2012年08月17日

リスボン紀行・その1〜町は電車でゴトゴトと

まずは恒例のイヤミの洗礼から。

P1040202_2
[E:cat]「よくもあたしをおいていったわねえ〜〜〜〜[E:annoy]」
[E:coldsweats01]


さて、気をとりなおしまして、リスボン。
ヨーロッパ最西端の首都であります。

「七つの丘の町」とよばれるのは、その町が起伏に激しく富んでいるからなので、いきおい坂道をのぼったりおりたりしなければなりません。


杖をついた老人だって坂道を登ります。
ゆっくりゆっくり。
いそがなくていいのがこの町なのかな。

でも、その半端じゃない坂道に、ここの電車ほどありがたく、似合う乗り物はないのではないかしら。

滞在中、目的地なく、ただただ電車にのりたくてゴトゴトたくさんの時間をゆられておりました。

リスボン=電車が楽しい町=ゆっくりでいい町、、、でしたね。

というわけで、今日は電車の写真ばっかです。
(にわか鉄ちゃんならぬ、にわか電ちゃんと化す)






P1020834P1020975

急な坂や曲がり角ばかりなので、電車は急にあらわれる、、、わくわくどきどき。


P1020981

停留所もひとつやふたつは歩けそうな距離なので、すぐにみつけることができるの。



P1020986

乗り降りの著しい邪魔となりつつも、この最前列のベストポジションはゆずりがたい。


P1020988

運転手さんはおぢさんの他にも、意外に女性が多いの。






P1020991
P1020992


線路の上は自動車もつっこむ、人も歩く、、、でスピードがでないことおびただしい。
これが一国の首都の風景って、信じられる?


P1030002
P1030082

かつてアラビア人が作った町、アルファマ地区を行く。
まわりの建物には洗濯物がひるがえり、猥雑さが人の生活の息づかいを感じさせるなあ。



P1030085

一番お世話になった、広域を走る28番線。

P1030104

サンタ・ルシア展望台より、はるか海、、、、ではなくてテージョ川を見晴らす。
ここはもう大西洋の入り口近く。
P1030114
途中下車してビール、、、ではないオレンジジュースを一杯。


P1030110



P1030112

歩道を歩く人とすれすれで、これで事故なんかおきないのか心配になるけれど、どだいこのスピードでは大事故にはなりそうもないかも。

P1030115

ふたたび車内。

P1030230

このほとんど木製のレトロ感がたまりません。
床まで木なんですよ〜。

P1030116
もちろん運転機器だってレトロです。

子供時代こんなチンチン電車で通った記憶を持つ世代には涙がでちゃう。

これこそサウダーデ!(郷愁)



P1030117

どこへ行っても白と黒の石のキューブでつくられた道。
(法規制されているらしい。すごいな。京都もまねできんかな、建物は町家風に限る、、、とか)





P1030214
P1030219

こんな狭い道にだって、電車は走るのです。


P1030225

降りたら目の前がお家だっていう人も多いでしょうねえ。





さて、もうひとつ、リスボンのシンボルと言えばこれっ!!

P1030166

テージョ川をみおろす坂を上り下りするビッカのケーブルカー!

リスボンには他にも何本か坂道をショートカットするケーブル線があるのですが、なんといっても人気はこのビッカ線。


P1030167

片道2〜3分のトリップですが、うれしがって何回のったことやら。

(ついでに駅の近くの眼鏡屋さんの猫を何度もみにいった)

P1030171

上下線のすれ違い。

P1030169

常連さんは沿線の住人とすでに顔見知り。
手をふってます。



R1031470

ああ、このテージョ川をつっこんでいくような下り線がいいな[E:heart01]



R1031475
P1030175

下の駅、サンパウロ通りに到着。

R1031479

ASCENSOR DA BICA

ビッカのケーブルカーでした。
posted by しぇる at 21:10
"リスボン紀行・その1〜町は電車でゴトゴトと"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。