2012年10月09日

粟田神社・夜渡り神事 2012

おしかけ氏子[E:coldsweats01]であるところの粟田神社

今年の夏も境内の納涼ビアガーデンもきっちり参加させていただきましたし。

昨年は昼間におこなわれる神幸祭を楽しみましたが、夜渡り神事は風邪で断念。
P1000658

今年はそのリベンジですわ[E:bearing]


P1000649

三条通へでると、居祭所の剣鉾を見ることができます。


P1000656
ちょうど一の鳥居から道を清める松明が三条通へでてきたところでした。(18時すぎ〜)

P1000661

青森のねぶたの原型と言われる大燈呂もスタンバイ。
(江戸時代に絶えていた風流灯籠を、平成になって、京都造形芸術大学共催で大燈呂として復活)






P1000659

いよいよ夜渡り神事へ出発。



P1000660

今回新調されたえべっさんの大燈呂。

P1000671

一行は青蓮院前を通って、知恩院前の瓜生石のところまで。


P1000675

子どもたちも行列に加わり、笛や太鼓でにぎやかに。

その行列のかけ声が

♪ 「じゅうにんでほ〜い、出雲でほい」



最初「住人」??
と思っていたのですが、ほんとうはこれのことでした。




P1000676

提灯が12こついた十二燈のことを「じゅうにん」とよぶそうで、出雲地区の十二燈がいくよ〜、という感じでしょうか。


P1000685

瓜生石の前にもうけられた祭壇を大燈呂が巡っていきます。

ちなみに瓜生石は知恩院黒門前にある、不思議な石で、知恩院ができる前から埋まっていたそう。
表面に出ている部分はその石のほんの一部に過ぎず、地下に巨大な部分がうまっているとも。

粟田神社との関係は、江戸初期に石の上に出現したといわれる御金札の言い伝えによります。
その金札には「感神院新宮(粟田神社の旧社名)」と銘があったために粟田神社へ納められたとか。


P1000693
知恩院さんご入場。黒門から。


神事は「れいけん」ともいわれるのですが、その言葉の由来は不明。
おそらく「霊験」であろうといわれています。


P1000694

神官と僧侶が同席するこの不思議。

神仏習合の風習を今に残しているのでしょうか。

神官による祝詞、僧侶によるお経、、、を交互に。
なんだか妙な気がしますが、ありがたさも二倍?かも[E:coldsweats01]
P1000707


祭壇の両脇には、もっとも由緒のある阿古陀(カボチャ)鉾と地蔵鉾。

左手前が瓜生石。




P1000690

行列も後ろに控えて神事を見守ります。


P1000701

黒門前には大松明。



P1000711

ついで神官を先頭に瓜生石を3回巡拝。





P1000716
ご一同様も太鼓や笛の音に合わせてにぎやかに。



P1000719

十二燈もいくので

♪ 「じゅうにんでほ〜い、出雲でほい」

さらににぎやかなのがこちら。








P1000730

御神輿の鳴り鐶を持った男二人が

ほいと〜ほいと〜



P1000732

よ〜いよ〜い

で二人が四人になり、新しい二人にバトンタッチ。

その間、しゃんしゃんと鐶鳴りのすがすがしい音が。
これを聞くと祭魂に火がついちゃいますね[E:happy02]








P1000736

一連の神事がおわり、黒門へおかえりの知恩院様。

これから大燈呂はじめ、祭の一行は氏子中を夜10時ごろまで練り歩くのです。

残念ながら、おしかけ氏子だから、うちのほうにはけえへんなあ[E:sad]


posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

粟田神社・納涼ビアガーデン2012

私は左京区住民なんですが、お隣の東山区・粟田神社には、準氏子として(そんなんありか?)せっせと催しに参加しております。

557081_488856077806761_570709069__2





なにしろ粟田神社氏子さんたちは、力をあわせて秋の大祭の粟田大燈呂を復活させたくらい熱い地域の方たちなんです。
地域のお祭りってなんだか懐かしくて憧れるしなあ。

京都七口のひとつ、粟田口にあるこの神社は、平安時代からの長い歴史のある神社で、祇園御霊会とも関係が深く、御祭神は祇園社と同じく素戔嗚尊。

実際、室町時代には祇園御霊会が行われなかったときは、粟田神社の祭礼をもってして代えたそうです。
(ふだんの神社境内の様子はこちらをどうぞ)
御霊会なので剣鉾もでるんですよ。



さて、今年もやって参りました、粟田神社・納涼ビアガーデン!


氏子の役員さん達がおぢさんもおばさんも浴衣やエプロン姿でサービスしてくれるんですよ〜。


P1020715


二の鳥居のあたりには、もうたくさんの自転車が。

P1020692

ちょっとしんどい坂をのぼると、そこはもうビアガーデン!


P1020696

すでにたくさんの方がビールやおつまみならぬ夕食(?!)をお召し上がりです。
ほぼ同じ時間帯なのに昨年の倍くらいの人が来ていて、座る席がない!

やはりこの暑さがきいているのでしょうか。



P1020694

でも、ここは平安神宮の大鳥居を見下ろすくらいの高さなので、心持ち涼しいような気がします。


P1020698

どう見ても家族の夕食の食卓が移動してきた、、、という感じの方もおられ、私のようなよそさんもいて、わざわざきはった観光客もおいでのようです。

それでも主役はやはり地域の老若男女で、あちこちで
「や、どうも」とか、
「みなさん、おそろいで」とか、
あいさつがあちこちでかわされています。

粟田神社を中心とした地域コミュニティ力の高いエリアなんですねえ。
いいなあ。



P1020702

まずはビール♪




P1020706

ほろ酔いで良い気持ちになってきたところで、沖縄民謡がはじまりました。
P1020710

もっと遅い時間にはフラダンスやカラオケもあるらしいので、こりゃみなさん、盛り上がるだろうなあ。





P1020711

かき氷もあるよ♪


P1020713
能舞台にのっている、このお人形、なんだかわかりますか?
秋の大祭に、H20年から復活された大燈呂のミニチュアなんです。

この本物の大きいのが氏子地域を練り歩くのを、昨年画像にとりましたので、ご参考までにご覧あれ。

向かって右から、法然上人、ヤマタノオロチ、素戔嗚尊、子狐をくわえた合槌稲荷(粟田神社一の鳥居の北向かい)。

昨年はこのビアガーデンで前原さん(国会議員の:ここが選挙の地元です)をお見かけしましたが、今年はこの方!

P1020714
(いっしょに写真を撮るとは、超ミーハー[E:coldsweats01])


そうか、信三郎さん(一澤帆布)って、ここの氏子さんだったんだ。
そういえば、、、



P1090780

ちなみに北向稲荷は粟田神社の境内にある摂社です。

こられた方に団扇を配る係りをされていましたよ。
シャツなんかもさりげなくおされ〜[E:lovely]
良い味だしていました。



もっと日が暮れるまで、いたかったのですが、諸般の事情によりビール1杯で後ろ髪ひかれながら退去いたしました。

京都ってこんな地域のお祭りがあるから(祇園祭も実は盛大な地域のお祭り)ええわぁ。
posted by しぇる at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

下鴨神社〜みたらし祭2012

昨年出かけて以来、年中行事になりそうな、下鴨神社・みたらし祭

チャリで行けるし。
朝5時半から夜10時過ぎまでという長丁場、早朝もなかなか良いと聞いてはいるのですが、なにせ強制されない早起きはほんと苦手。

よって結局今年もおしまい間際の夜の参拝となりました。
P1020622
夜になっても涼しくならない熱帯夜、おぼろな月もにじむような夜の糺の森。
いつもは真っ暗なはずですが、、、




P1020621

二の鳥居まで、屋台がつらなって明るいこと。

P1020629

でもさすがに10時近くになると人の数は少なくなります。
P1020633
みたらし祭は足つけ神事とも言われ、下鴨神社境内にわき出す御手洗川に足をつけ、無病息災を願う夏祭り。
毎年土用の丑の日前後におこなわれ、平安時代に夏に流行する疫病を避けるため、厄払いしたことが起源とか。


P1020634

名物みたらし団子は、この御手洗池から湧いてくる泡をかたどったものといわれていますが、私はこの提灯を見るとそ泡を連想してしまいます。


P1020636

献灯料として200円お払いして、いよいよ御手洗池へ。


P1020639

1年の内で、この神聖な池に足を入れられるのはこの時だけ。


P1020641

ロウソクや提灯の灯りが水の面にゆらゆらゆれるのは、とても幻想的。
う〜ん、早朝もさることながら、やっぱり夜の方に軍配が。


P1020644
(お目汚しスミマセン。適当にスルーしてね)
膝の少し上までの水深(私の足の長さ比)。

水はとってもつめた〜い!
そして気持ちいい〜!
熱帯夜だからこそ、よけいにありがたい。



P1020645

献灯の火元となるロウソク。
こちらで火をいただいて、、、

P1020646

消さないようにそろそろ水の中を歩きます。


P1020648

この時間でこれくらいの人ですから、ちょっと前までは芋の子を洗うが如くだったかも。


P1020652

ロウソクをおさめる。


P1020653

水面に映るロウソクの火はゆらゆらと。

向こう側に見えているのが御手洗社。
この水がわき出る(ということになっている)井戸の上に鎮座されています。


P1020656

御祀神は瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)。
川の早瀬の穢れを清める祓神、水神、瀧の神、河の神だそうです。

そういえば先日行った宇治の、橋姫はもともと瀬織津比売だったという伝承でした。

池からあがって、しばらく冷たい水の余韻を楽しんだあとは、、、
P1020666

P1020663




御神水をいただけます。

P1020661

ペットボトルを持参するのを忘れました!
名水点てができたのに、、、



P1020662

入れ物は「鴨のくぼて」とよばれるかわらけ。
くぼて(窪手)は神前に供える物を盛る器でもともとは葉っぱで作られた容器。

このかわいいお碗は下鴨神社の売店でもとめられます。



P1020668

帰る頃には神社の門がまさに閉められようとしていて、あとでもとめよう、と思っていたみたらし団子はもう店じまいしており、あてがはずれました。残念。


帰りの夜道、李朝家具・陶磁器の憧れのお店、川口美術さんのディスプレーを拝見。


P1020669

李朝の小櫃にのった李朝白磁にさりげなく桔梗。
どきどきするほど美しいな。

ええ目の保養もさせていただきました。
posted by しぇる at 00:03| Comment(8) | TrackBack(1) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。