんです。
今回は(も)個室だったので、聞き耳たてられるとちょっと恥ずかしいような人品疑われるような、おばさんトークも思い切りできてスッキリ!



今回、花咲おばさん様、キレミミ様はお休みでしたが、次回はまた是非フルメンバーで!
posted by しぇる at 22:39| Comment(12) | TrackBack(1) | 京のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。