2009年12月13日

神戸ルミナリエ〜2009

小雨模様の中、今年も神戸ルミナリエへ。


P1030565

神戸の街の夜景はきれいだな。


P1030566

ケーニヒスクローネの三宮店。


P1030569

神戸大丸のおしゃれなオープンエアのカフェ。

こんなに神戸がまた元通りになるとは、15年前には思わなかった。

でも世間では震災の記憶は風化していき、ルミナリエの始まった意味もいつしか忘れ去られて、震災後に産まれた子供たちもたくさんいて、自分の中でもあの震災とその後の非日常的な月日は、時とともに風化していきそう、、、、。


P1030573

なのに、この景色が目に飛び込んでくると、一足飛びにあの当時の気持ちがあざやかによみがえる。

なんだか胸の奥からこみ上げる物がある。

不思議だな。


P1030574


ルミナリエと同期して、もうひとつこの時期に思い出すことがある。

震災のその年の11〜12月に放送されていた深夜のドラマのこと。つまり14年前のドラマ。

震災に傷ついた神戸の街、人、の再生への祈りをこめた心に残るドラマだった。

もうタイトルすら正確にはおぼえていないけれど、サブタイトルはたしか「震災後神戸の街にはじめてたったクリスマスツリー」だったような。

なんと主人公がデビューまもない吉本の石田靖君だったのだ。(当時はほぼ無名。その他の出演者も有名な俳優さんではなかったと思う)





P1030581


ヒロインの女の子は異人館・うろこの家で働いていて、そこでであった名も知らぬ男性に一目惚れ、どこに住んでいるとかも知らずに恋心をいだきます。

そこへ平成7年1月17日、阪神淡路大震災が、、、。

思う相手が生きているのか亡くなっているのか、たずねるすべもなく、ひたすら嘆く彼女。うろこの家も閉館され、職を失い、変わり果てた神戸の街で鬱々と悲しみの日々をおくっています。

そこへ大阪からきたというカメラマン志望の男性が(石田靖ね)神戸へやってきます。

大阪人のノリで気軽に彼女に話しかけ、悲しみの影をやどす彼女に次第に惹かれていくのですが、彼女の心を別の男性が占める、と知ります。

彼女への恋をあきらめ、その悲しみを理解した彼は、それを癒そうと、まぼろしの相手をさがしはじめます。

この間、震災を受けた神戸の街や人の様子も描かれています。

カメラマンは次第に撮影対象として、再び立ち上がろうとする人々の力強い明るさをとりあげるようになります。

その写真を見、カメラマンのまごころの暖かさに触れた彼女は少しずつ彼に心を開いていきます。

しかしなかなか幻の君はみつかりません。

代わりに彼女をなんとか元気づけよう、とカメラマンは神戸の街に大きなクリスマスツリーをたてよう、という計画を思いつきます。

震災から約1年、それでも復興まではまだ遠く、避難所から出られない人たちも、仕事を失った人たちもたくさんいました。

クリスマス気分なんてだれも浮かれることはできなかったのです。

だからこそ!震災後神戸の街に初めてクリスマスツリーをたてるんだ!

みんなが元気になるように、みんなが明日を信じてがんばれるように、このツリーが希望に光になるように。、、、、と。

もう彼女だけではなく、まわりの人々をまきこんで、カメラマンはツリー計画実現にむけて走り出します。


彼女も手伝い始めます。


そこへ、あの例の幻の君が彼女の目の前に。

震災後しばらく外国へ行っていて、やっと帰国したとのこと。

夢にまで見た幻の君、、、なのに、彼女の心は思ったほど舞い上がらなかったのです。

いつのまにか彼女の心を占めていたのはあのカメラマンだったのです。




P1030583

クリスマスイブの夜、ついに神戸の街に震災後はじめてのツリーが点灯されました。

その木の下でカメラマンと彼女は、、、、、あとはもうおわかりですね。

深夜の時間帯の放送だったので、ずいぶんマイナーなドラマでしたが、あの年の雰囲気を良く表していて、なんだか今でも心に残っているのです。

この時期、ルミナリエとともに思い出します。

年々薄れていっても、なにかのひょうしに心の奥深いところからひょっこり顔をだす震災の記憶の一つであります。


posted by しぇる at 21:05| Comment(14) | TrackBack(0) | 神戸・阪神間さんぽ | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

パティスリーモンプリュの超人気のお菓子とは?

先日気をもたせてしまった神戸のお菓子の話です。(こちら

神戸海岸通りのフランス菓子のお店、パティスリーモンプリュ、ここの超人気で生産が追いつかないお菓子はこちら。


003l
(写真はお店のHPからいただきました)

パートドゥフリュイ、というコンフィズリー。

コンフィズリーはフランスの砂糖菓子のことで他にもムラング(メレンゲ)、ギモーヴ(マシュマロ)、キャラメルなど。

パートドゥフリュイはゼリーのようでゼリーでない。ゼラチンを使わずフルーツピューレをペクチンと砂糖の力だけでかためたもの。

この5種類(フランボワーズ、キウイ、アプリコット、洋梨、ピーチ)がひとつずつはいったセットを実はお使い物に考えて買いに行ったのですが、、、。

「もうここにあるだけしかないんですよ。」といわれ、種類もそろわない。[E:shock]

5種セットはあきらめて、そこにあるだけを全部(といってもたくさんはなかったんですが)買い占め!

あとムラングやギモーヴと組み合わせました。

でもどれもちょっと感動もののおいしさなので、受け取った皆様、お許し下さい。

(あんのちゃん、おいしいといってくださって、ありがと〜[E:happy01])

最後にひとつだけのこった半端なフランボワーズのパートドゥフリュイ、自分でいただきました。


P1030272

別天地のおいしさでございました。[E:lovely]


   *   *   *

パティスリーモンプリュ Mont Plus

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号 TEL/FAX:078-321-1048 Open10:00~19:00 Close火曜日
posted by しぇる at 22:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 神戸・阪神間さんぽ | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

神戸・元町〜レトロビルウォッチング

阪急三宮から、この高架下の猥雑な商店街をとおりぬけて元町へ。


P1030216

いろんな種類のお店があるので歩くのが楽しいのだが、、、、、ありゃ〜、、、朝早すぎてまだどこもシャッターしまってるわ[E:coldsweats02]

元町駅から南下して南京町をとおりぬける。


P1030220_2

こちら有名な南京町広場。

P1030222

すでに老祥記でゲットしたとおぼしき肉まんにかじりついているカップルあり。

さてさて、目的はここ。



P1030224

海岸通りのパティスリーモンプリュ


P1030225

お菓子だけでなく、お菓子作りの道具も種々販売されています。

実はおつかいもののお菓子を買いにきたのですが、なんとそのお菓子、超人気過ぎてたくさんないのだとか、、、[E:shock]

予約もおいついていないそうで。仕方ないので、あるだけのものを買い込んだので、ちょっと見栄えの悪いお使い物になってしまった、、、、。

でも味は保証しますわ!

何かって?[E:happy01]えへへ、、それはまた後日。

店を出て、せっかくここまで出かけてきたのだし、旧居留地のレトロビルハンティングを敢行することに。









P1030227

まずは神戸銀泉ビル。

昭和9年建設。旧・神戸住友銀行。


P1030230

高いアーチ窓が印象的。


P1030232

神戸郵船ビル。大正7年建設。旧・日本郵便神戸支店。

ヨーロッパ的でもなく、日本的でもなく、、、こういうのアメリカ的?というのかしら。


P1030234

バックに新しく追加で建てられた近代ビルを背負う海岸ビル。(NOF神戸海岸ビル)
P1030235

装飾的な窓がおしゃれ。大正7年建設。旧・三井物産神戸支店。


P1030236

こちら「近代化産業遺産」のプレートが。

→(ウィキからの引用)
幕末・明治維新から戦前にかけての工場跡や炭鉱跡等の建造物、画期的製造品、製造品の製造に用いられた機器や教育マニュアル等は、日本の産業近代化に貢献した産業遺産としての価値を持っている。しかしこれらの産業遺産は、よほどのもの以外はその価値が理解されにくく、単なる一昔前の産業設備として破却されてしまうことも多かった。

、、、、で、歴史的価値のある物を保全、活用するために授与されるもの、、、らしい。

ちょっと中にはいってみると、、

P1030237

だいぶん補強はされているようだけれど、高い天井は往事をしのばせます。


P1030238

外に見える赤いおしゃれな日よけは?


P1030240

商船三井ビル。

大正11年。旧・大阪商船神戸支店。


P1030241

正面から見上げると、商船の名前からか、大きな船の舳先を見上げているような錯覚を。


P1030243

このごつごつした壁がユニーク。


P1030244

上のごつごつしてない部分との対比が美しいと思いました。


P1030250

チャータードビル。昭和13年。

旧・英国チャータード銀行神戸支店。

P1030255

横からみたところ。

ほんとうにレトロビルと一口に言っても、こんなにバリエーションがあるとは、、、。


P1030248

ここの入り口はこんなレトロな回転ドア。

「PUSH RIGHT 右側を押す」と書かれているのは昔からのものなんでしょうか。


P1030252

こちらのドアも回転ドアです。

コーヒーでもいただこうと中に入ってみましたが、まだ開店していないとのこと。早すぎました。

でも写真は撮らせていただきました。


P1030256

高い天井が銀行らしいでしょ。


P1030258

左奥の金庫だったとおぼしき分厚いドアに注目!


P1030261

このアメリカンコロニアル的な建物は旧居留地十五番館。

旧・アメリカ領事館。これは重要文化財で居留地内で一番古い建物だそうです。

ここはカフェレストランになっていて、以前ここでクリスマスディナーをいただきました。

クリスマスにこんなすてきな洋館でなんてロマンチックだったでしょうね[E:lovely]と思うでしょ?

、、、、相手が弟じゃなかったらね〜、、[E:sad]

さて、そろそろ時間もきたので駅に戻ろうとしたら、、、、


P1030263

おや〜、えらいおおぎょうな工事が?

あたりをイタリア人とおぼしき現場の方が走り回ってるし、、、、とくればもうおわかりの方もおられるでしょう。


P1030265

そうです。来月の出番を静かに待つ、ルミナリエの設営がもうはじまっているのです。

実はこのあとぴゅ〜っと大阪へも用事でおでかけ、帰宅は夜になりました。

なので、お留守番のこの方々に思いっきり文句を言われましたわ。


P1030211

「帰るのがおそすぎるわよ!!」


P1030214

「もっと早く帰ってきてね。うるうる、、、」
posted by しぇる at 22:59| Comment(12) | TrackBack(0) | 神戸・阪神間さんぽ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。