2011年08月20日

ドレスデン・ベルリン紀行4〜ベルリンのあちこち雑記

これからベルリンへ行かれる方の参考になるような、ならないような、、、ベルリンあちこち。

P1120598

ドイツ最大級の老舗デパート、KaDeWe(カーデーヴェー)。
デパートは普通ですが、最上階の広くて内容の充実したカフェテリア式レストラン、旅行客にはおすすめ〜。P1120595

ベルリンで道に迷ったら、このテレビ塔が役に立ちます。
東ドイツの遺物。
西側ではかつてこの塔を「醜い」といったらしいですが、いまではりっぱなランドマーク、というかキャラクター商品にすらなってます。

以下は鉄道東中央駅前のイーストサイドギャラリー。


P1120603

ここには1.3kmにわたってベルリンの壁が残されています。
東側に、ドイツ内外のアーティストが描いた絵が保存されています。

P1120606
壁の右側が西、左が東。
P1120609

P1120608

正面にテレビ塔。


P1120610

ポスターにもなった有名な絵。
壁を破ってなだれ込む群衆。

ツォー(Zoo 動物園)駅まえにカイザー・ヴィルヘルム教会をさがすもみあたらない。
この教会は19世紀に建てられた新しいものなのだが、空襲で破壊され、戦争の悲惨さをつたえるためにそのままになっていたのだが、、、、
中学生の時、最初に買ってもらったカセットデッキのデモテープにはいってた「カイザー・ヴィルヘルム教会の鐘の音」。
当時それがどこにあって、どんな教会なのかもしらなかったけれど、やっと巡り会えると思ったのに、、、


P1120625

と、思ったら、ごく最近こんなにすっぽりカバーがかかって見えなかったんだ。

P1120619

ついに修復が開始されるようです。
P1120624

残念ながら、鐘はみることはできなかったけれど、カセットテープの思い出として浄財寄付を。


P1120630

ベルリンフィルの本拠地。
アヴァンギャルドな建物ですが、なんと1963年の完成。

私の年代ではベルリンフィルといえばやっぱりこの方です。


P1120629

不世出の指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤン。

ベルリンフィルのお隣は文化フォーラム。


P1120631

お目当ては、こちらも綺羅星のマスターピースてんこもりの絵画館。


P1120642

こちらは太っ腹で、フラッシュなければ写真取り放題なんです。

でも遠慮して、フェルメールの1枚だけを。


P1120632

「紳士とワインを飲む女」

となりに「真珠の首飾り」。
これでドレスデンとあわせて今回の旅では4枚のフェルメールに出会いました。


P1120646

ベルリンの飲み物と言えばこれ!
ベルリナーヴァイセ。
アルコール度の低いビールに甘いシロップを入れた、いわばチューハイのような飲み物。
まあ、ジュースです。全然酔えまへん。



P1120674

食べ物は、カレーヴルスト。
ソーセージにケチャップとカレー粉をかけただけの、まあイギリスで言うフィッシュアンドチップスのようなもの。
インビスという屋台でテイクアウトします。
でもこんな簡単なものでもおいしいのは、ヴルスト、つまりソーセージそのものが美味ならでは。
さすが、ドイツ。


P1120644_2

ポツダム広場のランドマーク、ソニーセンター。
統一後、一気に開発が進んだ地区で、ダイムラーとソニーがここの開発に出資しました。
この大きな傘のような構造、設計はヘルムート・ヤーン。現代ドイツ建築の最高峰とか。
残念ながら、ソニーはその後、ここの経営から撤退したようです。


P1120651

ミッテの複合カルチャー施設、ハッケシャー・ホーフ。
中庭をいくつか持つ古い集合住宅を利用して、おしゃれなお店やレストラン、カフェ、ギャラリーがはいっています。


P1120653

第1の中庭。
フンデルトワッサーみたいだな〜。

P1120654

いくつめかの中庭。
ここはまだ住宅だった頃のなごりがあり、中庭はいごこちがよいのです。

ここでついつい買い物をしたのは、ベルリンNo1の人気キャラクター、アンペルマン君のグッズのお店。


P1120658

さて、このアンペルマン君、何ものでしょう?


P1120660_2

正解はこちら。


P1120388
P1120387

実はこれ、旧東ドイツ時代の信号機のマークだったのです。
統一後廃棄されたものの、そのデザインがみなおされ、今では新たな信号はふたたびアンペルマンになっているとか。
おそるべし、東ドイツデザイン!

その東ドイツデザインの車を是非見たい、とでかけたのが博物館島のDDR(東ドイツ)ミュージアム。


P1120664

この世に40数年だけ存在した東ドイツの日常生活で使われた日用品、居間などを展示再現。
共産主義国らしく、配給手帳なども。

でも、一番見たかったのはこれ!
東ドイツの国産車、トラバント、愛称トラビ。

P1120667

プラスチックでできているなどど揶揄されたけれど、なかなかどうして、現代の道を走れば安全性はともかく、キッチュでかっこいいかも!

P1120673

タクシーの窓から写した戦勝記念塔ジーゲス・ゾイレ。
ブランデンブルグ門から、まっすぐはるか正面に見えます。
この天使の肩に中年天使がとまっていた映画「ベルリン天使の詩」で有名。
そういえば、ついこの前亡くなられたピーター・フォーク氏もでてたっけ。

さて、ベルリンの少し郊外寄り、ここも今回の旅の目玉の一つ。

P1120694

シャルロッテンブルグ城。

18世紀、初代プロイセン王・フリードリッヒ1世の、聡明で文化芸術に造詣が深かった美貌(美人ですが若干肥えすぎ?[E:coldsweats01])の妃・ゾフィー・シャルロッテの理想の離宮。
(彼女は残念ながら37歳の若さで亡くなっています)


前記事にも書きましたが、今年1月、京都で見た海を渡った古伊万里展に展示されていた、このお城の東洋磁器のコレクションルーム、ポーセリンキャビネットの写真に圧倒されたのです。

行ってみたい!
なまでこの厖大なコレクションを見たい!
(実はこれが今回の旅行の発端だったような、、、)

さあ!
見て、圧倒されるがいい!(またしても、なんやそら?)





P1120705
P1120706
P1120708
P1120710_2
P1120711

京都の展示写真で、この中国人の人形がかぶっている帽子がどうしてもラーメン鉢に見えたのだが、やっぱりラーメン鉢だあ〜!

P1120714


、、、、で、しっかり堪能いたしました。
日本ででも、こんなたくさんのコレクションが一堂に会しているの、見たことない。
しかも飾り方、西洋風。
異郷であらためて、東洋磁器のその価値を再認識する。

最後に、、、

日曜にひらかれている博物館島のノミの市へ。
アート&ノスタルジアマーケット。



P1120755
アンティークというよりはブロカンテ。
でもマイセンの中古品などけっこうお安い。

P1120759

本物かどうか不明だが、東ドイツ時代の軍人の帽子や、バッジなどもありますよ。

で、私はこんなものを買ってしまった。

P1120772

ちなみにお皿はヘルブラウ様にいただいたもの。(ありがと〜!)
で、このスプーンとお玉(?)何に使うんだ???

  *  *  *


、、、ふ〜、、、
駆け足でベルリン観光案内、やっと終了です。
おつきあいありがとうございました〜[E:happy02]
posted by しぇる at 22:46
"ドレスデン・ベルリン紀行4〜ベルリンのあちこち雑記"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。