2012年08月05日

法金剛院〜幼くして逝ける友を悼む

P1040181
それ夭くして親に先立つは大罪ぞ


P1040176

見よ
母の嘆きを
父の憔悴を

P1040197
賽の河原で石を積むがさだめぞ

P1040183
されど父母の汝れを思ふ心の深ければ

P1040182

その思ひ黄泉路を照らす灯りとならん



P1040189

河をわたる舟とならん

P1040186

やがて極楽浄土の


P1040175

はちすの上に生まれかわりて

P1040171

金、銀、瑠璃、玻璃の池


P1040169

昼といい
夜といい


P1040180

ひがな遊び暮らすべし





P1040187
蓮の葉の上
花の影

楽しく遊び暮らすべし

P1040198
法金剛院:待賢門院ゆかりの寺、別名蓮の寺




P1040199


posted by しぇる at 20:00 | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

歴史とお茶と源氏物語の町〜宇治散歩

  さむしろに 衣かたしき 今宵もや

          我を待つらむ 宇治の橋姫
 (古今集)





P1020358

宇治川にかかる宇治橋の中央、でっぱっている場所は観光客用のビューポイント、、、ではありませんよ。

三ノ間とよばれるこのでっぱりはかつて橋の守護神、橋姫をお祀りしていたとか。

(さらに三ノ間から汲む宇治川の水は、山城の名水のひとつで、琵琶湖・瀬田唐橋の下にある竜宮より湧き出たものという伝説も。
秀吉も伏見城での茶の湯の水を汲ませたところともいわれており、10月の宇治茶まつりで「名水汲上の儀」が行われる場所でもあります。)


P1020357

橋姫といえばさまざまな伝説があるようです。

P1020349

主に女性の嫉妬の象徴、というのが有名ですが、「源氏物語」の宇治十帖の最初の巻名でもありますね。



P1020350

前日からの豪雨で増水した宇治川のうねりは、洛中を流れる鴨川とうってかわって荒々しい。

P1020338


池月と摺墨の名馬の先陣争い(「平家物語」の世界[E:wink])の時は、まさかこんな激流ではなかったのでしょうね。


、、、、というわけで宇治にきております。
宇治市内に所用があったのですが、おもいがけずさっさと片付いたので、にわか宇治さんぽ。





P1020309

まずは蓮の花をもとめて。



P1020328

雨にしなだれる風情もまた麗人のおもむき。
P1020336

華やぎへの道を登りはじめた乙女。



P1020334

仏様の合掌のお姿。
P1020306



散華。



P1020335

この極楽浄土はどこかといいますと、、、、


P1020327

かの世界遺産・宇治平等院鳳凰堂。

藤原頼通が死後、行きたいとねがってやまなかった極楽浄土をこの世に具現化したもの。

学生時代に10円玉(裏が鳳凰堂)をにぎりしめて来たときには、庭園もこんなにきれいに整備されていなかったし、「世界遺産」の称号はやはりすごいなあ。



P1020317

浄土庭園の小石が敷き詰められた「洲浜」は平安時代の代表的な庭園様式。
そういえば王朝文化フェチ・八条宮の桂離宮にもありましたわ。








P1020404

鳳凰堂内の長押の白壁に、52体(うち何体かはミュージアム内でまぢかにみることができます)の雲中供養菩薩像。
現世にあらわれた極楽浄土のさま。

ただし、今は色は剥落し、渋い古木の味わいで、今の日本人好み。
かつては極彩色にいろどられ、極楽とはかくも色彩の洪水、にぎやかなところなのかと。(ミュージアムで一部再現したコーナーあり)

思うに禅宗が入ってきてから、枯山水など、日本人は渋いのが好きになったが、かつて平安時代には十二単に代表されるような豊かな色彩を愛していたのだろうなあ。







P1020340

平等院の裏手に、鳳凰堂に対する、という名の宇治市営のお茶室対鳳庵があります。





P1020342

広間、小間、立礼席までそなえたこの茶室では、きちんとしたお点前でほぼ1年中、お茶がいただけますの。


P1020343

宇治市内のお社中の先生方が(諸流派、煎茶道もあり)交代でお当番されておられるとか。
(わがブロ友、花咲おばさん様もこちらでかつてご奉仕されていたよし[E:happy01])



P1020345

お道具も宇治市所有のものとかで、さすが茶所、宇治!
と感心しました。
(宇治市、城陽市では小学校の水道から宇治茶がでるんですよ〜)

P1020346

お花は半夏生とヒメヒオウギ。

この日のお当番は遠州流の先生でした。
(最近、遠州流のお点前は一目見てわかるようになった)

P1020344

宇治川をわたる鮎。
お客さんの中にははるか海を渡ってこられた方も。







P1020360

宇治橋をわたって、ちょいとこちらへ。
伊藤久右衛門本店


天保年間、宇治田原で茶業をはじめたお茶の老舗ですが、現在ではこちらの、、、



P1020361

抹茶パフェが有名かも。
(こんなでっかいパフェ、、といいつつも完食)




P1020365_2

伊藤久右衛門さんからほどちかい、宇治市立源氏物語ミュージアムの池の蓮。
(伊藤さんで割引券、もらえます)

それにしても、宇治市は観光にずいぶん力をいれてがんばってはるなあと思う。

P1020380

宇治の観光名所をつなぐ石畳の道にはこんなマークが。
扇で顔をかくした平安美人の図、、、でしょうか。

P1020368

ミュージアムから宇治上神社(こちらも世界遺産)へつづく道も整備されて「早蕨の道」と命名されているし。
(ちなみに早蕨も源氏物語の巻名ね)
P1020378

宇治上神社。
なんと創建時期とか由来とかも不明、、、なくらい古い神社。

P1020369


国宝、拝殿。
P1020377

寝殿造りを写したといわれる建築(鎌倉前期らしい)ですが、この屋根のアクセント的曲線部分がなんともいえず美しい。

拝殿の後方にこれまた国宝の本殿があり、現存最古の平安時代の建築(覆屋に覆われている)だとか。


P1020375

かつて宇治には宇治七水といって7カ所の名水があったそうですが、現在残っているのはここの境内の桐原水のみ。

P1020372

冷たくて澄んだ湧き水です。
(そのまま飲むのはちょっと危険かも)



P1020381

宇治橋のたもとにもどったところにお茶の通圓さん。

初代は源三位頼政の家臣だった、というからには平安時代の創業ということになります。

以仁王の乱で頼政に従い、ともに平等院で平氏の軍勢にうたれて討ち死。
そういえば、平等院にお墓がありましたわ。
(思えば宇治の地は歴史の地でもあるんですねえ)

その後代々茶業をいとなみ、秀吉に三ノ間からくみ上げた水をおさめるのも通圓さんの役目だったとか。
現在のこの建物も、寛文年間ですから17世紀のものだそうですよ、びっくり[E:coldsweats02]








P1020387

古いといえば、こちらも永禄年間(16世紀後半)創業の茶師、上林春松。
上林記念館の長屋門。
なんと元禄年間の建物。

お茶をやっている人なら、一度は「お詰めはかんばやしでございます。」と言ったことがあるはず。

桃山時代以後、上林一族は永らく宇治茶の総支配でしたから。
現在でも毎年千家へのお茶壺道中は上林だけ。(たぶん)


P1020388
江戸時代、将軍家御用の茶を運ぶ茶壺道中に実際つかわれたルソンの壺など、こちらの記念館で見ることができます。



P1020390

上林のある街道にはこのほかにも、古い茶師の家がまだまだ残っています。


P1020391

最後に訪れたのはこちら。


P1020392
中村藤吉本店
こちら創業は安政年間(19世紀)。






P1020394

茶商屋敷のこの建物は明治時代のもの。
P1020395

どこまでも深い座敷が印象深いです。


さて、今日もおさんぽご苦労様。
で、こちらのカフェで、ごほうびの、、、、


P1020393

茶そば。
あくまでお茶の宇治なのでありました。
posted by しぇる at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

北寺町あたり・廬山寺〜梨木神社

寺町通りも丸太町から北は御所の東になるので、雰囲気が南よりかなりかわります。

北寺町、、、というのは私が勝手に名付けただけですが[E:coldsweats01]







P1030272

丸太町から北上していくと、このりっぱな門が。
旧九条殿河原町邸から移築したこの門をいただくのは京都府立鴨沂(おうき)高校。

日本最初の女紅場(女子教育の場)からの伝統をうけつぐ高校ですが、私にはジュリー[E:heart01]がいた高校、というので大学時代憧れていって見たことがあるんですよ。(まあ、今の若い人にジュリーといってもわからんか、、、、沢田研二さんのことね)




P1030276

先日の廬山の茶会に刺激されて、、、というわけではありませんが廬山寺へ。
もっともこの廬山寺(廬山天台講寺)という名前は中国の廬山からとったものだそうですので、あながち無関係ではありません。



P1030279

入ってすぐの開基・元三大師堂から寺町通りをふりかえる。

元三大師とは10世紀に活躍した比叡山の高僧・良源のこと。
おみくじの発明者としても有名ですが、もっと有名なのはこのお姿。

P1030280

角大師とよばれるお姿で、元三大師が厄神を払うための姿といわれ、いまでは厄除けの御札として京の家々でよく見ることができます。


P1030282

こちらは桔梗の庭としても有名なのです。

P1030284

ちょうど見頃をむかえています。
雨の中、どの花もあっち向いているのが少々残念。

P1030291


廬山寺と言えば、節分の鬼法楽をおもいおこされる方も多いでしょうが、残念ながらこれはまだ見に行ったことがありません。

P1030295

紫の桔梗、美しいです。

英語ではbaloon flowerと即物的な名前。たしかにつぼみは風船みたいですが。
西洋人はどうも理が勝っていけない。
オシロイバナも夕方4時頃咲くからfour-o'clockだって。






P1030293


もうひとつ、ここで有名なのはこの辺り一帯が紫式部の邸宅跡だったということ。

P1030290

彼女の曾祖父、藤原兼輔が鴨川の西堤のこのあたりに邸宅をかまえていたことから堤中納言の名で知られていたそうで、式部もここで結婚生活をおくり(当時は通い婚)、娘の賢子を育て、源氏物語を執筆したといいます。

(「堤中納言物語」はここからきたのか!ただし、どうしてそういうタイトルになったか全く不明、、、とのこと)

P1030296

境内にある、紫式部と大弐三位(娘の賢子)の歌碑。
ここを式部邸と断定した考古・歴史学者・角田文衛の手になるもの。

(めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲がくれにし夜半の月かな/有馬山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする)
 
                            

さて、見所の多い廬山寺、もうひとつあるんです。



P1030303

墓所に通じる細い道をゆけば、、、、

P1030301_2

お墓の向こうにこんもりと、、、、
(墓場ちょっとこわい〜、、、[E:shock])


P1030299

そう、秀吉の御土居あとがこんなところにも残っていたんですねえ。

P1030300

足元にはどんぐりの実がいっぱい。


P1030304

P1030274

さて、廬山寺のほんとにお向かい、こちらは梨木神社。





P1030310

秋の萩祭で有名ですが、まだつぼみが少々、、、といったところです。

P1030305

なんといってもお茶人さんには名水・染井が有名。



P1030306

こちらはほんとうに水の量が豊かで、無料でいただけるため、いつもは多くの人がポリタンクをもって並んでおられますが、さすがに大雨の日にはどなたもおられません。
(雨中をくる私は酔狂な人、、、でしょうかねえ)



P1030307

お水を一口いただいて振り返ると、桂の木の葉がリズミカルで美しい影を作っていました。


さて、最後に、、、、

このブログを立ち上げてからもう5年以上になりますが、その間いろんなところへいっしょにでかけた相棒がついにご臨終です[E:weep]



P1030313

画像のほとんどはこの相棒が撮りました。
使い方が荒っぽいので表面傷だらけですが、どれも思い出のしるしです。

長い間、ほんとうにありがとう。
posted by しぇる at 23:35| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。