2011年05月01日

greenな五月

目にあざやかな緑が美しい季節になりました。

それなりに都会でありながら、これほど緑豊かな町は京都のほかにもあるのでしょうか。

東山三十六峰の緑を背に、疏水、鴨川の緑を愛でつつ、広大な御所にあふれる緑で癒される。
これがぜいたくでなくてなんでしょう。

都市の中で、東京よりも圧倒的に緑が少ない大阪に日々通っているのでよけいにそう思えます。


P1100298

国立近代美術館の裏手、疏水べりの緑です。
桜もすっかり葉桜になっています。

P1100300
白川の緑。

P1100307

これはご近所で例の卜半(唐子咲きの椿)を育てておられるお家の垣根です。

ちょっと前からテッセンのつぼみに気付いていましたが、ついに開花しました。

竹垣にからまる風情はそのまま茶席にもっていきたいくらいです。

P1100308

わが家の庭の楓もまぶしいくらい緑なので、それを少しいただいて家の中にも緑を。


P1100313

床の間にも。

う〜〜ん、、、短冊がこんどは短すぎてバランス悪りぃ、、、



P1100311

「薫風南より来たる」(柳公権)

殿閣微涼を生ず、、、と続くのですが、本来はこれ夏の詩なんです。
でも薫風といえば、日本ではやはり五月ですよねえ。

字は久松真一先生。


P1100314

上生菓子も桜色から緑系へ。
(吉水園さんの和菓子。躑躅と藤、、、だったかな)

P1100322




最近の花屋さんは洋花ばかりをあつかうところが多くて、茶花はどこでもとめたらいいのだろう、、、とずっとさがしていたのですが、意外と近所に茶花専門のよいお店を発見しました。

そちらでもとめた三つ葉アケビ。








P1100323

お値段も手頃なので、とってもうれしい[E:happy01]


posted by しぇる at 00:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都の日々 | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

出水の小川で宴会〜2011

今年も御所の出水の小川で、里桜を愛でながら、京都loveブロガーさんのお花見です。

P1100194

今年で5回目だそうです。
私は今年で3回目、でも京都からの参戦は初めて〜[E:happy02]

いままでは、遠いところからえっちらおっちら重い荷物をかついでくるのもしんどかったのですが、今回はチャリで10分ですのよ〜。

P1100204

なので、その日の朝に高○屋のデパ地下でこんなものもゲットしてもってくることもできるのです。

P1100191
写真いまいちですが、ここは京都のいろいろな上生菓子屋さんの生菓子をあれこれ選べる夢のようなコーナーなんです。

でもいつもは遅い帰りなので、1種類しか残っていないことも多々ありまして、このように15種類!大人買いできるのがうれしくて〜。

P1100193

私がいただいたのはこれ、水渦ですかしら。
出水の小川、みずのほとりにぴったりですわ[E:lovely]

酒盛りをするのになぜ甘い物を?
と思われたかもしれませんが、皆様甘い物でもお酒はいける、、、というだけでなく、もちや先生のミニ茶屋がひらかれているからですの。


P1100205

キャリーバッグにお茶道具をつめて、(写真には写っていませんが)大きなポットまでご持参くださいました。
そこでいろいろな種類の煎茶、和製紅茶をきれいなお点前でいれてくれたのが、もちや先生の助手(ウソです)お茶(+スイーツ)男子、AKH様。(HNはややこしいから却下)

私、煎茶道のお点前はみたことがありませんが、きっとこのように端整なものなのでしょう、、、と想像いたします。

P1100202

このように食べるものも皆様持ち寄りで、豪華豪華。
ぽん様は手作りのピクルスやビーツとビーフの煮物などなどご持参。

さすが〜!というくらいおいしかったです。(とくにピクルス!)

夢風庵様は手作りのご馳走はキケンなので買った物で、とおっしゃいましたが(なにしろ塩をひとつかみ入れて、と言われてほんまに指じゃなく手のひらひとつかみ塩をいれちゃったらしいので、、、)私も買った物でスミマセン。


P1100200

私の個人的好みで日本酒ばかり写しましたが、ワインもいっぱい並びました。
ちなみに右からvivasan様ご持参の、京都佐々木酒造の「九条」。九条葱の九条かと思いましたら、「平和憲法9条」だったのですね〜。
真ん中は同じく佐々木酒造さんと京都の水を考える・カッパ研究会とのコラボのお酒「雅多露(がたろ=河童)」、もちや先生ご持参。
左のは私のがんばろう東北!の祈りをこめて福島の大七酒造さんの「箕輪門」。

ちなみに高○屋の地下のお酒売り場では「東北の地酒フェアー」をやっていました。
昨今、風評被害で東北のお酒をおかないお店もあるとききましたが、見上げた心がけです。

ただし、お酒造りにたいせつな水脈が塩害にやられて、今年の仕込みはむつかしいかも、、、という酒屋のオヤジの言葉につらいものを感じました。



P1100197

この美しいうなじと、シチュエーションにぴったりの桜の耳飾り、、、はどなたかと申しますと、やはり御所で他のグループの宴会の幹事をしておられた、いけこ様。

今年もお顔をだしてくださいまして、ほんの短時間しかおられなかったのに、そのたちふるまい、気遣いのすばらしさに、またまた感動。(冗談ですが)「是非、息子のヨメに。」と言いまくっております。残念ながらすでに人のヨメですが。

去り際に、さりげなく他人の脱ぎ散らかした靴をさっと整えていかれた姿に一堂「ほ〜、、、」とため息。

あんのちゃん曰く、上人・中人・下人がいるように、上嫁・中嫁・下嫁で判断すると、上嫁やなあ、、ということです。

わたしらは下嫁ね。[E:coldsweats01](下々嫁、ゲゲゲの嫁、、、という説も)

あんのちゃんもがんばれ、と言いますと、「私はけっこうすごいんですよぅ〜」、、、らしいです。[E:coldsweats01]
早く園遊会へいける相手さがそうね。





P1100207

ついであいかわらずおもしろい夫婦漫才(?)をきかせてくれるカップル、二人静様、才谷くん。
なんとおふたりとも日本茶インストラクターの資格をおもちです。
で、二人静様に玉露をいれていただきました。お見事な手際で。

玉露って茶杯の底にちびっとあるのをゆっくり味わうのですよ。
う〜〜ん、玉露らしい玉露を久々にいただきました。
お茶つながりのお友達の茶庭様(HNは別ですが)もごいっしょに。

相変わらず異様な(?)テンションの才谷くん、ご持参のイタドリを皮をむいてむしゃむしゃと。
これ、意外といけます。すっぱくて、しいていえばスターフルーツに似ているかな。

彼と同郷のvivasan 様と(かくれ才谷ファン)私とで「虎杖(イタドリ)倶楽部」をたちあげることに(冗談です)。

vivasan 様には先日のユキワリソウの苔玉に続いてフタバアオイの鉢植えをいただきました。

P1100211

そういえばまもなく賀茂の祭(葵祭)ですね。
フタバアオイは京都に住むからには育ててみたい植物なんです。


P1100199

ぽん様のお供は、最近新しくシェルターからぽん様一家の家族になったムサ君。

私たちのたべものをねらったりせず、じ〜っとおとなしくしていました。
おりこうさんです。

わんことしては、もう中年ですが、いろいろ辛い思いもしてきたでしょう。
よくぞぽん様のところに来ましたね。
愛情をうけて、かわりに幸せを与えて、、、きっといい犬生をおくることでしょう。

ちょっと顔をだしてくれたMaikyちゃんも最近子猫と同居をはじめたばかりだそうです。そのためにわざわざお引っ越しまでして。




P1100192

それからそれから、もちや先生のお手製の募金箱。
(まあ、上にのっている盃はスルーして。)

みんな東北を応援しています。
これくらいのことしかできませんが。

今年も楽しいお花見宴会ができました。
今ある時間に感謝です。
posted by しぇる at 23:23| Comment(22) | TrackBack(0) | 京都の日々 | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

雪の東山

今朝いつも通りに出勤のため、朝早くバス停へ向かう道、ふとふりかえると、まあ!

なんて美しい東山!

P1090206
P1090207

昨夜来の雪にうっすら化粧をしているさまが、あまりにきれいなのに感動して、どうしてもアップいたしたく、、、、

やはり京都はいいです。
特に冬の京都はとても好きです。
posted by しぇる at 01:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都の日々 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。