2011年02月19日

中之島でスペインフェア

ひさびさのスペインネタ。

すっかりおなじみの大阪、中之島公会堂。

P1090208

今日は正門から中へ入ってみましょう。

P1090209

入り口のホールです。
ここの大集会場ではシャンソンの発表会かなにかがあるようです。

そこはスルーして地下の大会議室がお目当て。


Spain_fair_2011

今日明日はこちらでスペインフェアがひらかれているのです。



主催のスペイン文化センターは、実は私の通っているスペイン語教室(スペイン人が経営)が中心になっているんです。





いや、3時頃でかけたのですが、講師の先生方はじめ、スペイン人はみんなすでにできあがっていました。


ほんまに彼らに酒をのませたら、すぐ陽気な集団のできあがり!ですね。


いつもはまじめな私のクラスの先生も、え?と思うくらいはじけてます。







P1090211_2


会場はこんな感じで、けっこうたくさんの人がおいでです。

入場料は無料でイベントはもりだくさん。

数チームによるフラメンコショー、サルサレッスン、スペイン留学セミナー、カミノ・デ・サンチアゴ(サンチアゴ・デ・コンポステーラ教会までの巡礼の道)に関する講演、ミニスペイン語レッスン、スペインタイルのワークショップ、短編映画上映などなど。


スペインに興味を持つ人たちを増やそう、スペイン文化をもっとよくしってもらおう、と企画されたとか。

日本でヨーロッパ系の外国人を見ると、みんな英語を話す、と思い込んでいる人が多いけれど、実はスペイン人は英語が苦手な人も多く、英語で話しかけられてもちんぷんかんぷんなことが多いんですって。

言語人口からいうとスペイン語と中国語が圧倒的多数なんですけれどね。
イタリア語やフランス語の方が人気があるのはなぜかしら。

ちょっとスペインタイルのワークショップをのぞいてみましょう。





P1090220

先生の指導にしたがってみなさん、絵付けに真剣です。

P1090218

先日さらさ西陣のきれいなマジョルカタイルをたくさん見たのを思い出します。
このワークショップ主催はスペインタイルアート工房さん。

その他スペインの本や雑貨も売られています。

P1090217

そしていつか買いたい、、、と思っているパエージャ鍋まで。

P1090216


いやあ、ここの売り場で、スタッフとして参加していたMさんに再会できました。
スペイン語とまったく関係のない京町家・風の会のイベントでたまたまごいっしょし、偶然にも同じスペイン人の先生にスペイン語を習っていたことが判明した方です。
世の中ほんまに狭いですね〜。


*その後M様からメールをいただきまして、スタッフとして汗水たらして忙しくしていたのに、スペイン人講師たちはひたすら飲んで楽しそうにおしゃべりしていたとか。
まさに国民性のちがいがでています、、、と。

こういうのをドルチェビータ(甘い生活)というのね。

さてさて、忘れてならないのがお酒とタパス(おつまみ)です。
P1090213
これは有料ですが本格的なんです。


P1090212

わ〜い[E:lovely]生ハムの豚の足だあ〜。

P1090224

これをスライスしてもらって、、、


P1090222

山盛りハモンセラーノ[E:happy02]。

ハモンイベリコの方がスペインでは人気で高価ですが、私にはちょっと油っぽくて、セラーノの方が好きです。

いや、こんなにたくさんいっぺんに生ハム食べたの初めて。

もちろん、これ付きで。

P1090221

スペイン、カタルーニャ(バルセロナのある地方)の発泡ワインCava!

いやあ、もうここまで来たら、早くできあがってスペイン人にならなくちゃ!
(このあとお茶のお稽古があるんですけどね〜、、、、、)

明日の日曜もやっています。
お近くのかたはのぞいてみてくださいね。
posted by しぇる at 23:54
"中之島でスペインフェア"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。