2011年02月04日

節分祭〜須賀神社から吉田神社

やっと新しい旧暦日々是好日が使えます。

P1090023

そう、旧暦では2月3日がお正月。この旧暦手帳はこの日から始まります。
2月2日にはあちこちの寺社で追儺式がおこなわれましたが、その日は旧暦の大晦日。
1年の間にたまった厄を大晦日に払う、という宮中の行事からきたものとか。

節分祭といえばやっぱり吉田神社。
なにしろわが母校のど真ん中でやっている、といっていいロケーションですから、学生の頃は毎年いきましたねえ。
子供が小さい頃にもなんどか連れて行って、追儺式の鬼に大泣きされたことも。

追儺式は残念ながら平日なのでいけませんでしたが、火炉祭は夜11時からなので仕事が終わっても間に合います。

とちゅう、イケメンの懸想文売りが節分の日だけでる、といううわさの(?)聖護院の須賀神社へ。
実はこのすぐそばの小学校に娘は通っていたのですが、あんなところに神社なんてあったっけ??
いや、ありました。ああ、こんなところに!
いつも通っていたはずなのになぜか全然気付かなかった。(京都人が名所旧跡に意外と無関心な理由がわかったような、、、)

かつては東天王社(ウサギの岡崎神社)にたいして西天王社とよばれていたそうな。
しらなかったなあ。

P1080953

こちらではもう古神札焼納がおこなわれています。

お!あれに見えるは懸想文売りでは!


P1080958

イケメンかどうか、顔をかくしているので判別できず[E:coldsweats01]
まあ、きっとイケメンだった、、、ということにしておこう。

この懸想文はタンスのなかにしのばせておくと、良縁に恵まれたり美人になるとか。
はい、すでに私は手遅れなのでいただきませんでした。



P1080959

わ〜い!
20ウン年ぶりの吉田神社節分祭だ〜。

まあ、すごい人だこと!
以前はこれほどではなくて、境内のあちこちで同級生とであったりしていましたが、この人出ではそれも不可能でしょうねえ。
本宮にたどりつくまでがなかなか前へ進めなくて、、、、[E:wobbly]


P1080965

たどりついた本宮前では火炉祭の準備が。

P1080970

これ全部古い御札。

P1080972

これは氏子さんから寄付された品物で、福豆を買うとついてくるクジの景品です。
でも、福豆はすでに売り切れ!


P1080974

普段はほとんどひと気のない吉田神社なんですが、1年の稼ぎをこの3日間に集中して!という感じですね[E:coldsweats01]



P1080980

いつもはひっそりと鎮座している神鹿さんも、この日ばかりは大人気で「どや顔」です。

大元宮へ行く途中、末社のこちらへは行かなくては。


P1080982

わかります?名だたる京都の上菓子屋さんのお献灯。
そう、お菓子の祖先、非時香菓(ときじくのかくのこのみ)を唐から持ち帰った田道間守命を祀った菓祖神社。
お菓子屋さん、製餡業界、などの和菓子に関するお店の信仰も篤いのです。


P1080984

非時香菓=橘、といわれていますので、紋はやはり橘です。


P1080985

これからもずっと健康で、おいしい京都の和菓子が食べられますように、と祈りました。

こちらでは茶菓の無料接待があります。


P1080987

豆茶と半生菓子。(必死でお菓子を指でもって写しましたの)

P1080999

もうひとつお祈りしたい末社が、こちら!
寄進されたお店の名前をご覧下さい。
こちらも名だたる京の名料亭の名前がずら〜〜り。
やあ、行きたいとこばっかりやわ。
、、、、という料理の神様、山蔭神社。
おいしい京料理がたくさん食べられますように。

P1080992
天神地祇八百萬神という、全国の社3132座全てを祀る、というよくばりな大元宮。

この注連縄がつながった柱はどういう意味があるのでしょうか。
しらべてみましたがよくわかりません。
(←厄塚というものらしいです。vivasan 様からご解説いただきました。コメントをご参照下さい)




P1080993

それぞれ旧国名ごとに小さなお社に別れているので、私はふるさと備前国の神様にお参り。
どこでみなさんが拝んでいるかで出身地の色分けができそうですね。


P1090001

さて、いよいよ火炉祭のはじまりです。
夜の11時というのにすごい人でおしあいへしあい。
われわれのすぐ後ろで入場制限がされて、やばかったです。


P1090004

最初は人の頭しかみえませんでしたが、少しずつ流れてなんとか最前列でも見ることができました。

P1090020

熱くてその場所にとどまることができないくらいの火の勢いです。

火は天まで届け。
古い年の災厄を一気に燃やし尽くせ。
新しき年がどなた様にも幸多い1年でありますように。


posted by しぇる at 19:59| Comment(18) | TrackBack(1) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。