2012年09月08日

大原の里つれづれ白露のころ〜2012

西行のお友達だった寂然入道の「大原十首」より。

  
 あわれさは かうやと君も思ひ知れ 秋暮れ方の大原の里


P1040268

かつては遁世の地だった大原も、いまでは秋ともなれば民族の大移動かとおもうくらいの人出なので、京都バスだとたちっぱなしですごく時間がかかるのです。

でもその観光シーズンの前の今ぐらいだと、左京区からなら車で20分もあれば着くことが判明。

、、、、って、大原も左京区だった!![E:coldsweats01]
(大原の皆様、ゴメンナサイ〜[E:coldsweats02])

まずは野村別れのところにあるこちらで、、、

P1000152

ここは紫蘇の葉を栽培するところから漬けるところからご家族でやってらっしゃる辻しば漬本舗さん。

ここの味付柴漬の大ファンなんです。
(大手の○○や××より全然おいしい。)
いつもは通販でとりよせていますが、今日はお店で買えましたっ!

野村別れを少し西に行ったところ、ここに里の駅・大原があります。



P1040269

大原の里を守るためには農業活性化が大事、と大原の農家仲間が立ち上げたクラブを核にして設立された農業法人、大原アグリビジネス21が経営。

その中のメインとなる旬菜市場では、その日大原の里の採れたての旬のお野菜を産地直送で買うことができます。


P1000169
旬菜市場の入り口。
さすが大原だなあ、、、、[E:coldsweats02]


P1000147

野菜には、どれも作った人の写真と名前が添えられ、なかにはきっと大原に移住して新しく農業をはじめたんだろうなあ、と思われるような若夫婦もいて、なんだかほほえましい。



P1000150

中にはこんな手作り品のコーナーも。
P1000168

大原だけに紫蘇の葉も大量に買えます、しかも驚くほどのお安いお値段で!


P1000171


大原のお母さんたちの手作りレストラン、花むらさきでは、やはりこれでしょう。
紫蘇ジュース!




P1040326

こちらでのお買い物。

万願寺とうがらし、ミニトマト(炒めたり煮込みに最適なタイプ)、紫蘇ゼリー、それに左の黄色いのはなんとオクラの花なんです。
オクラの花がこんなにでかいとは、、、また食用できるとはしらなんだ。(ゆがいたら、4分の1くらいになって、やっぱり粘るんだなあ)
あと、花むらさきのお弁当。(これお野菜が豊富でとても美味しかった!)


さて、こちらには茶花に使える切り花もあれば、山野草コーナーもあるんです。




P1000170

その山野草コーナーに出品してはる大原山草園へも足をのばしてみましょう。

車が離合できないような細い山道を進むと、、、

P1000155

おお!?

こんな山の中に侘び数寄の山居が?



P1000161_2

洛中のどこぞの寺、、、といわれてもわからないわね。
同じ敷地内の京都庭園研究所は和庭の設作庭をされているので、そのモデル庭園だったのですね。




P1040277

なのであちこちにこんなすごい石の蹲居があったり、


P1040273

実際お茶会ができる茶室があったり(中を拝見させてもらいましたが、スサ壁がすごかったわ。茶室回りも数寄づくし)


P1000166

渓流を眺められる広いスペースがあったり。





P1040285

あ、大原の里はもう紅葉がはじまっているようです。



P1000162

山野草コーナーではあれこれ物色したあとで、はじけるまえの実がついた山芍薬の鉢を買いました。
この実ははじけるとすごくインパクトあるのよ。
かれんな白い花からは想像もできないような、、、





P1000153

なんと、苔もケースで売ってる!
しかも1ケース1000円ちょっとだって!

這苔、砂苔にいたくひかれつつも、敷くなら春先の方がよい、というアドバイスを園長の辻さんにいただいたので、これはまた来年の課題。


ここまできたら、近くの寂光院へいってみましょう。
(20代のころ来たっきり、ウン十年ぶり)



P1040287

寂光院の前に秋海棠の群生を発見。


P1040288

自生なのか、どなたかが植えたのが増えたのか。
P1040289

秋海棠の花はいいですねえ。
ベゴニアと同じ科だけれど、葉っぱが全然ちがう。







P1040292




 露結ぶ庭の萩原霜枯れて籬の菊の枯々に移ろふ色を御覧じても御身の上とや思しけん (大原入)

「平家物語」の最後の舞台はこの大原寂光院。



P1040293

建礼門院のジェットコースターのような数奇な人生に思いをはせる。

P1040296

紅白のサルスベリに守られた本堂。
ほんとうにこぢんまりとしたお寺でまさに草庵ともいうべきか。


大河ドラマで今はまだ子供の建礼門院(徳子)だけれど、阿波内侍(信西入道の娘)はもうでてきていたかな?

主人公が平清盛なので、大原御幸まではやらないでしょうねえ。
後白河が若すぎるし。(白河法皇の伊東四朗再登板だとぴったりなんだが)

(脇道にそれますが、視聴率低い低いといわれながら、私の周りの人はほとんど楽しみに見ているので、なんで低いのかよくわからない。
入り組んだ階級闘争・人間模様はみていてとても面白いし、画面が汚いといった某知事もいたけれど、私は美術もすごいと思う。十二単のテーマカラーで人物像を象徴させているところなんか。マツケンは好きだし、、、でも山本耕史さんの悪左府が最高だったな。)


えらい脇道にそれました[E:coldsweats01]






P1040300

 庭の夏草茂り合ひ青柳糸を乱りつつ池の浮草波に漂ひ錦を曝すかと誤たる  (大原御幸)


恩讐を越えて後白河法皇と建礼門院が対面したという心字池。
それぞれの胸の内に去来するものはなんだったのでしょう。


P1040307

当時の面影をのこす寂光院本堂は平成12年、こころない人の放火によって(犯人不明のまま時効)全焼、ご本尊の地蔵菩薩も黒こげになってしまったのです。

現在は作られた当時をしのばせる彩色あざやかな復元された地蔵菩薩がおわします。


P1040309

帰り際、入り口の木戸に誇り高い女院の紋が。



P1040290

寂光院の手前には、今も大原の里に眠る建礼門院徳子の御陵。





P1040323


帰りの道すがら、みつる工芸さんの看板を発見!


みつる工芸さんは柿渋やベンガラ、草木染めの工房なんですが、なかでものれんが有名。

洛中の町家のお店や料亭、ああ、あそこのお店ののれんもみつる工芸さんだったか、と思うくらいあちこちに使われているんです。(冒頭の辻しばさんののれんもそうですよ)

実はあまねさんとこのエステイト信さんののれんがこちらのだったのを、ちらっと覚えていたので行ってみよう!ということに。


P1040316

こちらはご家族でやっておられるのですが、お住まいもこんな大原の農家の造りです。
大きなわんちゃんと黒猫ちゃんがいました[E:lovely]

奥の棚に押し込んである布の山は主に麻布、これを手作業で染めて縫製し製品に。





P1040317

みつる工芸のみつるさん。

かつて室町や西陣界隈で呉服関係の卸しをされていたそうです。
多分繊維業界の表も裏もご存じでしょう。

「大量生産の時代はもう終わりました。」
のお言葉が印象にのこりました。

P1040318

家屋の裏手にある染め工房。
その大量生産の対極をいく手作業をほんのちょっと拝見させていただきました。


色味の違う柿渋や、藍(藍の花もみせてもらった!)、草木染料などが大小さまざまな入れ物に入ってところせましとならんでいました。




P1040319

柿渋で染めた麻の反物を干しているところ。
伸子(しんし)張りです。


P1040320

それぞれ柿渋、ベンガラ、藍につかったブラシ。
年季がはいっています。



P1040321

染色につかう水は大原の山の水。
水道水だとカルキとか抜かないといけないので具合悪く、そこへいくと山の水に恵まれている大原は植物染料染めにはよい場所なのですね。


P1040322_2

模様を描くためのシルクスクリーンも山と重なっていました。
工房の歴史ですね。

私は、家の座敷においてある裁ち板を使ったローテーブル用テーブルランナーをずっとずっと捜していました。
いろいろ試しては、なんか違う、と思っていたのです。
でも、やっとここで希望のものに出会うことができたようです。

こちらでサイズ、色、麻布の種類を指定して、誂えてもらうことにしたんです。
できあがりがとても楽しみ。

さて、大原を旬菜市場で買った野菜の袋をぶら下げつつ歩いて家に帰り着いたとき、かたく閉じていた山芍薬の実、ちょっと割れて中の鮮やかな赤をのぞかせているではありませんか!







P1040325

グロテスク、という人もいますが、私は好きなの。
全開するのが楽しみです。


posted by しぇる at 21:40| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

大文字送り火〜2012

今年も大文字の送り火をご近所のビュースポットから。

Dsc_0393

初めて見た13歳のあの夏から、いったい何年たったのでしょうね。
今年も無事見届けることができたことに感謝。

P1040206

あの世におかえりになるおしょらい(精霊)さんに手をあわす。






Dsc_0405

消えてゆく。

今年の夏ももうおわり。
また来年。
posted by しぇる at 22:12| Comment(20) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

六道めぐり〜陶器祭〜宮川町

8月初めの恒例行事になりそうな、六道珍皇寺・西福寺・六波羅蜜寺の3点セットと五条通・陶器祭とあわせて4点セット。

P1020747

まずは昨年西福寺さんでいただいた祈願銭をひっぱりだしまして。

P1020749

東大路から松原通りへ。
まずは六道珍皇寺さんへ。

P1020752

盂蘭盆会でおしょらい(精霊)さんがあの世から帰ってくるときの依り代になる高野槙。

P1020753

蓮の花や、ホオズキも売られています。
そういえばホオズキは鬼灯と書くのね。なんだかお盆に似合ってる。


地獄へ毎夕出勤したという小野篁さん像と閻魔さん像がこの期間のみ拝見できます。


P1020759

お参りされた方は水塔婆にご先祖様の戒名を書いていただきます。

P1020760

水塔婆をお線香の煙で清めて


P1020762

高野槙の枝で水回向をしておさめます。


P1020756

地中にあるお迎え鐘をついて、あの世からたがわずご先祖様がかえってくるように。

こんなふうに蓮の花や鬼灯、高野槙、お線香の香りに包まれて、鐘の音を聞いていると生と死の境がなんだかあいまいになって、死ぬことは自然なことで、そんなにこわいことではないんだなあ、、、と思ってしまう。




P1020765

さてこのあたりは轆轤町(ろくろちょう)と言います。
もともと鳥辺野と呼ばれる葬送の地、といっても野に死骸を投げ捨てるだけなので骸骨が散乱していたそうな。
だから髑髏町(どくろちょう)、それがあまりに縁起が悪いので轆轤町にしたという説が有力。

仏事に関わるお店もたくさんありますが、この時期がいちばんにぎわうでしょうね。




P1020768

幽霊にちなむみなとやさん。
幽霊の子育て飴は一度はご賞味あれ。


P1020767

数年前に行ったきり、レストランのコンセプトは次々かわったけれど、この堂々たる町家は必見の貴匠桜さん。


さらに西へ行くと、、、

P1020769


死後に行く、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六道の分かれ道、六道の辻。
冥土への入口。


P1020771

その角にある西福寺。

空海に帰依した嵯峨天皇皇后・檀林皇后(橘嘉智子)の「九想図絵」(風葬された死体の経時変化を描いた法医学の教科書みたいな、、、うげげ[E:shock])を今年も拝見。

六道絵があり、昨年は夕方にお参りしたのでちょうど絵解きをされているところにあたりましたね。

今年はじっくり自分で見てみます。
よくみるといろんな教えが詰め込まれているようです。

地獄に落ちた悪人はどんな責めをうけてもほっときゃいいのよ。

でも、賽の河原で石を積む子供の魂を救うためにあらわれた地蔵尊の姿、その衣にすがる幼子の姿には泣ける。



P1020772

そして冒頭の祈願銭をお返しして、新しいのをいただいて帰る。




P1020776
西福寺の少し南、平清盛ゆかりの六波羅蜜寺。

この大の字の灯りは盂蘭盆萬灯会でともされます。
こちらの迎え鐘はならばないでもつけますよ。

P1020778


そのまま南下して五条通まで。
このあたりまだまだ風情のある町家がたくさん残っています。


P1020783

五条通は陶器祭の真っ最中。
道の両側にたくさんの露店がならびます。


P1020784

もともと五条通にあるお店も陶器祭仕様。



P1020785

普段使いによさげなものが、手頃なお値段で。
でも、どちらかというとショッピングより雰囲気を楽しみに来ているかな。


そのまま川端通りに出て、宮川町のお茶屋さんがならぶ疏水縁を歩きます。


P1020789

ここは創作和菓子のお店、蒼穹さん。
左手に見えるのは宮川町歌舞練場です。



P1020811

もとめたのは左から波照間産黒糖羊羹「南風(はえ)」、アーモンドドラジェ、翁飴。
見た目もユニーク、おいしいですよ。


ここから、三味線のすががきなんぞ粋に聞こえる宮川筋を歩いていて、こんな看板を見つけました。


P1020805

町家カフェ、、、、?
これは行ってみなければ。

実はこの場所、なんとお気に入りの裏具さんのろうじをぬけたところでしたの。



P1020804

「ろじうさぎ」さん。
先月オープンしたばかりですって。
(現時点ではHPはまだ工事中だとか)




P1020791

卯年のオーナーさんがであったとき、この町家はぼろぼろの廃墟だったそうですが、それが想像できないくらい居心地のよい、風情のあるカフェになっています。


P1020795

お話しを聞けば、ユニークな京都の旅をプロデュースしているらくたびのガイドさんだったんですって。


だからなんですね、このように京都関係の本が(いつもお世話になっているらくたび文庫はもちろんのこと)ぎっしり。
ちょっとしたブックカフェですね。


P1020796

ラインナップも結構ディープです。

歴史をたどる旅をしたら、京都ほどたくさんのポイントがある町はないですものね。
このカフェから、そういう京都の歩き方、楽しみ方を発信してゆきたい、とのことです。

P1020797

草ボウボウだった庭も、草むしりしてみると偶然にも灯籠の足元にウサギさんがいたそうです。
まさに「ろじうさぎ」にぴったり誂えたようではありませんか。




P1020803

お庭を眺めるカウンター席も居心地良さそう。
次回はランチをいただいてみよう[E:happy02]

これにて今年の六道めぐりも無事終了です。


*  *  *




ろじうさぎ:東山区下柳町176(宮川町歌舞練場上ル一筋目東入ル)075-551-0463
posted by しぇる at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。