2011年11月04日

冷泉家住宅一般公開

かつて京都に住んでいた頃、あれは同志社大学の一部で、そのうちのなにか由緒ある古い施設だろう、、、、とてっきり思っていました。

それがいつのころからか、和歌守の家として有名になって初めて、あれが冷泉家だったのか〜といまさらながら。

冷泉家、といえばまず私はメディアにもよくでてくる七夕の乞巧奠を思い出します。

P1130907


昨年、文化博物館で開催された王朝の和歌守展
も行きましたよ。

説明するまでもなく、俊成、定家、為家の和歌の神様のような方々を祖にもつ名家です。
P1130916

天皇がまだ京都におられた江戸時代の御所周辺の地図です。
今は御苑にとりこまれてしまった近衛家、九条家、閑院宮などの文字が見えます。
これらのお公家さんたちは、維新とともに東京へいってしまったため、建物は残っていません。

けれど冷泉家は維新の後も京都にとどまり、そのおかげで空襲で焼けることなく、御文庫(冷泉家伝来の貴重な典籍、古文書をおさめる。今でも冷泉家の信仰の対象として、当主は参拝されています)もうしなわれることがなかったのです。

なにが幸いになるかわかりませんね。
冷泉家ファミリーだけでなく、今にその古文書や典籍を見ることができ、現代まで唯一残る公家住宅(江戸時代)を見ることができるわたしたちにとっても。




P1130908

今季、この数日だけの一般公開です。
(例によって、写真はNGですので、画像ありません。)

まず表門を入ってすぐ見える立蔀。
腰掛け待合いみたいな、供待ち腰掛け。
広くて、おくどさんの残る台所土間。

お座敷には唐長の牡丹紋の襖が。
数年にわたる平成にはいってからの大改修で、白っぽかった襖紙の裏から、かすかに判別できる牡丹紋様が発見され、これまた唐長にのこっていた江戸時代の牡丹紋版木から復元したものとか。
ここらへん、いかにも京都らしいお話。


お庭の中には小川が流れ、内庭には左近の梅(古代は桜でなく、梅だった)右近の橘(かわいい実が黄色に色づいていました)、乞巧奠のしつらえをするのはどこらへんかなあ。

ふと見上げると周りにそそりたつのは赤煉瓦の同志社大学の建物。
まあ、マンションなんかにかこまれるようりは良いかも。

当主が日々礼拝した御文庫は、残念ながら後ろ姿しか見えませんでした。

屋根はこけら葺き、瓦も屋根の曲線もどことなく優美でかわいらしい感じがします。
武家風でも寺院風でもない、これが公家の雅なのね。

現在この住宅は重要文化財なので、冷泉家の方々はもうこちらには住んでおられません。
いろいろな季節の行事や和歌会などの時にだけ、ここを使われるようです。

まず、住んでいたらお掃除たいへんそう。
それに冬寒そう、、、、
座敷の裏に当たる場所の建具がサッシになっていたのは、ここにお住まいだった頃の名残でしょうか。




P1130910

あんまり写真がないのもさびしいので、表門の留蓋瓦の玄武といわれる瓦を。
こちらは阿吽の阿。

P1130912

こちらは吽。

玄武は四神相応で北の守護神。
かつて冷泉家がもともとあった場所が都の北の方だった、ということに由来するのだそうです。

おまけ。


P1130911

菊。

出口近く、やたらと梶の木があっちにもこっちにもあるのに気づきました。




P1130909

そうか、乞巧奠のとき、梶の葉は主役ですものね。


わが家の梶は全然分葉しないのですが、こちらの大木にも分葉が悪い木もあって、まあ、梶の木ってそういうものなのね、と妙に納得。


冷泉家を辞し、東に歩いて加茂大橋西詰のCafe BonBonへ。
P1130915

ここは昔銀行の倉庫だったんですよ〜。
高い天井にそのころの名残が。


P1130913

私は加茂大橋から見る大文字が一番すばらしい、と思います。


posted by しぇる at 21:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

岡崎・あかりとアートのプロムナード

20111010175547_01_400


先日お知らせしました岡崎あかりとアートのプロムナード行ってみました。(なにせ自宅から徒歩5分ですもの)



京都市主催で4年くらい前から始まったとか。

今夜はあまり寒くなく、ぶらぶら歩きにもってこい。

岡崎、昼間は観光客でごったがえしますが、夜暗くなってからはお店は早じまいするし、人っ子一人いない、、、と言っても過言ではないのです。

それがきょうは美術館はじめお店やカフェもあいているし、人出もあります。(いつもよりは、、、)




P1130720

平安神宮大鳥居もライトアップ。

そしてこのイベントの一番人気は「岡崎ときあかり」。

プロジェクション・マッピング(壁面の形状や意匠にあわせてデザインする)という手法で市立美術館の壁面を一大スペクタクルにするイベント。

まずはごらんください。

あなたのご存じの見慣れた市立美術館がどう変身するか。





P1130730



P1130732

    !!   [E:coldsweats02]


P1130733

ぐにゃり



P1130735

そのうち、どのパーツがほんもので、どのパーツがバーチャルなのかわからなくなります。



P1130761
P1130765

美しい音楽とともに、一服の物語絵巻を見るようです。


P1130766

おお!


P1130767


拍手!拍手!

一体どこからどう投影しているのか、あたりを見回しましたがわかりません。
すごいなあ。(←機械音痴のおばさんのつぶやき)





P1130738

いつもの道も燈火にてらされて。


P1130739

武田五一による明治の名建築、府立図書館もライトアップ。

美しい景色です。


P1130740

この時間、まだお勉強中の方も。


P1130742

京都会館前のライトアップ。
岡崎にすっかりなじんでいるこの名建築、壊さんといてほしい。

P1130745

みやこめっせのサンクンガーデンのライトショウ。

P1130746_2
P1130747


京都造形美大の学生によるねぶた。
今年のテーマは「数学」なのだそうです。

うーむ、スペースシャトルをとばすには数学は不可欠だものなあ。

そしてそして、私的に一番ツボにはまったのがこちら。


P1130749

近代美術館のふきぬけロビーに突如出現した、利休もびっくり!の段ボールと板でできた二畳の茶室!!

(昨日TVでみた「へうげもの」アニメにでてきた、方広寺の利休の茶室みたいではないか!)





P1130751

天井は美術館のふきぬけをそのまま借景として利用。
待庵以上の広がりを感じまっせ。

P1130752

床の花は絵。

P1130753

床の間も畳も段ボール。

P1130754_2

一瞬、隅炉に見えた部分も段ボール。

P1130756

でもちゃんとした茶室になるんですよ。
躙り口もありますし。

この茶室、直向庵と名前まであって、スペースデザインカレッジ京都校の作品。

折りたたんでポータブル、という点では秀吉の黄金の茶室の段ボール版ですね。

さて、こちらを辞したあと、また少しあてどなくぶらぶら。
あかりと(いつもよりの)にぎわいを楽しみつつ、お家にかえりました。

30日までです。
週末はもう少し賑わうかもしれません。

プロムナードエリアにある好日居さんでも30日、一日限りのcandle barがひらかれるそうですよ。いいな。
posted by しぇる at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

cafe 火裏蓮花〜高倉通りあたり

5回来てみて、運よく中へ入れる確率が1〜2回、という難関カフェがございます。

P1120995
柳馬場を御池から少し下がったところにあるcafe火裏蓮花さん。

なにが難関なのかというと、まずはすごく細いろうじの入り口がわからずすどおりしてしまう。
でもいちばんの問題は5回のうち3〜4回はお休み、、、なこと。

そう、この不定休がクセモノで、私はなんどこれで店の前まで来ながら回れ右をしたことか。

今日はどうかな〜、、とろうじの奥にどきどきしながら入っていって、カーテンが閉まっていなかったら超らっき〜[E:happy02]




P1120997

はい、この日は5回のうちの1〜2回にあたったようで、入れましたわ。

こちらも町家を改修したお店です。
玄関近くのあいている席へ。

P1130002


火裏蓮花(かりれんげ)とは珍しい名前です。

お店の方のブログによると、「中国の故事による。火の中のような逆境の中でさえ、さらに美しく強く咲く花」、だそうですが、ちょっと調べてみると禅宗の要義を集めた「人天眼目」という書物にこの言葉がでてきました。

「火裏蓮花朶朶開(かりのれんげだだひらく)」

燃えさかる火のなかにも次々と花をさかせる蓮花、、、なんともシュールな光景ですが、ひとたび大悟して自由自在の境地を得た者には火の中にも花は咲くであろう、、、ということでしょうか。

ま、それはそれとして、評判のBピラフ、食べないとね。

P1120998

バターライスに唐揚げ、きのこのドミグラスソース。

マスターが学生時代アルバイトをしていた、同志社ちかくの今は無き喫茶店「チルチル」の看板メニューだったそうで、こちらで昔通りのレシピで復刻されたとか。

残念ながらそのチルチルという喫茶店は記憶していませんが、う〜ん、学生にはありがたいおいしくて食べ応えのあるメニューですね。

P1130001

コーヒーとプチ・コーヒーゼリーがもれなくついてきます。
ここはね、スイーツも手が込んでいて、泣かせるんですよ〜。
(今回はBピラフでおなかいっぱいだったので、食べられませんでしたが)

そしてここでこんなポスターも発見!



P1120996
京町家・風の会さんが毎年主催してはる町家ショップスタンプらりぃ洛中洛外・風散歩

いやあ、今年もはじまるんやねえ。(10月1日〜12月10日)

参加店はカフェ、レストラン、工芸品、本、衣料、などなど多種でいずれも町家。
お店をまわってスタンプを集めて記念品と交換、、、なのですが記念品ゲットよりも、ああ、こんな素敵なお店がこんなところに!と情報をえることができるのが魅力かな。(昨年は2回、記念品をゲット!)

そのなかで、今後にわたって自分の居場所となるようなお店をみつけることができたらもっとうれしい。

ちなみにこの火裏蓮花さんもこのらりぃで知りましたの。


P1130004

それにしても、このカフェさえもすごい細いろうじの奥なので、消防車なんか入れないやん、、、と思うのですが、このさらに奥にもろうじが続くのが驚きです。
御池のビジネス街にこんな不思議な空間がかくれているなんて、やっぱり京都やわ。


さて、所用あって高倉通りに沿って歩きます。
高倉小学校(六角下ル)の前で、こんなアートなお家を発見。



P1130006

これ、ぶらさがっているのはたくさんの吊り灯籠なんです。
吊り灯籠と、その一つ一つの影がからまって、複雑なオブジェの様になっています。
背景の壁が真っ白なのも、確信的に効果をねらってますね、これは。

もっといいカメラをもってきていれば、ちょっと芸術的な写真が撮れたのに、、、と思っていると、同じ事を考えたらしい方がでっかいデジイチでいろんな方向からこの壁の写真を撮っておられます。
う〜ん、フォトジェニック!
でもなんかのお店?普通のおうち?




P1130007


高倉小の南側には、祇園祭の菊水鉾で有名な「したたり」の亀廣永さん。

蛸薬師を西に入って、楽紙館本店へ。
(こちら文化博物館内にも支店あります)

P1130010

奉書をもとめに行ったのですが、ここにはありとあらゆる和紙関係の製品があるのにびっくり!
ステーショナリーも豊富なので、これは文具好きにはすばらしいワンダーランド!


P1130009

このおとなりには、楽紙館を経営している上村紙株式会社があります。
写真はないのですが、こちらは渋い町家です。
明治45年創業とか。
ここはもともと着物の畳紙(たとうし)を扱っておられた会社だとか。
今でも畳紙、こちらでもとめられるそうです。
さすが室町の近く。


用事がおわれば、やっぱり甘い物で一服ですわねえ。


P1130011

高倉通り六角東入ル、ご存じ太極殿・栖園
この大きな暖簾は季節で模様替えされます。
さすがに朝顔の暖簾はもうでてないようですね。



P1130012


月替わりの蜜を楽しむ琥珀流し。
9月は「葡萄」。

柿(11月)とミント(7月)と桜(4月)はすでに制覇しました。
コンプリート(4月~12月の9種類)までの道はまだまだ。
posted by しぇる at 21:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。