2010年09月06日

畳のへりバッグ〜ふーテトママ様のご指導の下

週末は実家の岡山に帰っておりましたが、目的がひとつありまして。

岡山でキルトの先生をされているふーテトママ様のお宅でふーとテトに会うため畳の縁で作るバッグのご指導をうけたまわりに[E:coldsweats01]

ママ様とは中崎町nnya様と3人でデートした7月以来です。

P1070015

ここがママ様のお家。
きゃ〜[E:happy02]
トトロにでてきたサツキとメイのお家だわ〜!

P1070017

ドアも鶴首の門灯もおしゃれ〜。
なにより普段着なのに、こんなに暑いのに、ママ様おしゃれ〜[E:lovely]


P1070020

まあ、ブログで拝見したとおりのすてきな窓際のコーナー!(感嘆符ばかりでスミマセン)
こんなところで一日ひがなチクチクお裁縫、、、って憧れるわ、夢見るわ。
(今でこそ和風好みですが、40代まではカントリー命・loveだったの。)



P1070019

そしてそして、、、
きゃ〜!ブログのまんまのふーくん!

 [E:cat]「な、、、なんだよう、、」

すてきなミルクティー色の毛並みですこと。
実はスコティッシュではないかといううわさも。

P1070023

 [E:cat]「え、、えへん。実はぼく由緒正しい生まれなんです、、、なんちって。」

最初なかなか姿をみせず、現れてはスルリと隠れてしまって写真のとれなかったテトちゃん。

ママ様に指導を受けている最中なのに、いきなり「あ〜、テトちゃんがこっち向いてる〜」とカメラむけたり、、
(ママ様、ほんまにご無礼、スミマセンでした。)



P1070027

まあ、ちゃんとお顔を見せてくれると、なんてかわいいの〜[E:lovely]テトちゃん。

ええっと、、、

本題にもどりまして、畳のへりバッグ。
実はママ様のブログでいろんなバリエーションを見て、作ってみたくて作ってみたくて。

P1070040

畳のへりってほんとに畳のへりなんですよ。
つまり畳の端っこにまきつける色の付いた(たいてい地味な色)テープ。

これがまたしっかりとして、手で折るとちゃんと型がついて、なにより端が絶対ほつれないので縫い代の始末がいらないすぐれもの。

一体誰がこんなアイデアを!

キルターの憧れ、ママ様のBERNINAのミシンをお借りして、さっそく縫い始め。

あれ? あちゃ〜? わきゃ〜!

あ〜あ、手作り好きとはいえずいぶん不器用な方ですこと、、、とママ様にあきれられていたにちがいない。

せっかくのミシンが泣くよ〜。
こわしてませんよね?

と紆余曲折があって、、、





P1070036

なんとか縫い上がったものに手で良い感じにクセをつけてくださるママ様。


P1070037

コサージュも手作り。
実はこの写真に大きな失敗が写っています。(ナイショ、気付いた方もおられるかも〜)

P1070038

持ち手を付けて完成!

裏地を付けないでもかっちりしているのでOKだし、まち針をうったり、印を付ける必要もないんですよ。
目からウロコの簡単さ。(あ、もちろん不器用な方もそれなりに、、、[E:coldsweats01])

他にもいろんなタイプのバッグ、ポシェットがあって、もうどれもこれも欲しくなるおされなのばかり。
キットはレシピ付きでママ様のブログから購入できますよ。
(→

この畳のへり、バッグを作ってもいくらか残るので、ちいさなポシェットを作ったり、こんな名刺入れもできるんです。
すてきなアイデア。



P1070030

後ろは畳のへりのサンプル。
いろんな色がでています。多色使いもすてきなんです。

さて、、、、このお方達、、、、


P1070033

特に下のお方。
このバッグを完成させるまで4時間近くかかったのですが、その間ず〜〜〜っとこの場所からお動きになりませんでした。

しかも、、、、爆睡してます。
これで息できてるの?
苦しくないの?
というポーズで。



P1070029

これみて、人気ブログ(TVアニメにもなってる)「くるねこ大和」のすまん寝だ〜、、、、と思いました。[E:happy02]

ほんとに不器用な生徒で申し訳ない。
でも、ありがとうございました。
久々に、ミシンカタカタ、針でチクチクを長時間、楽しかったわあ。



<おまけ>

両親へのイタリア土産のカラフルパスタ。
ちなみに一番上の黄色・黒のはタイガースファンへのサービスどす。






P1070012
posted by しぇる at 23:06
"畳のへりバッグ〜ふーテトママ様のご指導の下"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。