2011年05月05日

晴れの国へ〜ふーテトママ様と再会

連休中、親のご機嫌もとっておかねば、、、というわけではありませんが、実家の岡山へ。

新幹線で約1時間、便利よね〜。
私が学生の頃は1時間半はかかったものですけれど。

P1100501

私電ではありますが、路面電車が走っているのが自慢の町です。
この電車で幼稚園から中学まで通いました。

さて、この期間毎年、○善さんのイベントがありまして、昨年の5月このイベントでふーテトママ様に初めてお目にかかったんです。

そもそもキルトと猫のブログのご縁でしたが、その後、中学の先輩だったことがわかったり、他にも地元にまつわるいろいろなご縁があることがわかりとってもびっくりでした。

その二ヵ月後には、やはりキルトと猫のご縁、nnya様と三人、雨の中崎町でデートもしました。(女3人寄れば、、、、でよ〜しゃべりましたね。)

キルトデザイナーでもあり、先生もされておられるので、夏にはご自宅までおしかけて、ご指導の下畳のへりバッグまで作っちゃって[E:happy01]

素敵なお家(さつきとメイのおうちみたいなんです)に、(ブログではいつも笑かしてくれる)ふーくん、テトちゃんという猫ちゃんとお住まいで、とってもおしゃれで素敵な方なんです。(憧れ[E:lovely])

P1100493
今年もキルト用の布や畳のへりバッグのキットなど、イベントで販売されるとのことで、またお目にかかりたく参上いたしました。


P1100494

わ〜い、ママ様だ。

実は私のために畳のへりバッグをつくってくださっていて、最後のリボンを綴じつけてくださっているところです。

背後のバッグがみんな畳のへりでできているんですよ。
おしゃれだし、丈夫だし、実はできあがりからは想像できないくらいにわりと簡単にできるんです。(まあ、不器用な方には程度問題はありますが[E:coldsweats01])



P1100496

手芸用の畳のへりも、どんどん進化して、透け感のある夏向きのものや、白や生成といった色まで登場。
こんなのをみていたら、どんどん作りたくなってきますね〜。

それにしても、またまたいろんな事を、ようしゃべりました。
ママ様は話題も豊富で、とても楽しかったわ。

話の中で、共通の知り合いが次々に発覚するのがまたすごい!

20年足らずしか住んでいなかったのに、生まれ育った町の絆って、すごいなあ、、と改めて思ったのでした。


P1100495

いただいたバッグはこちら。
微妙な透け感がすてきです。これからの季節にぴったり!
きものにも合いそうです。

ママ様、ありがとうございました!!

また、ふーくん、テトちゃんにも会いたいわ。

さて、実家へのおみやげは、、、、

P1100491

実家で好評、亀末廣さんの「京のよすが」、通称「四畳半」。

季節毎にかわるお干菓子、半生菓子のセットです。
見た目も美しく、とても上品なおいしさ。
特にこの青楓、ねっとりした干琥珀、最高です。


あわただしく日帰りしましたが、駅ではこんな電車を発見。

P1100503


おお〜!
九州新幹線、「さくら」。

新大阪以西だから、京都では見られないのよね。

写真では色が飛んでいますが、うすいきれいなブルー。
青磁の色、、、かしら。

P1100505

夢中でバシバシ写真を撮っていたら、「そこのカメラの方、黄色の線内にはいらないでください!」の放送が!

え? 私?[E:coldsweats02]
でもでも、線内には入ってないよ〜、、、とふりかえったら、他にもずら〜っとカメラをかまえている方が、、、

ああ、よかった。
私じゃなかったのね。
ほっ[E:coldsweats01]
posted by しぇる at 22:31
"晴れの国へ〜ふーテトママ様と再会"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。