2012年10月13日

野村美術館講演会〜「利休にたずねよ」山本兼一氏

お茶をやっている方ならきっと手に取り、読まれているであろうこの本。

P1000765

「利休にたずねよ」

作者の山本兼一さんはこれで直木賞をとらはりました。

本日の野村美術館の講演会は彼をお招きして。とても楽しみ。


この本は、利休の切腹の場面から逆に時代を順にさかのぼり、当時の綺羅星のごとき茶人らの独白で利休その人となりをうかびあがらせ、最後に、なぜこれほど利休は「美しいもの」に執着したのか、その原点が作家の自由自在なイマジネーションで明らかにされる物語です。

夢中になって読みました。

出てくる登場人物が日本史、茶道史で有名な人ばかりなので、その人物たちにどのように血をかよわせるのかが、腕のみせどろですね。(秀吉、家康、三成はもとより、織部、忠興、宗二、古渓和尚、宣教師ヴァリニャーノまで)





ほかにも松本清張賞をとった「火天の城」は映画化されましたし、江戸時代の京ことばがはんなりとして、舞台となった寺町あたりの風情がめにうかぶようなとびきり屋見立て帖シリーズなどもお書きです。


P1000757

私とほぼ同年代、京生まれ、京育ちの京男ゆえ、お茶はずっとお稽古されているのかと思いきや、実は利休の物語を書こう、とおもいたってから初めて数年お稽古されただけだとか。
(それであれだけ書けるんだ〜[E:coldsweats02])


戦前は、京都のお寺も今のように観光資源ではなく、お高くもなく、普通に学生を下宿させていたそうで、山本さんのお父上も大徳寺の聚光院に下宿されていたそうです。
結婚後、山本さんが生まれた後も、聚光院のご住職は大家さん的な存在だったようで、子供の頃からよく遊びに行かれていたとか。

聚光院と言えば、利休の墓があり、かつては利休自刃の場といわれた(後年否定されている)閑隠席がある塔頭なので、山本さんが利休を書こうと思われたのは、必然だったのかもしれません。

(ちなみにお父上は下宿中、閑隠席でよくお昼寝されていたとか。ええ時代だったんですねえ。うらやましい)

なので、お茶のお稽古も聚光院(表千家)へ通われたのも必然(^_^;

P1000761(南禅寺:野村美術館のお隣)


利休のわび、さびとえば、一般的にはそのイメージは枯れて淡々とした感じなのだが、利休好みの道具、真塗り手桶水指、利休型棗の曲線に山本さんはえもいわれぬ艶っぽい、なまめかしいものを感じられたそうです。
それが利休について書こうと思ったきっかけだったとか。

ただ、枯れた人ではない。
ある意味悟りをひらいたひとであるが、悟りの境地とは決して枯淡なものではない。
すざまじいパッション(情熱)の人であろう。


利休が生きた時代、それは日本史上でも類を見ないダイナミックな時代であったこと、その時代背景についても海外にまで取材に行って調べられたそうで、その取材話もまじえていろいろおもしろい話をうかがう。


私は(愛読書の)「へうげもの」の織部のセリフを思い出しました。

「なんというすざまじい時代におれは生きておるのだ。」




P1000762(野村碧雲荘わきの疏水分線)
イエズス会のヴァリニャーノの章では、かれは「日本人が、鳥かごの水入れくらいにしかならぬ土くれ(=茶入)に城一つくらいの金をはらうのは理解できない。」というくだりがあり、実際彼の日誌にはそういう日本人の(理解しがたい)美意識について否定的に書かれており、その抜粋の朗読もきかせていただきました。

物語では、ヴァリニャーノが

「日本の貴人方が、なぜそのようなちいさな壺(茶入)に、大金をお払いになるか、理解できるヨウロッパの人間はおらぬと存じます」

それに対し秀吉は

「南蛮人がなぜ、ただの石ころ(=宝石)に何千ドゥカードもの銀を払うのか、わしにはまったく理解ができぬ。」
「茶入ならば、すくなくとも茶を入れるという役に立つ。宝石は、ただの飾りになるだけでなんの役にもたたぬではないか」



秀吉万歳![E:happy02]

いや、洋の東西の美意識、価値観の違いがよくあらわされていてとてもおもしろい。

さて、最後になぜ秀吉は利休に死を命じたのか。


「ただ、キライだったのでしょう。」

[E:coldsweats01]実も蓋もありませんが、案外真実はそんなところなのかも。

秀吉のまえで、平伏はしながらも、「美に対する意識は私の方がはるかに上。おまえはなにも美のことがわかっちゃいない。」と心で思うことが唇の端ににやっとでていたのではないか。

そして利休の美への我執といえるほどの追求の源が高麗の美少女への恋と死であった、とするのは作家にだけ許される自由なイマジネーションの世界。
その美しいイマジネーションの世界で、本の表紙にもなっている一本の木槿の花は、利休の美をその生涯にわたってささえた象徴。

その言葉もうまく通じない少女と若き日の与四郎(利休)のやりとり、「槿花一日自為栄(木槿は一日しか咲かないがそれでもすばらしい栄華である)」という白居易の漢詩で心が通じる場面が美しく、また新たな利休像を造られたな、と思います。

なんでもまもなく映画化されるそうなので、だれが利休をやるのか、とっても楽しみ。

とりあえず、もういちど読み直してみなければ。








P1000764


(ちょっとプチ旅行にでます。お返事等おそくなります。ごめんなさい)


posted by しぇる at 20:00| Comment(10) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

大山崎秋茶会〜「半輪秋」

  峨眉山月半輪の秋
  影は平羌の江水に入りて流る
  夜清溪を發して三峽に向ふ
  君を思へども見えず渝州に下る
 
  (李白「峨眉山月歌」)


今回の秋の大山崎山荘の中国茶会のテーマは「半輪秋」。

半輪すなわち上弦の半月。

P1000571

昨年春の春在来の茶会は青楓を楽しみましたが、今回、紅葉にはまだ早いもののその気配は感じます。

P1000572

加賀正太郎の夢のあと、「大山崎山荘」(登録有形文化財)。

P1000648
今回会費を払うと、こんなピンバッジが[E:happy01]参加者の目印。

まずは山荘の2階のテラスで、、、


P1000575

木津川、保津川、桂川の三川合流のパノラマを楽しむ。


P1000576

おや、庭園に陰陽の大きなオブジェが??


P1000592

と思ったら、これは大きなテーブルでした。

たしかに「陰陽太極」紋は半月の組み合わせに見えますね。
庭園をめぐって3席あるので、そこで持参した茶杯にいれてもらって、この陰陽テーブルでいただくもよし、立ち飲みもよし。



P1000587

こちらは「半輪・黒」の席。
P1000589

陰陽の陰=黒茶、つまり普洱茶(プーアル茶)。(普通固形の団茶の形で売られている。茶馬古道の時代からの伝統)

しかも熟茶(コウジカビで発酵)と生茶(経年により熟成)をそれぞれいただく。
P1000590

生茶は1980年のビンテージ物。
熟茶のあとでいただくと、まろやかでさわやか。
はっきり、ちがう。

ちなみに雲南省で普洱茶といえば生茶をさすとか。
私たちは熟茶の方をプーアルと思っていたけれど、もっと奥が深かったんですね。







P1000594

白茶に行く前に、桂花湯でお口をリフレッシュ。




P1000595

今まさに盛りをむかえようとしている金木犀の花、それを乾燥させた物。

金木犀のあの香りはほとんどしないのですが、お湯をいただくと、なぜか口中さわやか。



この桂花、黒茶や白茶に投じるとまた味がかわるのです。
こちらも試させていただきました。



P1000596

こちらの席のお菓子は陰陽クッキー。

あの宮川町の蒼穹さんのでした。


P1000603


こちらは陰陽の陽=白茶席。

白茶は日光を遮断して作られた普洱茶生茶の特殊な物。


P1000602


ちなみに玉露や碾茶はまだ茶樹の状態で遮光しますが、白茶は摘み取った茶葉の段階で天日干しでなく、夜干し、影干しをして製茶するもの。

いただいたのは「月光美人」と「白毫銀針」。



P1000604

いずれも黒茶よりさらに洗練され上品な印象。


P1000605

この茶杓置、いいでしょ[E:lovely]
中国で見つけたんですって。



P1000606

こちらの席のお菓子は紙ナプキンも陰陽。
お菓子も陰陽。



P1000579
庭園席をあとにして、整理券をゲットしておいた茶室トチノキ亭の「新秋新茶席」。

ここをつくった加賀という人はお茶も愛していたので、邸内にいくつかの茶室を作っているのですが、いずれも立礼席、というのがおもしろいです。



P1000609

トチノキ亭はこんなふうに、あたかも樹上茶室の趣。

P1000617

こちらのお茶席はなんと、好日居さんが!
(いつもこちらの中国茶会ではお手伝いにこられます)

(悪目立ちする、デカイ茶杯=私の[E:coldsweats01])


P1000614

今年とれたばかりの安渓鉄観音茶。

くるくると丸まった茶葉はよい香りがします。

これをお茶にしていただくと、さらにすばらしい芳香がたつのです。

飲んだ後の茶杯に残る香りも忘れずに聞く。


P1000620

この席のお花は菊花。
花器は竹の根っこでつくった「稲塚」。

お菓子は、、、



P1000616

波照間産の黒糖なんですが、それぞれがたたき割っていただくという趣向。

これがけっこうむつかしくて、力任せにやってもだめなんです。
かえって小さい子のほうが上手に割ったりして。



P1000622

トチノキ亭の蹲居。

この柄杓、最高[E:lovely]




P1000623

最後は小高いところにある茶室、彩月庵へ。


P1000625

外構はどうみても数寄をつくした小間?という感じなのに、こちらも立礼用の茶席。


P1000628

茶室の下を流水が流れ、青楓、紅葉を見下ろせる、というなんとも風流な席です。
P1000642


P1000635

こちらでいただくのは、とっても貴重であまり市場にでまわらない「蜒香紅茶(いえんしゃんこうちゃ)」。


P1000639

蜒はウンカのことで、この虫がついた茶葉は反応してマスカットのような芳香をだし、それがかの有名な「東方美人茶」なのですが、それでつくった紅茶、ということでなお、貴重。

香りは東方美人、味は紅茶という不思議なお茶になっていました。
それにしてもたまらなく美味しい。

これは日本では手に入らないものか?


P1000636

こちらのお菓子は北京の伝統菓子、蜜三刀。



P1000638

裏に刃物で三筋ついていることから。


P1000630

こちらの花器は半輪ではなく、満月。
秋の花がたくさん。



P1000646

それにしてもすてきな茶室。



P1000582

秋の半日、茶杯をもってあちこちそぞろにお茶をたずねて。
佳き一日哉。
posted by しぇる at 22:50| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

自主稽古三昧

本来ならば金木犀の香りがしても良い季節ですが、ちっともただよってきませんね。

かわってこちらはお彼岸すぎて盛りを迎えた彼岸花。

P1000466

ここは毎年咲く場所。

さて、どう考えても時間が足りない、、、、

秋は、仕事休みの日には必ず茶会か、お茶友と、あるいはひとりでお茶の自主稽古。

若干ゆっくりする時間がほしいと思わないでもないが、疲れつつも点前のロジックを考えるのは楽しい。




P1000555

最近はまっている御所籠。(色紙点て)

茶箱点前は大好きなのですが、御所籠点前はきちんと教えてもらったことがありません。
(どこのお社中もあまりされないようで)

本を見ながらの自主稽古をしてきたのですが、複雑に思えた月点前が簡単に思えるほど、ややこしい。

でもお茶友さんたちに一度おしえていただいて、そうか、そういうことだったのか!とわかったことがたくさん。


なので、

「今月は御所籠月間」

と決めました[E:bearing]

自宅でお稽古。


P1000557_2


道具を広げていく順番がややこしかったのですが、よい覚え方を伝授していただく。

「おみやげ3つ たこ3つ」


何のことかと思われたでしょう?

おみやげ3つは籠の蓋の上に、帛紗、茶杓、茶巾箱の3つをのせてしまうこと。
たこ3つはひきつづき古帛紗をとりだし3カ所の定位置におくこと。

これなら覚えられるわ[E:happy01]


P1000558




Pic11


二つの茶碗の間にはさむ「へだて」。

私はこれをRI(放射性同位元素)マークと呼んでおります。



P1000560

道具をすべてひろげたところ。

色紙を散らした如く、、、なので色紙点て。

これもなかなか雅です。

さりながら、まったく本を見ず、すらすらできるところまではたどりつきません。

今月いっぱいかけてがんばりますわ。
(まあ、おぼえてもすぐ忘れるのですが、忘れても、すぐ思い出せるところまではもっていきたい)



さて、今日はお茶友さん宅で、自主稽古。


P1000562

この夏のあまりの暑さに負けて、夏着物はほとんど着ず、単衣にいたっては9月まるまる袖を通しませんでした。

なので久々の着物です。
(よって帯がゆがんでます?[E:coldsweats01])


P1000566


先日ゲットしたばかりの志ま亀さんの帯揚げ、初おろし。


お稽古場ではまずできない唐物、盆点の連続点前。

こうして続けてすると、その違いがほんとによくわかります。

なぜ違うのか?を考えると、やはり点前所作は論理的にできている、と納得。
論理がわかれば、覚えやすいですし。
(といいつつ、またこれも忘れるんですけれど[E:coldsweats01])
人生死ぬまで勉強勉強。



P1040400


四ヵ伝はちょっと苦手なので、こういう機会がいただけるのはほんとにありがたいです。


書いては消し、消しては直して、、、で何を書いているのやらわからなくなっていたノートの改訂版を、これを機に完成させよう。


お稽古中、おうちでお留守番組は、、、、





P1040484

ヘソ天でくつろいでおいででした。
posted by しぇる at 21:27| Comment(7) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。