2010年05月17日

ソウル点描〜前編

気になったソウルの町並みを。

前編は特にお気に入りの北村(ブッチョン)韓屋村、坂道に沿って並ぶ韓屋の織り成す美しい景色を。

P1050379

P1050380
ここが一番のビューポイント。

それぞれのお家は今でも住宅ですが、おそらく富裕層の方々。

ただし、みなさん、見た目はジャージーなんか着て、けっこう普通。

P1050383
P1050385

2年前までは、このエリア、それほど有名というわけではなく、観光客の姿はほとんど見なかったのですが、今は団体さんまでくりだす人気のエリアになっています。

P1050388



P1050395

普通の韓屋だったところが、おしゃれな店になって、たくさんできているのにもびっくりしました。
店がたちならぶあたりには、週末ということもあって、韓国のカップルやら、日本人や中国人団体観光客やらがわんさか。

P1050497

そうそう、町家ショップが次々できる京都と同じ現象ですね。




P1050498

取り壊されて、新しい家が建つのも同じ。
京都の景観条例と同じく、ここも国の規制があって、多分新しく建てられる家も、まわりの雰囲気にとけこんだものになると思います。
ただし規制以前の建物ではどうみてもそぐわない、奇抜なデザインの家もあり。


P1050499

2年前は客は娘と二人きりだった韓国茶カフェ、チャマシヌゥントゥル。
この日は満員御礼の大人気でした。

P1050502_4

なんといっても、調度=李朝家具がいい。


P1050500

中庭の眺めがいい。(咲いている紫の花はオダマキ)





P1050511

茶器がおしゃれでお茶がおいしい。
ちなみにこのお茶はチャマシヌゥントゥル・ブレンドのハーブティー。


他にも、ガラスケースの中にはレプリカではなく、ほんものの朝鮮王朝時代の青磁や白磁、井戸茶碗に刷毛目茶碗などが飾られ、ついへばりついて見入ってしまいました。

P1050504

おもしろかったのはこれ。
土風炉、というのはありますが、陶器の釜はちょっとめずらしい。
日本にもあるのでしょうか?



P1050519

もう一カ所、北村で行きたかったのはこちら、韓尚洙(ハンサンスー)刺繍博物館。
韓国の刺繍の人間国宝、韓さんの私的博物館。
韓屋を利用して、細かい、そして息をのむような見事な手仕事を展示されています。

この日は奥の部屋で観光客のグループがポシャギ(韓国独特の裏表のないパッチワーク)の1日講習を受けておられましたが、見事にオッサンばっか!

怪しげな手つきでチクチク針を手にしている姿は、ポシャギというより糸の通し方からおしえてやってくれい!という感じ。[E:coldsweats01]


P1050520

こちらのおばちゃん(こう呼ぶのがぴったりなかんじ)、お金を払ったのに、チケットといっしょにお金まで返してくれるおとぼけぶり。(もちろん、返しましたよ)

講習は時間的に無理だとしても、ポシャギのテクニックは一度は知っておきたいと思っていたので、講習用キットがほしい、とおばちゃんに談判。

英語も日本語も通じないので、身振り手振りと、紙に書いて、ようやく目的を達成。
なんだかおばちゃんにすっかり気に入られて(?)有料であろうカラーのきれいな図録をただでいただきました。ラッキー[E:heart01]



P1050521

このキット、針、まち針、糸通しまでついているんですよ。
説明書はハングルで読めませんが、そこは絵もついているし、なんとか、、、。

コースターのようです。
楽しんで作ろうっと!
posted by しぇる at 23:38
"ソウル点描〜前編"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。