2012年11月10日

寒蘆茶会〜佐川美術館・楽さんの茶室

守山市の佐川美術館にある、楽吉左衛門さんが作った茶室をはじめて訪ねたのは昨年1月でした。

景色の見え方、光の変化、季節の変化、材料の吟味、、、、あのかたは建築が本職ではないにも関わらず、どうしてここまですごい計算をすることができるのでしょう。

水面すれすれの高さにある広間の茶室(俯仰軒)にすわって、蘆の群生とその彼方に見える比叡山を眺め、ここを動き去りがたく思ったことでした。

そしていつかここでの茶会に参会したいものだと。



P1010386
念願かなって本日は「寒蘆の茶会」へ。

P1010383
總屋SOHYAさんで生地から選んで染めてもらった香色一つ紋を初おろししてでかけました。


P1010389


まずは寄付へのオーストラリアの枕木の路を歩きます。

遠近法を利用してさらに奥深く見せる路の向こうにどんな茶会がまっているのか、、、という期待でテンションがどんどんあがります。

一度来たことはあるのに、茶会の客としておとずれる、というシチュエーションの違いだけでこうも心に映る景色がちがうのですね。

これこそ非日常の茶会というものの功徳ではないかしら。

P1010394

寄付には大きな一枚板の鉄刀木(タガヤサン)のテーブル。
大きな割れ目が入っているため、本来は建築材としては使用できず破棄される運命にあったもの。

楽さんに出会えて、こうしてみんなに愛でられる。
物にも運命というものがある。

このテーブルで点心をいただく。
琵琶湖の幸をありがたくいただく。

この時に雨でもないのに水の流れが高いところから落ちる音がたえまなく聞こえ、ああ、これはこの前は気づかなかったな、、と。


実は隣接する腰掛け待合いは水露地と命名され、腰掛けの目の前の水盤を囲む壁から常に水が流れ落ちているのです。

ただ座っているだけでは気づかない。
茶会への期待をいだきつつ、心静かに点心をいただく時、五感がとぎすまされてきて初めて気づくのかなと思いました。


P1010396


その水露地はまるで水の中に浮いているような錯覚を覚えさせます。
ここにずっとすわっていたいな。


コンクリートの壁にかこまれた茶室に入る中潜りはまるで躙り口。
中が暗いので、この先にどんな異次元がまちかまえているのだろうとわくわくさせます。

大きな大きな四方の埋蹲居。
前回は見るだけでしたが、今回はちゃんと使わせてもらいました。
どこに使用後の水を流すのか、使ってみて初めてわかったわ。
楽さんの焼貫の茶碗と同じで、なかなか使用がむつかしい[E:coldsweats01]



小間(三畳半)の盤陀庵。

見学の時は中へは入れてもらえませんでしたが、今回はお茶こそいただけませんでしたが、中へ入って一時坐すことができました。
おお、、、こうなっていたのか。

天井がとても高いので、しかも船底にちかい煤竹張りなので、まったく狭さを感じません。
壁が越前和紙のスクリーンなので、よけいに解放感を感じます。小間なのにね。

和紙の中にアクリルの細い板が埋め込まれていて、陽が当たると透けて見えてとても美しいと前回聞いていたのをついにこの目で見ることができた!

すごくすてき![E:lovely]

透明な竹が茶室の向こうに立っているような、、そんな感じ。




P1010397

そして広間の俯仰軒(八畳)。

ここは解放感120%、しかも前面には葦とヒメ蒲の水庭。この水庭と茶室の畳が同じ水平位にあるのです。


こちらで確かなお点前でお薄を一服。

主茶碗はあの、例のごっついゆがんだ焼貫。
茶筅通しも、茶巾で拭くのもちょっとたいへんそう[E:coldsweats01]

男性の方のお点前だったのでそれほど違和感はありませんでしたが、女性だとちょっと似合わないかも。
銘が「雨既ニ過ギ」
雨があがったあと、雲の向こうに見えてきた険しい連峰のような飲み口のでこぼこ。
荒々しい篦目。


私は(なんとなく)次客になったので黒楽茶碗でいただきました。
つやつやとした黒の中にさっと異質な黒が一刷毛さされていて、とても美しい。
掌にのるかんじもとてもよくて、こちらの方が私は好きだな。

銘「夜たって月に対す」

あの一刷毛は月だったのか。


ちなみに同行した楽さんファンの友人は断然焼貫派でした。


数茶碗は、数茶碗といっても、楽さんがフランスで、ルビニャックの土、釉薬で焼いた茶碗。

特筆は蓋置。
これも楽さんが焼いた物で形はほとんど石でできたcube。
穴の開いていない蓋置を初めて見た!

これも使う人を選びそうだなあ。

建水も楽さん作。
(こういうとき何でも自分で道具を作れる人はいいなあ)
これは中の景色がよかった。
普通客が見る物ではないので、使う亭主だけのお楽しみ。


そうそう、水指も大ぶりの水盤のような黒い焼き物。
茶器も一閑さんとの合作。

唯一楽さん作でないのは釜と茶杓だけかな。


P1010398

この俯仰軒は正客の座に座ると真西向きになり、水庭の向こうに沈む夕陽を見ることができるとか。
この日はあいにく曇りでしたが、薄く鴇色に染まっていく空をながめつつ茶室をあとにしました。
こうして楽さんファンはますます増殖するのね。

この日もなんだかシアワセな一日でしたわ。
(リアル世界はいろいろとたいへんなんですが、、、)


posted by しぇる at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

2 ways of the 茶の湯

先日吉田神社でおこなわれた坐忘斎家元の献茶式。


P1010357


台子、皆具を用い、場所は神聖な神社神殿前。



P1010356

書院茶の原点である神仏への捧げ物としての茶。

私の理解の限りでは、お点前は「真之行台子」とほぼ同じ。

実は坐忘斎のお点前を拝見するのは初めて。
大宗匠のは何度も拝見する機会があったけれど。

点前所作が美しいといわれるだけあるなあと、みとれておりました。

吉田神社は他の献茶式の場所にくらべるとこぢんまりとしていて、お勧めです。


参式された方の中に遠目でもすごく素敵なオーラに包まれた紫の着物をお召しの方がおられました。
よく見ると、あらまあ!
今年の2月、弘道館でお点前してくれた上七軒の尚鈴姐さん!

さすが、なにげに立っておられるだけでたたずまいが違いますね。[E:lovely]



さて一方、こちらは先日京都府立植物園で開催された「お茶といけばなの祭典」。

P1040571

利休の待庵もびっくり!!の二畳。

鴨川べりで道行く人にお茶をさしあげる謎の[E:coldsweats01]茶の湯者集団、鴨ん会さんの茶室。

そういえば、昨年の植物園大茶会でもこんな組み立て式茶室をだしておられたっけ。(昨年の記事から)
P1130850
(そのときの私のコメントも「待庵もびっくり!」だった[E:coldsweats01]語彙貧困、、、、)

今年はさらに茶室はシンプルに木製棒をプラのコネクターでとめただけの二畳向板。
壁もなくなっちゃいました。

これってすごい!
待庵よりさらにそぎ落としてるぞ!
これぞ究極の「草」の茶。

P1040579

この釜敷を見よ。
どこかで拾ってきたブリキ缶の蓋だろうか?

でも、お点前はほんものでしたよ。
植物園のフィトンチッドをいっぱいに浴びて、涼やかな秋の気配を感じていただく一服。
侘び茶もここまできたか。





P1040614

もう一つの草庵(?)も謎の集団「竹咲 竹居庵」。

泥棒さん御用達の唐草風呂敷に、つぎはぎも侘びっぽい敷物。
ぐるりを竹の簾で囲った空間。
台所用品とおぼしき風炉先(アルミ製でございます)、あやしい羽織をはおった亭主。

こちらはちらっと遠くからみただけで、詳細を見ておかなかったのが残念。

こちらは丿貫(へちかん)さんもビックリ。





P1040621



私は大名物を美術館で見て喜ぶし、方や日常生活道具の見立てもとても面白いと思う。

真台子点前を習うきびしさも好きだし、小習の奥の深さも好き。

茶会ですごい茶道具(とても高価)を拝見して眼福と思うけれど、有名作家のものでない道具をバカにするエセ茶人には腹が立つ。
茶の湯という共通言語が通じない世界にいっちゃった崩しすぎでひとりよがりの茶会は時に見苦しいと思う。



真の茶も、草の茶も、書院茶も草庵茶もどちらも捨てがたい。

侘び茶の完成をめざし、あらゆるよけいな物を削ぎまくった一方で、ちゃっかり黄金の茶室も作っている、、、利休さんは「真」と「草」の間を自由自在に行き来された方でした。

でも凡人には、そこらへんのさじ加減がむつかしいのよ。
自分のめざす茶事、茶会はどこらへんに軸足をおこうかな。
どこに置くのが、「茶禅一味」の世界に一番近いのだろう。

と、そんなことを考えて混乱しているようではまだまだ青いわね。(年齢は青くないけど)


とりあえず次の茶事のテーマを考えねば。
うむむ、、、、
posted by しぇる at 23:35| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

徳川様のお茶会へ〜徳川美術館

ここは尾張の国。

P1010126

家康の遺品や尾張徳川家伝来のお宝がわんさかころがっている徳川美術館

毎年利休忌のころ、織部が利休から拝領し、利休亡きあと位牌仕立ての筒にいれて持ち歩いたという「泪」の茶杓が公開されるのにあわせて、来たことがあります。



P1010165

毎年秋に7〜8日間、日替わりで各流派による徳川茶会がひらかれます。
美術館所蔵の茶道具を使って[E:heart02][E:happy02][E:shine]


P1010128

早朝起床、着物を着て雨の中到着したのは午前8時すぎでしたが、もうたくさんの方が並んでおられます。
お茶人さんは、ほんま朝が早い。


P1010132

これを楽しみに全国各地からみなさま、おいでになるのです。

この日は最高の参加者だったそうです。
私はたまたまこの日しかあいていなかったからなのですが、なんとこの日の担当は今日庵文庫の筒井紘一先生だったんですねえ。
だから人気だったとか。


P1010135


この日、関東からお越しのK様ご夫婦と落ち合って、御指導かたがた、ずっとごいっしょしていただきました。

早起きの甲斐あって、あまり待つこともなく、スムーズに移動。



P1010142

副席の薄茶席は山ノ茶屋にて。

江戸時代の茶屋で、名古屋城から移築された物とか。


P1010143

待合の天井も竿縁、化粧屋根裏、網代と凝っています。

床には家康の「道中宿付(旅程の覚え書き)」。

九 江戸  十八 戸田 廿二 河越、、、

九日に江戸を出て、十八日に戸田に着いて、、、というようなメモですが、だれがこんなものをとっておいたのか?
まさかこんなメモが400年後に待合掛けになるとは、家康も思わなかったに違いない。

薄茶席の席主は筒井先生の奥様。(お道具よりインパクトがあって(?)ちょっとみとれてしまいましたわ[E:lovely])

軸はなんと足利尊氏の和歌懐紙。

  「あつまち(東路)をまたたひ人(旅人)のたちかえり さはらで君にあふ坂のせき」

尊氏といえば14世紀の人でしょ?
そんなすごいのが残っているんだ[E:coldsweats02]


K様がお正客をされたので、お相伴で思いがけず上座の良い席にすわれました。(らっき〜)

高麗刷毛目茶碗、しっかりとこの手で確かめました。
かたちが沓形にちかいようにゆがんで、とても珍しい刷毛目。

釜は香炉耳釜。
大徳寺・達磨堂にあった香炉を釜にしたもの。
鐶付が鍋のように付いているので、鐶は特別なものを使わないといけないだろうな。






P1010145

三葉葵の御紋の幔幕の道をたどって今度は本席・濃茶席へ。
茶室は餘芳軒。
名古屋市内にあった数寄屋建築を移築した物。

P1010147

こちらの待合でお菓子をいただく。


P1010150

中の紅が美しい薯蕷はご当地、両口屋是清 「秋の初花(=菊)」。

ついでに最近清課堂さんでゲットした末広の菓子切りをさりげなくアピール[E:coldsweats01]



P1010151

待っている間に心空庵(四畳半)を拝見。
もと尾張徳川家代々のお茶道役をつとめた平尾氏の茶室。(オリジナルは空襲、台風で倒壊)


P1010154

お武家さんらしいすっきりとした茶室でした。

P1010155

本席では筒井先生が半東で、お道具の解説をしてくださる。
そりゃ専門家ですもの、興味深い話がてんこ盛り。
もう少し時間があってゆっくり聞けたらなおよいのだけれど。

P1010156

お軸は重文の天遊松谿(15世紀ごろの謎の画僧)の「寒山拾得」図。

お茶碗が肥前松浦家伝来の井戸「九重」(五島美術館から貸し出し)やら、大井戸やら、、、もう普段はガラスケースの向こう側よね。

茶入の古瀬戸肩衝「虫喰藤四郎」は釉薬がまだらになって、なるほど〜、なネーミング。
すごいもの見たわ。

飾られていた香木の伽羅はかの有名な一木四銘(同じ香木を4つに分けてそれぞれ銘がついている)の一、「白菊」。
これかあ、、、
森鴎外の「興津弥五右衛門の遺書」にでてくるあの白菊ですよ。

蘭奢待のあのでかさを想像していたら、ほんの一握りくらいの小ささでしたね。
聞香してみたいけれど、これを焚く人、、、、おらんやろうなあ。




P1010159

点心はボリュームたっぷりで、京風薄味にじゃっかん物足りぬ私にはうれしいしっかり味付け。

お酒もついてるわよ[E:lovely]


食事のあとは、K様ご夫妻の解説つきで美術館の特別展(徳川将軍の御成)を見る。

これがまた、、、、もう、大名物、大名物、大名物、たまに中興名物、そして重文、、、
茶道の雑誌やテキストでしかお目にかかったことのない有名な道具がげっぷがでるほど、これでもか!と。

さすがは徳川様。

茶道系美術館5〜6館分は十分ありました。
それにしても一般的に唐物茶入の大きいこと。
よほど手が大きくないと、とても胴拭きなんかすんなりできそうもありませんわ。

そして「へうげもの」ファンのみなさま、こちらもでていました!




P1010164

唐草文染付茶碗、別名「荒木高麗」。(「へうげもの」第1巻を見よ!)

荒木村重が所持していたもので、漫画では命の代わりに織部へさしだし、やがて利休の手にわたったと書かれていますが、ほんとのところどうなんだろ。


P1010163

ちなみにこの(重い)図録は茶会の記念品としていただいたもの。
もう一つの記念品がこのお茶碗[E:lovely]


尾張徳川家伝来の高麗雲鶴茶碗「高浜」の写し。
これ、次の茶会で使おう[E:good]

とにもかくにも目の正月、耳の正月的なお茶会でございました。
一日おつきあいくださいましたK様ご夫婦にも感謝いたします。
posted by しぇる at 23:46| Comment(17) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。