2010年01月18日

淡交会大阪支部初釜〜大阪美術倶楽部にて

今突然のニュース、歌手の浅川マキさんが亡くなったそうです。

寺山修司の歌詞とともに大好きでした。「かもめ」「夜が明けたら」「私が娼婦になったら」などなど今でも歌えます。

大学時代、彼女のアルバムはたくさん持っていました。京大西部講堂でのライブも何回か行きました。

またひとつ時代がおわりました。

ご冥福をお祈りいたします。



              [E:weep]



さて、1月17日は阪神淡路大震災のおこった日です。震災後毎年この日に大阪淡交会の初釜はひらかれます。

震災でお茶の先生も多くのかたが亡くなったそうで、その追悼の意をこめて。

今年は幸いこの日がお休みでしたので、ひさびさに参席させていただきました。

淀屋橋で茶友とおちあって、北浜を目指します。

途中にこんな堂々とした伝統家屋が!!





P1030918

どこのお屋敷?!

と思って表に回りますと、


P1030920

おお!これがあの有名な130年の歴史を持つ愛珠幼稚園

こんな伝統的な建物の幼稚園がある、とTVで一度見たことがあるのですが、ここにあったんですね。

しかも大阪市立!公立幼稚園でこんな恵まれた建築物で保育ができるなんてちょっと感激。

また、大阪の懐の広さを実感しました。


P1030921

会場は北浜の100年の歴史を持つ大阪美術倶楽部

この建物のある場所は昭和22年、難波の大財閥・鴻池男爵家の本邸を買い取ったものだそうです。

建物は新築され、中も最近改装されたそうですが、とんでもなく広い。

50畳〜60畳という座敷がひとつやふたつではないのですよ。

早朝から行ったにもかかわらず、すでに1席目ははじまっており、(お茶人さんはみんな早起き?)2席目にいれていただきました。

待合いで感動して叫びそうになったのが、これ!これですよ!!


P1030924
赤穂緞通

写真では少ししか写っていませんが、これがおしげもなく待合い中に敷き詰められていたのですよ〜〜[E:happy02]

おもわず手ですりすり、なでなで。

怪訝な目でみられましたが、、、、、



P1030938

しかも「福禄寿」の文字が入った、流通にはほとんどのらないタイプの物がこんなにたくさん!

もう、感激でひっくりかえりそうでしたわ。(え〜っと、、、、お茶会にきたんでしたっけ、、、)

もしかして、鴻池家に伝わったものでしょうか?それとも美術品を扱う美術倶楽部ゆえにそろえることができたのでしょうか?どちらにしても、はんぱな枚数じゃありませんでした。


P1030925

待合いでいただいた主菓子は薯蕷で銘はお題の「光」。

割ってみてびっくり。

P1030926

思いがけず、中の餡が紅色でした。きれいです。

濃茶席は50畳+30畳くらいの広間。お点前が遠くに見える〜。

気になったのがこの意匠。


P1030927

欄間が扇、桟みたいなのが扇をたたんだ姿。向こうに見える天井近くの壁にも扇の障子。


P1030928

襖の引き手が扇なら、、、


P1030931

書院の袋戸棚も扇。

あとで調べましたら、この広間は扇鴻の間、と名付けられていて、旧鴻池家の本広間を忠実に復元した物とか。


P1030935

中庭には、これも鴻池家にあったものを模した茶庭と、お茶室松筠亭。(四畳半台目のようです)

茶庭には井戸もあり、なかなか良い雰囲気でした。入らせてもらえないのが残念ですが。

そして沓脱ぎのところには、、、、

P1030934

まあ、こんなところにまで扇の意匠が!


P1030937

薄茶席のお干菓子は鶴屋八幡のもの。

寅と竹。竹林に潜む虎、、、ということでしょう。

あれ?肝心のお茶席の写真がない?と思われた方。

スミマセン。赤穂緞通と茶室のりっぱさに目がくらんで、その他はあんまり、、、、写真に撮れていません。[E:coldsweats01]

ちょっと良いな、と思った黄瀬戸の香合だけ載せて、お茶をにごしておこう、、、、


P1030940

布袋さんと唐子。

布袋さんは子供たちと目隠し鬼をしているところのようです。

唐物っぽいのに、黄瀬戸というところが面白い。しかも、こんなミニチュアな人形も焼き物でできるのか、、と感激。
posted by しぇる at 22:50
"淡交会大阪支部初釜〜大阪美術倶楽部にて"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。