2008年08月19日

チェコ紀行〜プラハ・1

『アマデウス』というウイーンが舞台の映画のロケが、ウイーンではなく、実はプラハで行われていたということはご存じでしょうか?

モーツァルトやサリエリが駆け回った18世紀のウイーンそのものの街が、プラハには何の細工をせずとも、(かなり広い範囲にわたって)ある、ということですね。

そこは世界遺産の街であり、世界的な観光地だけあります。

事実、昼間からかなり遅い夜にかけて、旧市街の小路という小路、広場という広場は観光客でいっぱい!しかも耳を澄ますとありとあらゆる言語のるつぼでした。


Imgp4361

(きっと人がいっぱいだと思ったので、早朝、7時くらいに旧市街に。案の定、うそみたいに人通りがなくて、美しい街を堪能できました。)


チェコ公用語はチェコ語。ドイツ語がわりと通じて、ついでロシア語も多かったような。ただ、英語の順位低いです。

うれしいことに、かなりの割合のスペイン語圏観光客がいて、スペイン語が少しききとれるとうれしかったり、、、。



Imgp4364

初日は朝のうちから雨がぱらついて、寒い!日本準拠装備だったので、なおさら寒い!

10月終わりから11月はじめくらいの気温。続きを読む


posted by しぇる at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | チェコ紀行2008 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。