2010年06月23日

My garden in the rainy season

春の花壇を作った後は、もう京都にいるはずなので、春の庭でおしまい、、、、のもくろみでしたが、諸般の事情で、まだ宝塚におります。ので、夏の花壇をつくりました。

P1050967


ベゴニア、メランポジウム、マリーゴールドは暑さにも、庭主の手抜きにも強いので、夏の庭には欠かせません。

それにしても、日に日に雑草が勢いを増して、私は戦意を喪失し、「なんちゃってイングリッシュガーデン」は雑草が我が物顔の主になってしまったなあ、、、。

雨の季節と言えば、やはり紫陽花ですね。

P1050957_4

一番最初に我が庭にやってきた紫陽花です。

微妙な紫。

P1050960_2

きりっと青いやつ。

一番たくさん花をつけました。



P1050963

どうして自然界には、こんなに鮮やかなブルーがあるのでしょうね。


P1050959

茶花になりそうな額紫陽花。

色は青紫、赤紫のキメラ。

P1050964

この子は少しかわいそう。
繁殖力旺盛なシモツケとキンシバイにはさまれて、十分日光があたらなかったのと、昨年末、植木屋さんが思いっきり花芽を切ってくれたので[E:pout]2輪しか花をつけられませんでした。

P1050969

長雨で少し花びらが傷んでしまった白薔薇のアイスバーグ。

P1050972


こちらも少し傷みかけのオールドローズ、ピエール・ドゥ・ロンサール。
16世紀のフランスの詩人の名前を冠す。


すっかりこの土地になじんだ花たちですが、もうすぐお別れです。
名残を惜しみつつ、雨の庭を眺めます。


P1050871

シモツケと名もない雑草を。

花を育てる楽しみの一つは、切り花にして、家の中に飾ること。

茶花ならなおのこと。
多くのお茶人さんは、ご自分で茶花を挿し木などで育てておられますね。

でも、ガーデニングがちょっと重荷になってきた私は京都ではもう育てないだろうなあ。
鴨川べりで採ってきたりもできるし、、、。せいぜい植木鉢栽培くらいかな。


P1050873

キッチンに飾った、リシマキア・プンクタータ。
この小さなガラス瓶もお気に入り。

花を家のあちこちに飾る、、、、のは理想的ですが、水換えがたいへんなのと、、、、猫に食われるのが問題で(有毒なものもあり)こういうワンポイントで楽しみましょう。
posted by しぇる at 22:54
"My garden in the rainy season"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。