2007年03月25日

代理出産に思うこと

某タレント夫婦が代理出産で得た子供は実子と認められない、という最高裁の判決がでました。
現在の法律ではこの判決は妥当なものだと思いますが、問題はそのあとです。
生殖医療の進歩に法改正が追いついていないのは確かで、法の整備は必至とはいえ、代理出産をすぐ認めるかどうかはよ〜く考えてほしいと思いました。

代理出産のみならず生殖医療の進歩は、体外受精から始まって、はてはクローン人間まで作り出すところまでいずれはいくのでしょうし、それに関しては賛否両論、侃々諤々、法律を作る方は追いつけなくてオロオロというのが現状ですね。


5l_axr5i (これは本文と関係なし。うちの猫の”しぇる”。なごみ〜[E:heart])


アメリカでは代理出産は(遺伝子的に実子の場合も、実子でないいわゆる仮腹でも)すでに数万例行われています。ただ日本人的感覚にはなじまないもので、日本産婦人科学会は禁止はしていますが法的拘束力はなく、すでに数例の代理出産が日本でも行われています。

アメリカでは宗教的に奉仕の精神があるから、出産という、時によって命の危険にさらされるリスクを冒してまで、代理を引き受ける人がいるといいます。
しかし実際は代理出産を依頼できるほどの富裕層と、健康、命をかけてでも、収入を得たい貧困層という図式がうかびあがってきます。

もし目の前にいる友人が子供がいないことを悩んで代理出産まで考えているといったら、私は同情して賛成するかもしれません。子供が欲しいという願いはわかるつもり。
でも子供ができないことは深刻な問題だ、といわれると
それってほんとに”深刻”な問題なの?
“美人じゃないから美人になりたい”という、ないものねだりとどれだけちがうの?
癌と告知された、生まれた子供に障害があるといわれた、そういうほんとに深刻なこととは本質的にちがうのでは?
と、考えてしまいます。

出産はほんとうに命に関わるリスクをはらんでいます。
他人に、それをおしつけてまで(本人がのぞんでいるとしても)我が子が欲しい、というのは何か抵抗を感じます。

問題はちがいますが、臓器移植も、目の前の身内が病気に苦しんで、移植で助かる、といわれれば移植を強く望むでしょう。でもそれは同時に臓器を提供してくれる誰かの“死”を望むことであることを忘れてはいないでしょうか。

以前では想像もできなかった医療の進歩に、法律だけでなく私たちの感情も追いつけません。こういう考え方はもう古い世代のものでしょうか?


Wtv9m3pu (息抜きに和みの猫ポーズ)


新聞にのっていた、ある大学の女性教授のコメント。
”子供がいないことが不幸だと思わせる社会の方に問題がある。”
基本的に賛成。
posted by しぇる at 01:15
"代理出産に思うこと"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。