2009年11月08日

ぽん様、本ご出版お祝いの会@天ぷら松〜松尾大社

P1030186

桂川です。鴨川とはまた趣がちがいますね。

時々いっしょに遊んでもらっているぽん様が本をださはったお話は以前書きました。

51mq5rcisfl_ss500__3


不肖わたくしもレビューを書かせていただきました。

京都のコミュニティーラジオにもとりあげられて、ますますご活躍です。

その出版記念に、日頃ブログでおつきあいしている方々でお祝いしようと、あまね様
もちや様が労をとってくださりこの日の宴会となりました。


P1030188

会場は桂川沿い、松尾の天ぷら松さん。

こちら時々雑誌などでもとりあげられ、瀬戸内寂聴さんも常連さんなのだとか。

参加されたのは幹事のお二人の他、あんのちゃんmaki様凡蔵母さん様vivasan様花咲おばさん様夢風庵様



P1030190

こんな感じで。

これはお店の方が焼きたての鱧をあつあつで食べられるよう、目の前で焼いてはるとこです。

皆様写真をいっせいに。さすがブロガーですわ。

いつもお目にかかっている方も、ブログだけでお目にかかるのは初めて、という方も気持ちよく楽しくおしゃべり。

うわさだけあって天ぷら松さんのお料理もおいしいし[E:happy02]


P1030193

お造りは菊の花にのせて。(食べる菊ちゃうよ)


P1030196

おそうめんは、それぞれに氷の器で。

そして、私たちからぽん様への記念品。(お見立てはあまね様。さすが〜)


P1030192

「いぬ道楽」ですものねえ。わんこちゃんの帯です。

(ようこんなぴったりの、見つけはったなあ)

今度はこれを締めたところを拝見したい。

着物といえば、アンティーク着物はじめ、着物まわりを広く扱ってはる凡蔵母さん様の帯にくぎづけ!


P1030198

シックなお着物で、いわれるまで全然気がつかなかった!

遠目にはこれまた渋いすてきな色目なのですが、近づいてみるとなんと「わ印」(意味わからない人は調べてね)模様。

さすが着物の超・達人級でございます。脱帽!



P1030199

お店には常連さんの寂聴さんの額が。

「すててこそ」

これには整理収納アドバイザーのmaki様が反応されていました(笑)

整理の極意は捨てること、ですものねえ。

お開きの後はせっかくここまできたのですから川向こうの松尾大社へお参り。


P1030185

お酒の神様ですし、いつもお世話になってますから[E:coldsweats01](←日本酒好き)

P1030205

ちょうど七五三参りの時期で、あちこちにかわいい着物姿の子供たちが。

なつかしいなあ。




P1030203

こちらには日本酒資料館があると聞いていたので楽しみにしていたのですが、お酒のにほひすらしない[E:sad]

しかもこの、、、、


P1030204

杜氏とおぼしき兄ちゃん、ちょっとバタくさすぎない??

こちら神社の縁起にはたびたび霊亀、神亀がでてきて、亀がシンボルのようです。


P1030208

で、名水「亀の井」。醸造の際にこの水を加えると酒が腐らないのだそう。

ポリタンクいっぱい持って帰る人もいます。

一口いただきました。酒飲みとしてはなんだかありがた〜い味がしました。

紅葉には少し早かったのですが、気持ちのよい秋の1日でございました。
posted by しぇる at 21:20
"ぽん様、本ご出版お祝いの会@天ぷら松〜松尾大社"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。