2010年01月25日

花月のお稽古〜濃茶付貴人清次花月

先日は先生の先生のところで、花月のお稽古。

この日は集中的に濃茶付貴人清次花月を。


P1040009

お床はまだお正月のなごりでめでたい「蓬莱五彩雲」。(「五」の崩し字をこれで覚えたぞ!)

お花は椿にもう開花している梅です。


P1040005

お稽古には使いませんでしたが、今を盛りの蝋梅です。百花の魁、梅よりも早く開花するけなげな花です。


P1030999

お菓子は信州松本の菓舗、開運堂の真味糖。淡々斎の命名だそうです。

クルミの入った和風タフィーという感じで、後を引きます。




P1040002

この日は早く着いたので、水屋の準備をさせていただきましたが、いつやってもすっきりたためない千鳥茶巾です。

羽根の出し方と真ん中の部分の幅の理想的な比率はどのくらいなんでしょう。




P1040008

まだお正月気分はお茶碗にも。

おめでたい柄のお茶碗たちです。

濃茶付貴人清次では最初に折据(おりすえ)の上に月の札をのせて貴人さんに濃茶を点てて下さるよう所望します。

僭越ながら貴人さんがあたりましたので、花月の間、手をひかえていなくてすんでやれやれです。(あの姿勢ずっとしてるとしんどいですよね。え?修行がたらん?はあ、、、[E:coldsweats01])

この花月はなかなか複雑で、貴人に薄茶が当たる場合、貴人が仕舞花になる場合、そうでない場合、といろんなケースがあるので、3サイクルさせてもらいましたが、それぞれにむつかしい。


貴人仕舞をさせてもらいました。貴人があたったときは自分の茶碗=貴人茶碗は水のみで清め、お次の茶碗はお湯、水で清める、お次が仕舞花ならその逆、というのが貴人のはいる花月の原則のようです。

茶碗が二つ、座の中で行き来しますし、茶筅・茶巾も二つ、ですので常に緊張をしいられます。

仙遊や且座は見た目ややこしそうですが、この花月に較べればまだ単純に思えます。

頭の体操をしたあとは、夕方からルーチンのお稽古。

打って変わってなごやかにリラックスして長板薄茶点前を。




P1040011

お菓子は雪兎の薯蕷だったのですが、なんと私がもっていった兎のお干菓子にだぶってしまいました。

雪にちなみ、この日の茶杓の銘は「六花(りっか=雪)」にしてみました。


P1040012

先生の所の新入りのお茶碗。

障子越しに月明かり、雪明かりを見る、、、といった意匠でしょうか。

今年のお題「光」にちなんだものだそうです。
posted by しぇる at 22:25
"花月のお稽古〜濃茶付貴人清次花月"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。