2010年09月12日

岡崎界隈〜未来の散歩をイメージして

京都、岡崎界隈。

引っ越ししたら、きっとすてきな散歩道になる、、、、という視点で景色を切り取ってみました。


P1070148

おお、いきなりこんなところに松琴亭の襖が、、、、
ではなくて、某信金のトレードマーク。

以前はこれを見るとドイツ・バイエルン州の旗(BMWのシンボルにも使われていますね)を連想していましたが、最近では松琴亭ですなあ。[E:coldsweats01]

P1070146

最近丸太町南側、東天王町の近くにできたドイツパンのお店、「ベッカライ・ペルケオ」。


ベッカライ=パン屋さんですが、ペルケオというのは知ってるぞ。

ちょっと古い人なら知っている、王子と町娘の結ばれない恋をえがいた戯曲「アルトハイデルベルグ」にでてくる居酒屋の名前。
王子がその不自由な身分を忘れ、学生時代の一時、楽しい時代をすごした場所。
(もともとペルケオはワインの樽を守っている神様の名前。)

20年ほど前に、わざわざ行ったもんなあ、ドイツ・ハイデルベルグ市にあるこの居酒屋。
両替計算をまちがえて、えらく高額のチップをボーイさんにあげちゃった思い出が、、、

(訂正:あれからちょっと調べてみましたが、私の記憶違いがいくつか。なにせ30年近く前の話でして、、、
居酒屋の名前はペルケオではなくて、ローターオクセン、そしてペルケオの人形があった、、、そうです。ちなみにペルケオはハイデルベルク城のワインの樽をまもっていた道化師で、のちに守り神のようにいわれるようになった、そうです。)


店の看板にアルトハイデルベルグの文字もありますので、これはまちがいなく、あのペルケオです。
入らないわけにはいきません。


P1070147

ドイツパンはこんな感じ。
フランスやイギリスのパンと比べると酸味がきいて、ちょっと無骨な感じでしょうか。

P1070163

オーナーさんはハイデルベルグでパン作りの修行をされ、マイスターの称号を得られたとか。
本格的です。
ドイツ的パンってどれ?と聞いてもとめたパン。
飾り気のない素朴なところがドイツっぽい。塩味がきいています。何も付けずにいただくのにぴったり。
そうだ、ワインにも合いそう。(私は日本酒党ですけど[E:coldsweats01])

近くなので、いつでも買いに行ける、よいパン屋さんを見つけましたわ。
P1070151

以前、京都に住んでいたときから知ってはいたのですが、入ったことのなかった熊野神社近くの骨董屋さん、ブルーパロット

今回ちょっと欲しいモノがあって初めてはいったら、、、、、びっくり!
こんなに奥が深いお店で、こんなにいろんな種類の骨董が、、、、アンティークの焼物、漆器、振り子時計、ガラス、家具などなど。


オーナーさんご夫婦も職人、という感じですてきな方たちでした。
これなら骨董ハンティングに門前通りまで行かなくても、お散歩がてらのぞけます。

お目当てのものは残念ながらなかったのですが、新しいお宝の山を見つけました。うふ[E:wink]

P1070150

その少し西の細い道を南にはいると、学生の頃からあるJAZZ SPOT YAMATOYA。
まだ、健在なんだ。
ジャズのなんたるかも知らず、格好だけで聴いていた若かりし頃、ここの2階で難しい顔をしてモダンジャズをきくのがひと頃ブームだったのよねえ。
でもいまだに何枚かのジャズアルバムはまだ手元に残っています。(青春の忘れ物)

P1070161

三条通の町家のお店。良い風情です。
ここの家に入れ子になっている駐車場。こんなにせまいのに、上手に駐車されるところを目撃!
すばらしいドライビングテクニック!
しかし、ドアをあけるのがちょっと大変。


平安神宮の南、白川沿いの小径はお気に入りなんだけれど、この日はこんな景色を目撃!

P1070160

川のなかで犬を泳がせるおじさん。
わんこはぜえぜえいいながら、がんばって流れに逆らって泳いでいます。
けなげ。
これって犬は喜んでいるのだろうか?迷惑しているんだろうか?
でも、これもすてきなお散歩中の景色にはちがいない。



P1070158

ふりかえれば、いつもやたらでかくてやたらはでな平安神宮の大鳥居。

P1070156

疏水がみやこめっせをぐるっとめぐるあたり、ここの景色もなかなかいいんです。
ちょうどカーブになったあたり、水の流れがやや急で、流れに逆らって泳ぐ小魚たちをみていると、見飽きない。

陽も少しくれてきて、良い風が吹くので、ここの柵にもたれてしばしぼ〜っと。
これも幸せな時間です。



P1070157

仁王門通りをはさんで疏水の向かいにある観世会館
(写真は藤井有隣館です。観世会館と長い間誤解してたようです。京鹿の子様、ご指摘ありがとうございました)
学生時代、初めてここでお能を見ました。

茶道の足運びはもともと能の仕舞の足運びだったと聞いたことがあります。
さらに茶道具の銘は能楽の演目からとったものも多く、その知識がたくさんあればもっと楽しめるというもの。

日曜日にも公演があるようですので、近くですからたまには行ってみよう。

P1070153_2

工事中。元に何が立っていたか記憶にありません。
しかし、これ、いまは葉っぱばかりですが、知る人ぞ知る見事な垂れ桜のスポット。
細見美術館の少し北です。
以前、書き込みコメントで教えていただきました。
来春が楽しみです。

P1070152

疏水べり、創業300年の京漆器の象彦さん。

すごくシンプルな外観なので、今まで何度見過ごしてきたことか。
暖簾だけでなんとかわかるような。
廻りの景色にとけこんで、扱う商品には自信があるとさりげない感じが、さすが京の老舗。

実はずっと手に入れたい物があって、こちらにあると聞いたのです。

P1070165

菊彫り、溜め塗りの菓子器。
特別出演の御菓子は亀屋良長さんの麩菓子、「京半月・月見柄」。
(ちなみに御池煎餅は亀屋良。あ〜ややこし)

木粉形成の同じような菊彫りの皿は10分の1の値段であります。
でも手にしてみるとなんだかな〜、、、、

本物の手彫りの菊皿を手に取ると、やはり重さが違う(手彫りの方が軽い!)
新しいうちは見た目にそれほど差が無くても、経年変化で差が出るのです。

本物は少し漆の色が明るくなって、ますます艶がでるのです。
最近は手のかかる菊彫りをする職人さんも数が減っているとのことで、なかなか見つけられませんでしたが、念願の本物をやっとここでゲットいたしました。[E:happy01]

P1070139

未来のわが家は漆喰壁も着々と完成中。



P1070142

(いつのことになるやらの)出番待ちの水屋、持ち送り板。
裏千家の大水屋のと同じ香狭間(こうざま)透しにしていただきました。大工さんの力作です。

未来の散歩道を現実の散歩道にするまで、あと少し。(いや、まだちょっと長い、、、[E:coldsweats01])
posted by しぇる at 21:27
"岡崎界隈〜未来の散歩をイメージして"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。