2012年08月20日

リスボン紀行・その4〜シントラからユーラシア最西端の岬

リスボン中心のロシオ駅。
ここから列車で約40分、かのバイロンが「この世のエデン」とよんだ美しい町、シントラへエクスカーション。

P1030263

ヨーッロッパの駅はいずれも美しくていいね。Dsc_0201
シントラはかつて王宮を中心に貴族達が別荘を建てたロイヤル・リゾート。
世界遺産にも指定されています。
P1030287
たしかに美しい緑豊かな町並み。

ぐるぐる市内を回る乗り降り自由のバスでまずは異形のペーナ宮へ。


P1030266

このなんともいえない不協和音的な建築物は19世紀のフェルディナンド2世が建てた城。

何を隠そう、かの狂気の王、ルードヴィヒ2世のいとこにあたるというのもうなずける。
彼のノイシュバンシュタイン城も妄想の塊、、、でしたものね。
(まだノイシュバンシュタイン城のほうが美しいが、、、)


P1030268

あちこちにからみつく西洋朝顔は、日本の朝顔とちがってはかなさ、というものがなく昼になっても咲いている(秋になっても咲く)どう猛さがこの城にお似合い。


P1030270
P1030285

まさに異形。


P1030279

美しいのははるか大西洋をのぞむ眺望と、、、、


P1030280

タイルの装飾。

P1030281

ここらへんはマヌエル様式だな。

P1030282

しかし、ここまでくるとなんともはや、、、


お次は町の中心にある王宮へ。

P1030286

え?王宮?

と思うほどのシンプルさはもともとこれがイスラム教徒の残した建物だったから。
14世紀に王様が改築して城としたものだそう。


P1030288

27羽の白鳥が描かれた白鳥の間。

なんと、天井、木製です!




P1030289

カササギの間。

この板張りの天井、それに階段も木製。
ヨーロッパの城としてはめずらしいと思うのだが、日本人にはなんだかなじみ深くていい。


P1030292

人魚の間は意外とポップだよね。



P1030291

ここの装飾タイルはとても手が込んでいて美しい。

P1030293

このブドウの葉は好み。
こんな帯あったらなあ、、、



P1030297

アズレージョが美しい紋章の間は威風堂々、いかにも王宮らしい。


でもこの城で一番お気に入りはここだったりする。

P1030301

厨房。

遠景で見た大きな2本の煙突はこの厨房の煙抜きだったんだ。
P1030306


ここでどんな料理がどれだけたくさん供されたのだろう。

城内に展示されていた銀の食器類はまことにゴージャス、かつ繊細だったものなあ。
あんな食器でディナー、一度はしてみたいよう[E:bearing]


さて、このシントラから、90分に1本の、
まがりくねった道をいくバスでさらに40分。
完璧に車酔いしてポルトガルの地にゲ○を残しながらもたどりついたのは、、、、






Dsc_0180

ヨーロッパの、、、いやユーラシア大陸の最西端、ロカ岬。

北緯38度47分、西経9度30分。




Dsc_0182

目の前は大西洋、さえぎるものなき水平線。


Dsc_0196

この石碑にはポルトガル史上最高の詩人といわれたルイス・デ・カモンイス(16世紀)の言葉がしるされています。

Dsc_0189


AQUI....ONDE A TERRA SE ACABA E O MAR COMECA


スペイン語が読めるので、これも似ていてなんとなくわかる。


「ここに地終わり、海始まる」


地球が丸いことすら知られていなかった時代に、この水平線の向こうへ、向こうへ、、、と航海をすすめたのがポルトガル人であったことに納得の最西端でありました。
posted by しぇる at 20:00
"リスボン紀行・その4〜シントラからユーラシア最西端の岬"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。