2008年07月30日

源氏香の世界〜松栄堂

さらに先日、駆け込みセーフだったのは、京都文化博物館での、「源氏香の世界」最終日。

ここのところ文博は源氏物語千年紀によせて、源氏関係の特別展づいています。

前回の「源氏物語展」がいまいちだったので、どうしようかな〜と、思っていたのですが、リンクさせていただいている老後は京都で!のS&Y様のおすすめもあり、背中をおされて行って参りました。

源氏香についての詳しい説明は他所にゆずるとして、源氏香図は着物の文様、和菓子の意匠、焼き物や漆器の意匠としてあまりにも有名。

こんな文様です。

一つ一つに源氏54帖のうち、「桐壺」「夢浮橋」以外の52帖の雅な名前がついています。

Kouzu


香図とともに、各巻の象徴的な場面が描かれた絵や蒔絵、装束、装飾品の数々。

うっとりでございます。

源氏を読んだのはずいぶん昔なので、内容はおぼろげになっていましたが、一つ一つ描かれた場面に、ああ、そうそう、そんな場面あったな〜となつかしく、象徴的な図柄ではなにを表しているのか、わかると楽しく、あっというまの1時間でした。

たとえば、「雀の子を犬君がにがしつる」で伏籠があいて雀が逃げているのはあまりにも有名な「若紫」

ちょっとマニアチックなところでは、灰がこぼれた火桶の「真木柱」

(浮気にでかける夫(髭黒大将)に嫉妬した妻が火桶の灰を投げつけたエピソード)

などなど。

そして、映像ルームでは香道が紹介されていました。(かなり古そ〜な映像でしたが、、)

本格的な香道は習ったことはないのですが、茶道で花月などに聞香があるので、興味は大いにあるのです。花月や茶箱の道具に香道由来の物も多いので、多少の知識は持ちたい。

聞香セットはすでにそろっている!  聞香炉は鳩居堂で、菱灰、銀葉、香箸などは石黒香舗さんで。

あとないのは、、、、肝心の香木!

だって、高そうだし、香木店はなんだか敷居が高くて、香木の知識はいまいちないし、素人は相手にされないのでは、、、なんて先入観があったもので、、。

でもこの日、この展示を見て、背中を押されて烏丸二条の松栄堂さんへ。



Imgp4217

すいませんが、初心者用の香木を〜〜とおそるおそる店員さんに頼むと、杞憂でした。香木の種類や、形状と用途のちがいについてなど、とても親切に丁寧に説明してくださいました。
で、ようやくほどほどの値段の沈香をゲット!

店を出るとき、店員さんが「お時間あれば、文博で源氏香の世界やってますよ〜。」と声をかけてくれました。

ありがとう!もう行ったけどね。

Imgp4255

さて、これで聞香セットは準備完了!

ちなみに右の黒い赤点のあるのは香炭団で、これで火をおこします。

Imgp4253

これは銀葉。雲母でできた板で、香木は直接火に入れず、この上にのせて焚きます。


Imgp4256

ちょっと高い「松印」と下から2番目の「竹印」

どうちがうのかまず、試してみることに。

この袋はどちらも5g入り。5gでこんなにたくさんあるとは思わんかった。

Imgp4257

ごっつう使いにくい香箸でちいさくカットした香木を銀葉の上へ。

たちまち仄かないい香りが、、、、


Imgp4258

聞香スタイルはだいたいこうです。(あまり美しくない見本です)



香りは一瞬です。お線香のようにず〜っと香っている物でなく、一瞬勝負です。香りのいちばん高いときに聞いて、イメージをふくらませる、、、らしいです。時をのがすと、もうどんなイメージだったか頭から逃げていくので神経をとぎすまさないといけないようです。

だから本当は着物着て、背筋のばしてきちんとやるものなのでしょう。今回はこんなええかげんなかっこうですみません。

でも、松印と竹印の違いはわかりました!

断然、松(高いほう)ええやん!
posted by しぇる at 00:25
"源氏香の世界〜松栄堂"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。