2010年10月22日

2010年・神無月

P1070423

ここはどこでせう?

翌日にひかえた時代祭の観覧席の用意がされつつある御池通でございます。

え?もう京都に引っ越したのかって?

いえいえ、残念ながら。

まもなく引っ越すのに、この忙しい時期、なんでまた京都へと思われるかもしれません。
でもこれは私の都合ではないので。なんだかこういう日程にしかたなくなっちゃったのよ。

前から死ぬまでに(大げさな、、、)一度で良いから入ってみたい、と思っていたさる非公開庭園にご招待いただけましたので。
(まあ、どういう手口を使ったかは言わぬが花です)

長い間、私には開かずの門だった戸が開かれ、中に入ったとたん鳥肌が立ちました。
非公開ゆえ、くわしいことは控えさせていただきますが、比叡山までふくむ東山、近隣の寺院の多宝塔まで借景にした雄大な眺めはもう、ただただ言葉を失うのみ。

命名の由来は一切記されておらず、語られたこともないそうですが、この景色をみて、だれでもひそかに納得がいくと思います。


わずか1時間の異空間トリップでしたが、このところ引っ越しストレスで弱った心身に、しみいるように効きました。


P1070422

元気をこちらでもいただきます。堺町の和久傳さんの 茶菓席で、煎茶を。
ここはあまいもんもおいしいので、いままでもたびたび利用してきましたが、今度から休みの日の町歩きにはかかせない休憩所になるかもね。



P1070426

帰りはすっかり暗くなって、これはご存じ祇園さん。
このあたりは多分夜これからも徘徊するだろうなあ。大人のつきあいってやつで。

P1070428

南座。
まねきがあがるまで一月ちょっとなんだ。
そのころには、もうりっぱな京都市民になっている。
お気に入りの景色が日常になる日々。

なので、京都移住完了して、ネット環境が整うまで、しばらくお休みいたします。
(コメントへのご返事は可及的努力いたしますが、おくれるかもしれません。)

それでは皆様、また京都からお目にかかれる時まで。
posted by しぇる at 14:54
"2010年・神無月"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。