2009年12月16日

漢詩の世界

P1030594

私のお茶セット。

いろいろな種類のお茶をたしなみますので、すべてに対応できるお茶セットが欠かせません。

ちなみに内容は、抹茶と茶杓(あ、茶杓の汚れは気のせいですよ[E:coldsweats01])、茶漉し、宝瓶(取っ手のない急須)、湯冷まし(ミルクピッチャーを流用)、茶葉を測るティースプーン。

抹茶、紅茶、煎茶、中国茶、ハーブティー、なんでもおいしくいただけます。

さてさて、半年ほど前から出勤前にTV見ながら化粧をするのですが(あまり変わり映えしない顔ですけどぉ、、、)、ちょうどこの時間、朝の7:25〜7:30にNHKハイビジョンで「新漢詩紀行」をやっているのです。

たった5分の番組ですが、高校時代大好きだった漢詩の世界を、映像とともに見ることができるので、朝の楽しみの一つになっております。

高校時代、もちろん、やまと言葉の和歌は大好きだったのですが、もっと好きなのは漢詩だったのです。

愛読書の中には、もれなく吉川幸次郎、三好達治、共著の岩波新書「新唐詩選」がはいっておりました。

声に出して読むと、その言い切り、体言止め、のりりしい語感が大好きで、今でも全部は無理でも一節だけは覚えている、という漢詩がたくさんあります。

世間のいそがしさに飲まれてすっかり忘れていたその世界を思い出させてくれ、おもいっきりツボをヒットしてくれる番組なのです。

ああ、きいたことあるある、という詩から、よ〜く知っていて愛唱していた詩、いままで知らなかった詩、朗読は加藤剛さんのしぶいお声で、またこれがよろしいのです。

とくに西域の辺境の地へ送られた兵士たちをうたったものは、その映像にいにしえのシルクロードもかくや、という映像がついていて、心かきたてられます。

あのころ(高校生)井上靖の西域小説にはまって、古代シルクロードへの強い憧れと共に、よけいに漢詩の世界にはまったような気がします。

また、お茶室で拝見する軸の文句は禅語が多いのですが、漢詩もよく使われていますよね。

特に宋代最高の詩人、蘇軾(蘇東坡)は詩人であったと同時に禅の大悟を得た人でもあったそうです。

だから納得したのですが、「無一物中無尽蔵」など、禅語だと思っていたものが実は蘇軾の詩の一節だったのです。

「柳緑花紅 真面目」も、春ののどかな景色を歌ったものだとばかり思っていましたが、ここにも禅の悟りの境地がしめされているのだそうです。

これはやはりまた漢詩も勉強しなくては。



P1030592

書道のコーナーでたまたまこんな本を見つけて、つい買ってしまいました。

新漢詩紀行で紹介されていた漢詩が多く収録されているので。

五言絶句、七言絶句といわれる短い(4行)漢詩ばかりを集めたものですが、読んで懐かしい物が多い。

毎日一句音読してみようかな。



ちなみにNHKの番組は副音声で本場中国語の読みが聞けます。

ただし、高校の漢文教師もそれを聞かせてくれたけれど、漢詩は日本語読み下しのほうがぜえったい良い!と独断で思います。

かつて西域ロマンをかきたててくれた一句。是非声にだして読んでみてください。

     渭城朝雨潤軽塵
     客舎青青柳色新
     勧君更尽一杯酒
     西出陽関無故人      王維

渭城の朝雨、軽塵を潤し
客舎青青柳色新たなり
君勧む 更に尽くせ一杯の酒
西のかた陽関をいづれば故人なからん


渭城:西安市の北に位置し、渭水に望む渭城は都を離れる旅人を見送る地として著名。
陽関:敦煌市の南西70余㎞、古代シルクロードのひとつ『西域南道』の東の関門であった。ここを越えるともう西域、知った人(故人)ももういない。
posted by しぇる at 22:49
"漢詩の世界"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。