2010年09月20日

雅俗山荘〜小林一三(逸翁)記念館でディナー

昨年、池田にある逸翁美術館が、以前の場所から少し離れた場所に新しい建物でオープンしました。

それに伴って以前の美術館、小林逸翁の旧邸「雅俗山荘」は閉鎖され、あのクラシカルな建物はもうおがめないのかなあ、、、と残念に思っていたのですが、なんと、今年から小林一三記念館、および邸宅レストランとしてオープンしていたんですねえ。

京都に移住すると、このあたりにはなかなか行く機会もないと思い、食事がてらでかけることにいたしました。

P1070178

正門の長屋門は、江戸時代の庄屋の門を移築したものとか。
このたたずまいは美術館であった頃の以前とかわりません。

P1070179_2

小林一三記念館としては、彼がその産みの親であった宝塚歌劇の特別展をやっているようです。
夕食時なので、もう展示は終了していましたが。

P1070180

そうそう、この大正時代に建てられた風情のある建物、これぞ阪神間ハイソクラスの邸宅の典型、阪神間モダニズム。
和風でもなく、洋風でもない、クラシカルであり、かつモダン。




P1070198

エントランスには逸翁さんの肖像画。
(以前、美術館だったときは邸内撮影禁止だったのですが、レストランになったため撮影OKなのがうれしい)

さて、レストランになってどんなに変わったのだろう、、、と心配だったのですが、大丈夫でした。
むしろかつて邸宅だった頃の雰囲気にもどったのではないでしょうか。


P1070199

エントランス脇の大ホール。


P1070196

かつてこの部屋で関西財界人たちと逸翁さんは、食事をこんな雰囲気でされながら、いろいろな事業アイデアを出していたのかなあ、、、なんて。




P1070187

ディナーをいただいたのは、その隣のサンルーム。
ここはかつて資料室だったような記憶があります。
それにしてもすてきなインテリア[E:heart01]


P1070188
もう少し早い時間なら、お庭の方も以前と同じく歩くことができたようですが、照明がないので残念ながら今回はガラス越しでお庭拝見。

逸翁さんは茶人としても有名でしたから、この庭園内に茶室を二つ擁しています。
和洋折衷の「即庵」と本格的二畳の「費隠」(国登録の有形文化財)。

即庵の方は新しい美術館内に、そのまま写したものがあります。






P1070186

さて、ディナーセットも邸宅風。
カトラリーからお皿まですべてフランスのChristofle製でそろえています。
テーブルの上には銀の燭台、一輪差しなどもおかれ、なんだかゴージャス。[E:lovely]


メニューがコースしかないのは残念なんですが、どのお皿も見た目も美しく、味はやや薄味系で私好みでした。

いくつかのお皿を紹介。

P1070190

前菜もいきなりエスカルゴ。


P1070191

魚料理は鱧です。(おいしかった!)

P1070192

邸宅の雰囲気から浮きまくって、ひたすら食す、帰省中のセガレ。

デザートはスイーツの前にチーズを。
私はどうもチーズは苦手なので、小さいやつを選びました。




P1070197

小泉元首相ですっかり有名になったチーズ、ミモレット。

うん、これは酒のあてになる!
ちょっぴりしょっぱくて、ハモン・イベリコ(イベリコ産生ハム)みたいなお味。

ここまでくるともうお腹の方もいっぱいだったので、甘いもんはもう一種類しかたべられません。
5〜6種類をたのんで完食したセガレの、若い胃袋がうらやましいのでした[E:sad]


食事を終えて、雅俗山荘を後にしたときはもうとっぷり日は暮れていました。
この阪神間の独特の雰囲気もとても好きです。

京都移住後は、自分で決めたこととはいえ、そうそうこちらまで来ることができないのが少しさびしいです。



  *    *    *

雅俗山荘: HPはこちら
posted by しぇる at 18:49
"雅俗山荘〜小林一三(逸翁)記念館でディナー"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。