2011年07月17日

宵山・日和神楽〜あばれ観音

宵山のすごいであろう人混みをさけ、夜10時前に家を出発。

地下鉄をおりたところで、目の前に南観音山の日和神楽にであう。

P1010541

明日の巡行の好天を願って(願うまでもなくよさそうですが)お囃子のある各山から囃子屋台がでて、御旅所までいくのです。(長刀鉾のみ八坂神社まで)

P1010538

向こう側で菊水鉾の屋台とすれちがうところ。

まだ人出は多いものの、ピーク時をこえ、四条通にもゆっくりそぞろ歩きをするゆとりが出る時間、こんな祇園囃子をきくのも風情があります。

P1010543

屋台は御旅所から帰るところで、これから町内をまわって山鉾へ帰還します。

では、先回りをして南観音山で待ちましょう。


P1010544

日和神楽が帰ってくると、ご神体の楊柳観音を台にのせて町内を走り回る、という宵山のフィナーレ、「あばれ観音」。
それを一目見ようと、夜の11時というのにかなりの人出です。







P1010548
あ、お囃子の音が近づいてきました。


P1010550


日和神楽のお帰りです。

そこから待つこと約30分、11時半に山の北側でワッショイワッショイ!のかけ声があがります。
P1010561

おお!
すごいスピードで近づいてくる!

P1010553

布と紐でぐるぐるまきやん。

あばれ観音の伝来は不明らしいですが、一説に宵山で会所に座らせられたストレスを一気に発散していただき、明日の巡行におとなしくしていただく、、、とか。

このぐるぐるまきではかえってストレスため込みそうですが。

P1010560

こうして3回町内をまわり、Uターンのとき、はげしく台をゆさぶるので、「あばれ」観音だとか。
Uターンの場所を確認したので、来年はもっと近くで暴れるところをみられるかな。


観音様が会所にご帰還になり、三本締め。

おもわず拍手がおこりました。

これにて宵山は終了。

いよいよあすは山鉾巡行ですねえ。

P1010564

飾り付けをすべてはずし、明日に備える山鉾を数えながら、帰途につきました。

う〜む、京都帰還1年目にして、あばれ観音までみちゃうとは、わりとよく頑張っているわい、自分[E:coldsweats01]


posted by しぇる at 01:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

白昼の鉾町2011

(スミマセン。このブログ管理人の個人的情熱で今夜も祇園祭が続きます。)

真昼に36度を超えたらしい、京都です。
暑いです。
でも時間があれば、いっちゃうんです。
鉾町へ、、、


P1110745

いつもの河原町四条のバス停を降りて、え???

ここは四条のお土産物センターのはず。
いともかんたんに、御旅所脇の詰め所に早変わりできるんですねえ。
(いつもとおるのは朝早くなので気づかなかった!)

P1110748

白昼の鉾の前をびゅんびゅん車が通る景色。
タクシーやバスのドライバーにはいたく評判悪い広範囲の交通規制ですが、こんなのできるのは日本広しといえど、祇園祭だけでしょう。


P1110747

菊水鉾では亀廣永さんの「したたり」を購入。
(まあ、最近は年中買えるんですけれど、ここで買うことに意義があるのよね)

菊水鉾のご神体、菊慈童は菊の露のしたたりを飲んで、700年も生きた、という言い伝えから、なにか祇園祭にふさわしいお菓子を、ということでつくられた黒糖の琥珀羹なんです。
(ちなみにこちらの会所では宵山期間中呈茶があります。菊水井という名水にちなんでお茶と関係が。)




P1110795

こちらです。
琥珀羹はかならずしも好きではないのですが、このしたたりは別物。
ほろほろした食感がまた絶妙。


P1110753

電柱にまいてある黄色いネットは山鉾の巡行時、ひっかからないように、という処置でしょうか。


P1110754

こちら放下鉾は会所にあがることができます。


P1110761

鉾の歴史や伝えてきたことの誇りを熱く語る役員さん。
普段は入れない町家の二階です。



P1110763

長刀鉾のような生稚児のかわりに乗られる人形のお稚児さん、三光丸クン。
かわいらしいなかにもやんごとない感じ。

禅語に「放下着(ほうげじゃく)」という有名な言葉がありますが、この鉾の名前はそこからきているのですね。
初めて知った。



P1110764

会所巡りの楽しさのひとつは普段あまり見られない、ほんものの町家の中をのぞけること。
町家フェチとしてはうれしい限りで。


P1110768

さすが着物の室町、なのでこういった着物関係の出店(ふだんは卸しだけで小売りはありません)が多いです。

P1110770

昼間なので、保育園児達もお祭り参加。
かわいいですね〜。


P1110774

こちらも特別公開の時にはなんどもお邪魔した重要文化財の杉本家
祇園祭の期間ははじめて。

P1110779

表の間が伯牙山の会所になっています。
琴もありますね。
古代中国の琴の名手であった伯牙が、親友の死を悼むあまり琴の弦を切った、というお話に基づいているので。



P1110781

有料にはなりますが、杉本家の中へはいって屏風や、夏の町家の室礼を見ることができます。
何度も来ていますが、夏はやはりすてきでしたよ〜。
町家は夏をむねとして作られているのですね。

座敷の真ん中に大きな氷柱がたてられ、これにさりげなく蔦をからませてあります。
氷柱用の専用の家具なんでしょうか、したが竹のすのこになっている台でした。

杉本家のお母さんが、溶けた氷の水を受ける容器をいれかえながら、「こうして手で触って、それを顔や体につけると涼しいんですよ。」と教えて下さいました。

実際の気温はそれほど変わらないでしょうが、目で涼しげな氷柱を見ているだけで気温が下がるような気がします。
昔暮らしの智恵ですねえ。
ちなみにこの暑さで直ぐ溶けるので、大きな氷柱が1日2本はいるそうです。



P1110786

最後に3年後の復活をめざす大船鉾。

(京都人にしたらついこないだの[E:coldsweats01])いくさ、禁門の変で焼失した大船鉾ですが、ご神体の神功皇后の面をはじめ、舳の金幣、刺繍の舵など大方の物が残って各家に大事に保存されてきたそうなのです。
ですから船さえできれば復活できるわけで、そのための資金集めがたいへんだそうです。


大船鉾は、神功皇后遠征のお帰り、凱旋の船鉾だそうで、出征の出船の鉾が今の船鉾とか。






P1110787

とばりの向こうからかすかにのぞく神功皇后像は(ちょっと不気味ですが)凱旋時、臨月だったそうで(赤子はのちの応神天皇)そういえばお腹がふっくらしてる??


さて、私もささやかながら資金協力を。



P1110794

3年後の勇姿が楽しみです。


さて、今年の厄除け粽は、、、、

P1110744

太子山町の秦家のめぐみさんのファンなので、太子山のにしました。

聖徳太子といえば、娘が通った学校が四天王寺だったので、在学中太子像の写真もたくさんもらったし、関係なくもないかな〜、、、と思って[E:coldsweats01]

今年一年、いろんな厄をよけられますように。
posted by しぇる at 00:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

宵々々山2011

早くももう宵々々山です。
なのにすでにすごい人です。


P1010426

まだ明るい内に鉾町巡り開始。

むかしは宵山しかなかったそうですが、私が学生の頃、宵々山が始められたばかりだったというような記憶が。
それがいつのまにか宵々々山まで!

P1010429

やはりこのコンチキチンを聞かなくてはね。

P1010433

う〜ん、20数年ぶり!

P1010437

鉾町は着物問屋さんが集まる室町あたりが中心になります。
室町の旦那衆といえばかつては洛中の文化経済を牛耳っていた方々。
着物業界の斜陽にともなって、かつてほどではないにしろ祇園祭の役員さんの姿にその名残をみるようです。


P1010438

このあたりは日ごろ良く歩き回ったり自転車で疾走しているエリアなんですが、今日は日ごろの姿を想像できないほど、祭色に染まっています。

P1010440

宵山(宵々々山はややこしいので以下略)の一番の楽しみは細い小路をそぞろ歩いて、山鉾や会所飾りを見て歩くこと。

この時、地図はないほうが楽しい。
小路の角を曲がったとき、思いがけず駒形提灯をみつけるとうれしくなります。
あ、右にも左にも山鉾が、、、どっちへいこうかな、、、


P1010444

しかし、食べ物系の屋台が増えたこと。
これが渋滞の原因にもなっているもよう。

P1010445

なるほど。
こういう御朱印帳があると、むきになってコンプリートしたくなってしまいますね。

P1010449

山伏山のお飾所では茅輪くぐりを。


P1010452

お飾所は風情のある町家であったり、マンションやビルの一室だったり。

P1010454
P1010457

参拝者はそれぞれの山の厄除け粽やお守り、オリジナル手ぬぐいなどをおもとめです。

厄除け粽は1年間、玄関に飾るわけですから、どこのをチョイスするか、これは問題です。

P1010459
P1010460

しかし、動く美術館とはよくいったものだ。

P1010463

鉾町の玄関飾りも情緒があります。

P1010466

このすごくりっぱな町家自体にもひかれるなあ。


P1010470

屏風祭も楽しみですが、私はこの大量の赤穂緞通に目が[E:heart01]

P1010472

お会所のもう一つの楽しみは、子どもたちの

♪厄よけのお守りはこれより出ます ご信心の御方様は
受けてお帰りなされましょう ろうそく一丁献じられましょう
ろうそく一丁どうですか~

、、、のかわいい歌ですよね。
これを聞かないと、宵山に来た気がしません。


P1010474

ちょっと小路の迷路にはいりこむのもまた一興。

P1010476

ありゃ?
これは御池ゼストあたりで見たことがあるような、、、、

帯問屋誉田屋さんの前にて。
作者は青蓮院の襖絵も描いた木村英輝氏。





P1010477
P1010478

時代とともに町の景色はずいぶんかわったところもあれば、ずっとかわらないところもあります。


P1010481

こちら黒主山。
近年新調された後掛の飛龍文様錦入刺繍の説明をしてくださる役員さん。


P1010482

いずれも鉾町の財力と見識の高さにうなってしまふ。

P1010485

新町通りにある北観音山。
この通りは宵山の間、四条から北上のみの一方通行なので、ご注意を。


P1010488

ひときわ立派な屏風祭されているお家、,,と思ってよく見ると、おお、何度かお邪魔したことのある吉田家ではありませんか。

表の格子戸をすべてとっぱらってあるので、全く雰囲気が変わっています。


P1010489

奥の間では、吉田家のご当主、かつ山鉾連合会理事長の吉田孝次郎さんを囲んでなにかの会がおこなわれているもよう。
いいなあ〜、うらやましいなあ〜。

P1010491
こちらの屏風飾りも屏風よりもお宅のすばらしさと、赤穂緞通に目が釘付け。


P1010493西洞院の蟷螂山は学生の時に新たに復活したことで話題になりました。
今は昔のはなし、現在ではすっかり常連さんの風格があります。

P1010496

四条通の鉾の辻。


P1010503

こちらは太子山、山鉾の最西端になります。


P1010505

この太子山の前にあるのが、こちらも何度かお邪魔した秦家住宅
ご当主のめぐみさんが、宵山のにぎわいも、太子山あたりにくるとややおちついて、昔ながらの祭の雰囲気がただよっている、と以前おっしゃっておられました。

ほんにそのとおりで、山鉾の前に木の長椅子がいくつもならべられ、ご近所のかたとおぼしき方々がのんびり夕涼みをされていました。
代々鉾町で生まれ育って、親から子へ、子から孫へ受け継がれていく、、、っていいなあ。
これもうらやましいなあ。


P1010515

勇壮な船鉾。
昔、まだ小さかった子どもたちと登ったのは、この船鉾でしたねえ。


P1010516

こちらもかわいい厄除粽売りさん。

P1010520

この綾傘鉾の真ん前に、杉本家とおなじくらい立派な町家の大店があったんです。
そこの二階に友人が下宿しており、われわれは「綾小路の家」と呼んでいました。
宵山の時には集まって、ビールをのみながら綾傘鉾を見下ろして夜通しさわいだ思い出があります。

30年以上も前のお話しです。
もしかして残っていやしないか、、、と思いましたが。
残念ながらご多分に漏れず、ビルにかわっていました。

あのころは鉾町にももっとたくさんの町家が残っていて、今以上の風情を添えていたような気がします。

かわったことも多いように思いますが、当時よりはるか昔から、祇園祭はあったのだし、これからもずっと続いていくのだろうし、時代とともに祇園祭自体、姿形を変えてきたのだし、私が共有、知り得るのは、そのわずか数十年の間だけ、のことです。

その数十年、祇園祭があることに感謝しつつ、元気な限りは楽しませていただきますわ。
posted by しぇる at 00:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。