2011年07月18日

巡行のあとの鉾町点描2011

学生の頃初めて山鉾巡行を見た私は感激して、どこまでも最後の鉾の後をついていったものでした。

鉾町にたどりつくと、そこには独特の風情があって、これにもいたく感動した記憶があります。

P1110926

なので今度も巡行をおえた山鉾が帰ってくる鉾町を見に行きましょう。


P1110927

ここは鯉山の会所。
鯉山は後祭巡行なのでまだ帰ってきていません。
鉾が切り離されるとこんな感じになるのね。

P1110931_2

山伏山ではもう解体がはじまっています。

祇園祭の鉾はもともと御霊会のためのもの、御霊=悪霊・災厄を移し宿らせることで諸国の穢れを祓ったといういわれのものなので、御霊の宿った物はいつまでもおいておかないで、さっさと片付けないといけないのです。


P1110933

P1110955


しばらくして行ってみたら、山伏山、もうこんなになって、ご神体も会所の二階におもどりです。

P1110934

会所の一階では、山をひいていた学生アルバイトとおぼしき若者がお食事中。


P1110938

そうこうするうちに、四条通から室町通りへかえってきた菊水鉾が見えてきました。


P1110944
ここは直角にまわらないといけないので、思いがけずミニ辻回しを見ることができました。


P1110946

少しずつ少しずつ、水をまいた竹の上をすべらせて方向を変えてゆきます。

P1110950

そして狭い室町通りを凱旋。
広い通りでみてきた巡行のことを思うと、この狭い通りを、電線をよけながら屋根に気をつけながら行く鉾は、より風情があるんです。





P1110953
お囃子の調子が変わって、しばらくすると鉾はドックと連結。
そして三本締めで拍手。
炎天下を休みはほぼなしの数時間の巡行、ご苦労様でした。




P1110962

鯉山もご帰還です。

室町を北上すると次から次へと山鉾が帰ってくるのを見ることができます。


P1110966

黒主山。

ちなみに左手の浴衣姿の方は老舗の帯問屋、誉田屋源兵衛の社長さんです。
「ようがんばった!」とみんなを激励しておられました。




P1110968
帰ってきた浄妙山。

こうしてみると、室町にもマンションがふえたんですね。



P1110969

役行者山。





P1110971

たちまち解体にとりかかっています。

あとに余情を残すでもなく、未練もなしにさくさく片付ける手際はむしろすがすがしいです。
明日からは鉾町はもとの姿にもどるのでしょうが、今度このあたりを歩くときは、この風情を思い出しながら歩いてみようと思う。


さあ、いよいよ夕方は三基の神輿にのられた神様が御旅所におでましになる神幸祭だあ!
posted by しぇる at 00:59
"巡行のあとの鉾町点描2011"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。