2009年02月11日

心斎橋大丸・キルトフェスティバル

ちょっと遠方に住むキルト友にこんなチケットをいただいたので、、

P1040566


久々に会いたいと思ったこともあって、心斎橋の大丸へおでかけ。


P1040546

ほんまにめったにこない心斎橋。

道行く人はやはりキタに比べると平均年齢若いです。

若者の街やね〜。

大丸はそごうとほんとにお隣。まもなく経営統合されて、「そごう」は消えるらしい。

けっこうあそこの「心斎橋筋商店街」好きだったのに、、、


P1040537

キルトフェスティバルですが、某有名キルトスクールのスクール展のようでした。

中の作品はもちろん写真に撮れないのですが、今回の目玉はスクールの作品の他にいくつか展示された英国のアンティークキルトです。

解説によると、なじみ深いアメリカンキルト(中綿をはさんでキルトトップと裏布をキルティングする)とちがって、英国のキルトは中綿がないそうです。

開拓時代、アメリカでは物資が乏しいので端布で寝具をつくる必要があったわけですが、英国のは主に貴族階級が使っていたそうで、寝具や布は潤沢にあったため、キルトは装飾としての意味がつよかったとか。

制作もプロの職人にまかせたものも多くて、アメリカンキルトとは少し雰囲気がちがいます。

それでも各作品の細かい手仕事は、気が遠くなるような根気の積み重ねだと、尊い思いがします。

19世紀のものが多かったのですが、当時これを一針一針ぬったであろう女性の姿を想像して、時代やファッションは変われど、きっと私たちとかわらない悩みが喜びがあったんだろうな、、、と思ってみたり。

スクール展の作品はバラエティ豊か。

でもはやりの派手派手な色の作品はちょっと苦手。

ほっと落ち着ける淡い色の作品にひかれます。今回着物の端布が使われた作品が多いのが印象的。

なかでも着物地と、加賀紋のような古典的意匠の刺繍の組み合わせの作品が印象に残りました。

そして、ふと我に返って会場をみてみると、、、

う〜〜ん。ほとんど、おばさま〜おばあさまばかり。

そういう年代が一番いまキルトに夢中、ということですね。

そして、、、自分も、まだ若い、と思っていたけれど、客観的にいうとその年齢分布グループにどっぷりはいっているのを自覚[E:coldsweats01]あ〜あ、、、



P1040538

会場を出るとそこはありとあらゆるキルト・手芸用のグッズや布の山!

P1040539

ほしい布がたくさんあったのです。

けれど、今忙しくてちょっとキルトから遠ざかってるのに、使わない布ばかり増えるのも、、、、とぐっとがまん。


P1040541

そんな私をしりめにあれこれ布を物色する友です。

P1040558

で、かろうじて、これは必要だろう、と買った物はこちら。

濃い色の布に印をつけられる黄色のシャープペン。

今まで色鉛筆の白を使っていましたが、すぐ先が丸まってちゃんと印がつけられなかったので、これはお役立ちのはずです。

え?こんなん、ずいぶん前からあったって?

ええ〜と[E:coldsweats01]私は知りませんでした。

P1040547

最後にキルト友にいただいた和布と綿棒の先(手足です)で作ったブローチです。

ありがと〜。かわいいです[E:heart01]


posted by しぇる at 22:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

手作りもん・2種

<その1>


京都は白川べり、知恩院近くのアンティーク着物、古布のお店、やゝさんで買った古布です。



P1040416

やゝさんでは着物もさることながら、古布の端布の豊富なことといったら!

特に昔の子供が着ていたであろう、べべの柄や色がポップで。

これもおそらく子供の晴れ着だったのではないかしら。

この一枚の布で、いろんな柄の部分を使えるので手芸用にはお得な模様。


P1040417


古布で細工物を作るのに、あると雰囲気出るだろうと買っておいた紅絹(もみ)が役立ちます。

こんな感じで縫って、、、、

[E:wobbly]でも絹はふにゃふにゃ柔らかくて縫いにくいったら、、、。

まっすぐ線を引いたと思ってもゆがんでるし、、、



P1040419

こんな感じにつないで、、、


P1040420

なんとなく球体にして、、


P1040423_2

綴じて鈴をつけて、、、はい、七宝薬玉のできあがり!

縫い目が粗くてとじ目がはちきれていますが、そこはご愛敬で、、[E:coldsweats01]



P1040425

あと5〜6個作って、ひな祭りのさげもんにしようかと思ってます。


<その2>

これも先日、京都の山梨製餡さんで手に入れた白餡。

P1040441

これを使ってこなしのお菓子にまたまた挑戦。(前回のはこちら

小麦粉、餅粉を混ぜて蒸して、こなしを作ります。


P1040445

今回は色は淡めで、なかの黒いこし餡も山梨さんのもの。



P1040446


中の餡が少し少なかったので、相対的にこなしの部分が多くなって、分厚くなってしまいました。




P1040447

なので、中の餡はとてもおいしかったのですが、こなしはちょっと粉っぽいというか、味はう〜〜〜ん、いまいちでした。

和菓子作りのむつかしさを思い知ったのであります。

お茶事に自作のお菓子、、、というのもまだまだ夢やな〜。
posted by しぇる at 22:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

パッチワーク・キルト教室の作品展・2008

先日まで、この作品展へ出すため必死で追い込まれてキルトをしていた私です。[E:coldsweats01]

なんとか出展に間に合い、今日はお当番で会場に詰めていました。

先生からブログにのせてよい、と了解を得たので、いくつかの作品アップしてみます。

特に、先生の作品がすばらしい!!


Imgp5748

会場はこんな感じ。

Imgp5750


Imgp5738

Rose,roseというタイトルのバラのモチーフのキルト。

照明が暗くて、色がいまいち出ていませんが、うすいきれいなピンクのグラデーションです。


Imgp5757

ナインパッチをつないで。

これも薄いブルーグレーがきれいな色。


Imgp5740_4

圧巻はこの「砂時計〜未完成作品」

実は時間がなくて、キルトできておらず、端も切りっぱなしなのですが、それでも迫力あります。

かえってうるさいキルトはない方が美しいかもしれません。

色のグラデーションの付け方がほ〜っと息をのむほど見事で、すごく計算されているのです。


Imgp5741_2



離れてみると、各モチーフの真ん中の白いところが四つ葉に見えますが、実は直線だけで構成されているのです。


Imgp5751

そして、、えへっ[E:coldsweats01]私の苦労した1年がかりの作品。

1m以内には近づかないで下さい。(近寄ると雑なのがバレバレ、、)

他の方の作品が、ほんわかとやさしい色使いな中、唯一パンチの効いた色使いになってます。

あは、、性格がでてるのかも、、、[E:coldsweats01]

ここからは、先生のお得意、布絵シリーズ。




Imgp5743

布の色は既製品に思うような色がないとき、ご自分で染めておられます。


Imgp5744

唯一生徒さんの布絵作品。

一幅の絵ですね。


Imgp5745

見に来ていただいた方にダントツ人気がこの秋の風景。


Imgp5746

萩の花のアップです。こまかいです、ほんと!

絵心がないと、こういう情景はデザインできません。


Imgp5753

「祈りへの道」とタイトルされた作品。

先生はクリスチャンなので、教会のお仕事もされています。

だから自然と風景にも教会がでてくるのでしょう。

そして、私が一番好きな「ホワイト・クリスマス」。白いポインセチアです。


Imgp5754

墨絵にも通じるような、日本人好みの作品。

あ〜、こんな模様の帯あったらほしいな〜なんて思いつつ、見ていました。


この日、作品展にかこつけて、長い間会っていなかった友人が来てくれて、話にも花が咲きました。

思い出を共有できたことは、大切な財産の一つ、そう思いました。



さあ、作品展でまたモチベーションがあがったので、また来年に向けて新しい作品の案を練らないと、、、
(って、いつもぎりぎりまで苦しむんだけど、、、[E:coldsweats01])
posted by しぇる at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。