2011年12月18日

一畳台目の茶事〜壺中日月長

いつものお稽古場に隣接して、先生のお宅には今日庵写しの一畳台目向切・向板の小間があります。

この年末のお忙しい時期に、4日間、ここで茶事をしてくださるとのこと。
懐石は先生の手作り、けれど裏方に徹されて、あくまで亭主・半東は社中の方々が日替わりでつとめられます。

この日の連客は全部で三人という理想的な人数、不肖わたくし、お詰をさせていただきました。


P1020215

待合いの火鉢。
折からの寒波で、木造の建物の中はひんやりつめたく、この熾った火はなによりのごちそうです。


P1140433
露地の腰掛け待合いに枝をさしかける紅葉。

席入り。

一畳台目という狭さのなかで、どのように軸、釜を拝見するのか、その動線は三人の息が合ってないと混線してしまいます。
亭主と正客がそのまままっすぐお辞儀をすると、頭がこっつんこするので、少し体をずらします。

そとは寒い木枯らしですが、一畳台目は釜がかかっているだけで、とてもあたたかく、居心地の良い空間です。
客三人と亭主で直心の交わりをするとしたら、うってつけの広でしょう。
(夏場は若干暑苦しいかも)
ここで寒い冬の夜、夜咄の茶事なぞしたら、身も心も温まりそうです。



P1020220

懐石はアツアツでしかも生姜や柚子など、体が温まる食べ物で、先生の心づくしに感謝しつついただく。

中立後は濃茶、後炭、薄茶。

今年六月、拾翠亭で、お仲間とさせていただいたチャリティ茶会のときに、使わせていただいた宇治田原、かねまたさんの抹茶が、あまりにおいしかったので、今回再登場。

この「宇治みどり」、ほんとうに苦みというものが全くない、すごいお茶です。


薄茶をいただいた沓形の古い黒織部は、お茶を飲みきったあともしばらくは、ほかほかと手の中で湯気を上げていました。
薄暗い茶室でこんな風情はすばらしいご馳走であります。


P1020234

入ってまだ1年もたたない京都でのお社中ですが、先生にも先輩方(私の方が歳は上ですが)にも恵まれ、篤く感謝です。

帰り道は寒風の中、白川沿いの道を歩いて帰りました。
桜はもうつぼみをつけているようです


今日のお軸は「壺中日月長」。
出典は後漢書。

狭い壺のなかに、宏大な仙郷がある。


深読みをすると、、、、
狭い壺とは、自分をとりまく人間関係であり、自分の知識の範囲であり、日常生活であり。
そここそが仙郷=なにものにもとらわれず、融通無碍な心のはたらきをすることができる場所である。

つまり、日々の暮らしの中にこそある真理に気づけということか。

P1140437


茶席にはよく禅語の軸がかかります。
知らない言葉はいつも調べるようにしているのですが、そうしているうちに、(あくまで私個人の解釈ですが)禅語の多くが異口同音にこれと同じ事をいっているのではないかと思うようになりました。


「処々全真」すべての場所に真理が存在する。
「明歴々露堂々」真理はすべて目の前にあるではないか。
「平常心是道場」平々凡々たる日常のなかにこそ、真理はある。
「正法眼蔵」目に映る物すべてが仏法の真髄である。
、、、、、などなど。

真理はどこか高くて遠いところにあるのではない。
日々の暮らしを、自分の持ち場をしっかり守って生きていく。
「柳緑花紅」、季節がめぐれば、当たり前のように咲く花も、その当たり前さが尊いと思い生きていく。
それでこそ「日々是好日」、辛い日も悲しい日も今日が最高の日であるとうけとめて生きていく。

そういうことなのでしょうか。
少なくとも今の私はそう解釈して、簡単なようで到達し得ない境地ではありますが、少しでもそうなるべく日々を生きていきたいと思います。


P1020233



お茶事、壺中日月長からずいぶん話がとんでしまいましたが、こういうことを考えさせてくれるのも、茶の道に足をつっこんだ者の冥利だと思えば、つくづく茶の湯との出会いに感謝です。


posted by しぇる at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

炉を開く

文字通り、茶室の炉開きです。
かなり遅めながら。

先月初め、重さにつぶされそうになりながら炉用の畳にかえたのですが、炉はからのままでした。
先日おそまきながら、はじめて炉に灰をいれました。

P1140164

まずは炉に使う炭を初炭2セット+α、洗いました。
(洗わずにつかうと、炭の粉がいっぱい付着しているので火の粉がとんであぶない)


そしていよいよ、灰入れの準備を。

P1140166

というとご大層ですが、風炉の灰型とちがって、五徳、釜の高さをあわせるだけなのではるかに楽です。
参考にした本は淡交社の「灰と灰型」。
使用後の炭の始末、シーズンオフの手入れ方法までのっていて、お役立ちの本です。

しかし、、、意外と灰がたくさん要りますね。
わが家の五徳は鬼爪なので、ごつくて重い。

ですから、このくらいでいいだろうと五徳を炉におろすと、、、ズブズブ、、、っと灰の中に沈んでしまって全然高さがたりなくなってしまいます。

結局10kgくらいは使いました。

P1140167

しかし、でかい爪だなあ。
四方の灰の掻き上げはまだ未完成。
これはいよいよ炭をおく段階になって、湿し灰をまいて完成させる予定。
ちなみにうちの炉は土壁。

釜をかけてみます。





P1140170

柄杓をおいてみて高さ調整して完成。
(ほ、、ほんとは柄杓の合は落とさないといけないことにあとから気づく。恥!!)

P1140171

木地の炉縁をいれてみます。
小間なので、木地。塗物、蒔絵などは使わない約束です。
(小間はもともと侘びた茶室ゆえ)

これに炭をいれるのはまだ先になりそうですが、とりあえず準備はOK。


今日、かんたんな盆点てでおもてなしを。

P1020045

盆点てといえども、軸を掛け、花をいけるとちょっと雰囲気があらたまりますね。


P1020046

白侘助はわが家の。
照り葉は桜、近所の某所から夜中にこっそりいただいたもの。[E:coldsweats01](よそのお家のじゃありませんよ)
posted by しぇる at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

金戒光明寺・黒谷さん〜西翁院にて心茶会錬成茶会

今年も学生心茶会の錬成茶会がめぐってきました。

もう何年も前から、1年に一度のこの茶会に必ずでかけています。
一昨年前までは、わざわざ京都市外からでも。



P1140220

場所は黒谷さん(金戒光明寺)、今は家から徒歩圏内。
で、ここはジモティ御用達の裏道。
雰囲気のある道で、連騰式の町家をみることができます。


P1140222

山門は大修理の最中で、景色的には残念なことになっています。[E:wobbly]

P1140223_5

こちらも階段のバケツやなんかが残念ですが、塔頭のひとつ常光院。
右手の碑は琴柱をかたどっています。
ここは箏曲の八橋検校がねむる場所なので。



P1140224

それなりの紅葉。
この階段をみると私はいつも大河ドラマ「新撰組!」のテーマ曲が頭の中を流れるのですが。
(幕末、京都守護職の本陣であり、新撰組はその配下にはいった。TVのロケもこの境内でたくさんおこなわれたので。)



P1140225

今年は楓より、桜の紅葉の方が美しいですね。

P1140227

階段を登ると市内がみわたせます。
左手の方に小さく、京都タワーも見えています。


P1140230

墓地へ通じる道の、これはお見事!な楓。

P1140232

墓地の中の階段をゆけば正面は文殊塔。
体育会の学生サークルでは、この階段、「墓場コース」というかっこうのランニングコースになっています。


P1140234

真如堂へぬける墓場の道の紅葉。
それなりに赤くなっていますが、昨年はもう真っ赤な落葉が地面を被っていましたので、今年はかなり遅いようです。

参考までに昨年の同じ時期の同じ場所の写真、のせておきます。



P1070901




P1140235

墓地におおいかぶさる紅葉。
見事なり。
ここまでは観光客はほとんどきませんので、つかのまの静寂の中での紅葉を楽しみました。
そうして見上げていると、かさっ、かさっ、、、とかすかな音が。

その音の出所をたしかめてみると、、、


P1140236

風で木からぽとっと、ドングリが落ちてくるときの音でした。

真如堂へぬけたかったのですが、そうそう、茶会に来たのだった、時間切れ。


P1140238

錬成茶会ではすっかりおなじみの西翁院へ通じる道。
西翁院は非公開の塔頭、宗旦の弟子であった藤村庸軒ゆかりの寺であります。
(道安囲いを持つ、淀看席が有名)


学生時代最後の錬成茶会もここだったと記憶しています。


P1140239

こちらも紅葉は例年よりはいまいちです。
P1140240

さて、年に一度の錬成茶会、毎年参席して、お茶に向きあう気持ちの原点を確かめるのを常とします。

掃き清められた露地に、前日遅くまで掃除をがんばったであろう学生達の姿を思いやります。
さらにその向こうに、学生時代の自分をみるのです。

よその大寄せ茶会ではつきもののざわつきが一切ない、静かな茶室で松籟に耳をすませます。
襖のむこうで、席中の気配を耳でうかがおうと、息をこらしている水屋総指揮の姿を思い浮かべます。

丁寧なお点前の所作一つ一つに教えられることもたくさんあります。

30数年前に使っていた道具に再会できるのも楽しみ。
茶碗などはその年月の間に成長するのですよ、ほんと。

心茶会の大先輩が語って下さる久松真一先生の逸話をお聞きするのもまた楽しみのひとつです。
いつも、久松先生に直接指導いただいた世代の方がうらやましい、、と思います。


大名物などはでませんし、華やかさもありません。
それでもこれが理想の茶会です。






P1140241

今年は偶然にも同じ時代を共有した、心茶会の後輩に30数年ぶりに会うことができました。
学生時代、彼をきびしく指導した、、、らしいです。(きびしくした記憶はないんだが、、、[E:coldsweats01])

彼も私と同じく、卒業後はお茶とは全く関係のない時期が長かったようですが、どのような縁のめぐりあわせか、また心茶会へもっと直接的にかかわることになったそうです。
こうしてひきもどされるのは不思議な話ですが、もしかしたら必然なのかも、、、しれません。

学生時代に心茶会に出会えた幸運に感謝。
posted by しぇる at 00:11| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。