2012年08月19日

リスボン紀行・その3〜アルファマ迷路

ポルトガルのシャンソンこと、ファドがうまれたアルファマ地区は、1755年のリスボン大地震で奇跡的に壊滅をのがれたため、一番古い町並みが残る地区。

どちらかといえば、貧しい人々が住む下町なのだが、全くスラム化しておらず、外国人が一人歩きしても安全という治安の良さはなんというのだろう。
ポルトガルって経済的にはよろしくはないけれど、その国民の品位はすばらしいと思う。






P1030007

アルファマの魅力は迷路のような通りを、気が向くままあてもなくぶらぶら迷うことにある。

スタートは一番高台のポルタス・ド・ソル(太陽の門)広場から。

ここからテージョ川にむかってひたすら迷いつつ坂を下る。
迷子になったら、とりあえず坂をのぼれば、かならずこの広場に帰ることができる。P1030008
さあ、まずは階段をおりていきましょう。

P1030013

細い通りも通り抜けて、、、

P1030015

左へ行こうかな、右へ行こうかな。



P1030011

小鳥の声がするので上をみたら、小鳥を飼っているお家。
たくさんありました。


P1030017

あ、遠くにテージョ川が見える。

P1030022

アルファマのアルはアラビア語が語源ということを示す。
この水場はそのころ(アラビア人の統治下だった13世紀以前)のものかもしれない。

P1030023

洗濯物がひるがえる。
人々の暮らしの息づかいが聞こえるようだ。


P1030038

実はキティちゃん、ポルトガルでは超人気キャラクターなんです。(しらなんだわ〜)


P1030028

お食事中の猫ちゃん。
邪魔してゴメンゴメン。



P1030025

こんなふうに絵になる門のお家もあります。


P1030026

それにしてもどんなに細い道でも袋小路はけっしてなく、かならずどこかに通じているのが不思議。

住んでいる人はちゃんとこの迷路の中、まよわずお家に帰れるのでしょうか。

P1030032

色とりどりのモールはカソリック系の飾りのようです。


P1030037

暑い南欧ならではの水飲み場。
あちこちにあります。



P1030040
もちろんこんな道、車はとおれませんが、それでも少し広い通りになると駐車しているんです。
いったいどうやってここまで乗り入れたのか、、、も謎。


P1030042


歩いても歩いても飽きないなあ、この迷路。


P1030047

いよいよテージョ川が近づいてきた。


P1030063

広場に出た、、、と思ったら、そこは土曜日の朝のノミの市。
サンタ・クララ広場の泥棒市。



P1030056

玉石混淆、、、というよりは石ばっかみたいだけれど??[E:coldsweats01]


P1030062

こんなものが売れるのか???


P1030069

泥棒市の喧噪に隣接しつつも清らかな雰囲気のサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会。


P1030079

ここは意外にも見所満載でした。

右手の壁のアズレージョ(タイル装飾)は、、、


P1030078

お見事。

P1030074

石細工もお見事です。

ここの教会には、アズレージョばかりを展示した部屋や、ポルトガルの海でとれる巻き貝のコレクションなど展示した部屋などあって、すっかり長時間楽しむ。


P1030086

さらに絵になる迷路を通り抜けて、最終目的地は、ローマ人が作った要塞だったサン・ジョルジェ城。



P1030089

見はるかすテージョ川とアルファマの町。

紀元前からの遺構が残っているあたり、石の建築文化のヨーロッパだなあ。
気が遠くなる。



P1030097

あ、猫!!



P1030103

このこたちはリュートを吹く大道芸のおじさんが従えている猫たちでした。


P1030100

コインをわたすと、、、、

P1030102

この子の名前がファティマだと教えてくれました。
posted by しぇる at 20:00
"リスボン紀行・その3〜アルファマ迷路"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。