2011年05月05日

晴れの国へ〜ふーテトママ様と再会

連休中、親のご機嫌もとっておかねば、、、というわけではありませんが、実家の岡山へ。

新幹線で約1時間、便利よね〜。
私が学生の頃は1時間半はかかったものですけれど。

P1100501

私電ではありますが、路面電車が走っているのが自慢の町です。
この電車で幼稚園から中学まで通いました。

さて、この期間毎年、○善さんのイベントがありまして、昨年の5月このイベントでふーテトママ様に初めてお目にかかったんです。

そもそもキルトと猫のブログのご縁でしたが、その後、中学の先輩だったことがわかったり、他にも地元にまつわるいろいろなご縁があることがわかりとってもびっくりでした。

その二ヵ月後には、やはりキルトと猫のご縁、nnya様と三人、雨の中崎町でデートもしました。(女3人寄れば、、、、でよ〜しゃべりましたね。)

キルトデザイナーでもあり、先生もされておられるので、夏にはご自宅までおしかけて、ご指導の下畳のへりバッグまで作っちゃって[E:happy01]

素敵なお家(さつきとメイのおうちみたいなんです)に、(ブログではいつも笑かしてくれる)ふーくん、テトちゃんという猫ちゃんとお住まいで、とってもおしゃれで素敵な方なんです。(憧れ[E:lovely])

P1100493
今年もキルト用の布や畳のへりバッグのキットなど、イベントで販売されるとのことで、またお目にかかりたく参上いたしました。


P1100494

わ〜い、ママ様だ。

実は私のために畳のへりバッグをつくってくださっていて、最後のリボンを綴じつけてくださっているところです。

背後のバッグがみんな畳のへりでできているんですよ。
おしゃれだし、丈夫だし、実はできあがりからは想像できないくらいにわりと簡単にできるんです。(まあ、不器用な方には程度問題はありますが[E:coldsweats01])



P1100496

手芸用の畳のへりも、どんどん進化して、透け感のある夏向きのものや、白や生成といった色まで登場。
こんなのをみていたら、どんどん作りたくなってきますね〜。

それにしても、またまたいろんな事を、ようしゃべりました。
ママ様は話題も豊富で、とても楽しかったわ。

話の中で、共通の知り合いが次々に発覚するのがまたすごい!

20年足らずしか住んでいなかったのに、生まれ育った町の絆って、すごいなあ、、と改めて思ったのでした。


P1100495

いただいたバッグはこちら。
微妙な透け感がすてきです。これからの季節にぴったり!
きものにも合いそうです。

ママ様、ありがとうございました!!

また、ふーくん、テトちゃんにも会いたいわ。

さて、実家へのおみやげは、、、、

P1100491

実家で好評、亀末廣さんの「京のよすが」、通称「四畳半」。

季節毎にかわるお干菓子、半生菓子のセットです。
見た目も美しく、とても上品なおいしさ。
特にこの青楓、ねっとりした干琥珀、最高です。


あわただしく日帰りしましたが、駅ではこんな電車を発見。

P1100503


おお〜!
九州新幹線、「さくら」。

新大阪以西だから、京都では見られないのよね。

写真では色が飛んでいますが、うすいきれいなブルー。
青磁の色、、、かしら。

P1100505

夢中でバシバシ写真を撮っていたら、「そこのカメラの方、黄色の線内にはいらないでください!」の放送が!

え? 私?[E:coldsweats02]
でもでも、線内には入ってないよ〜、、、とふりかえったら、他にもずら〜っとカメラをかまえている方が、、、

ああ、よかった。
私じゃなかったのね。
ほっ[E:coldsweats01]


posted by しぇる at 22:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ROUND ROBIN QUILTS

英語でround robinというとスポーツの総当たり戦とか、(順序がわからないよう円形に署名した)請願書、抗議文書という意味だそうです。

でもそれにキルトがつくと、とても楽しい意味になるんですね〜。

今日は西宮北口のギャラリーでおこなわれている「パッチワークキルト合同作品展」にお邪魔しました。

作品を出しておられる6人の方々は、いずれも教室をお持ちのキルトの先生方です。
ふーテトママ様(畳へりバッグでお世話になりました→)がブログを通じてお知り合いになられた先生がおられるので、ここまでおいでになるとのこと、ここはわが家からも近いのでちゃっかりごいっしょさせていただきました。


P1070302

ママ様から「すごい人たちで”爆縫い”されているような方たちなんですよ〜。」とお聞きしていたので、私みたいなひまなときだけキルターとしては、ちょっとおそろしかったのですが、皆様、作品はいうにおよばず、とてもすてきな方々でした。

先生方の作品、生徒さんの作品、どれも力作で、キルトの目がめちゃ細かくて、色あわせがすてきで、デザインも秀逸で、、、もう圧倒されました!

いつもこういう作品を拝見させていただくと、(作品の質はともかく[E:coldsweats01])私もがんばらなくっちゃ!とめちゃくちゃ気合いがはいります。

次の作品作りへのインスピレーションもいただきました。(その前に早く今の作品完成させろよ〜)

中でも感銘をうけたのが、そのラウンドロビンキルト。

6人の先生方がそれぞれ真ん中のメダリオンの部分を作ります。それを順繰りに次に回して、そのメダリオンの廻りを作ります。さらに次に回してその廻りを囲む部分を作ります、、、、、で6人で一周して真ん中を作った方の元に戻ったとき、それぞれ6人が合作した6枚のラウンドロビン完成です。

制作過程はお互いにないしょなので、元に戻ったときの驚きと、喜びはいかばかりでしょう。想像できるようです。

どの作品も浮いた部分がなく、すっきりと統一されたカラーで完成していて、とても6人がばらばらで作られたとは見えません。

センターメダリオンを活かした色選び、デザイン制作、もし自分のところで失敗したらどうしよう、、のプレッシャー、、、お互いの力量のみならず、人間的信頼がないと完成しないキルトです。




P1070312



皆様、年代的にほぼ同じくらい、人生の荒波もまだ渦中、いろいろな人生を背負いながら一針一針。


韓国の李朝時代のポシャギ、チョガッポの針の仕事を見たときと同じ感銘をうけました。
女の針仕事にはいろいろな気持ちがその一目一目にこもっているのです。

とてもよい物を拝見させていただきました。
おさそいくださいました、ママ様、ありがとうございました。

ところでママ様、会場の生徒さんたちから「きゃー!憧れのふーテトママ様〜」と熱い歓待をうけておられました。

なんと、ブログ村のランキング、パッチワーク・キルト部門で堂々の一位のお方だったんですね〜。
おみそれしました〜[E:coldsweats02]
posted by しぇる at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

畳のへりバッグ〜ふーテトママ様のご指導の下

週末は実家の岡山に帰っておりましたが、目的がひとつありまして。

岡山でキルトの先生をされているふーテトママ様のお宅でふーとテトに会うため畳の縁で作るバッグのご指導をうけたまわりに[E:coldsweats01]

ママ様とは中崎町nnya様と3人でデートした7月以来です。

P1070015

ここがママ様のお家。
きゃ〜[E:happy02]
トトロにでてきたサツキとメイのお家だわ〜!

P1070017

ドアも鶴首の門灯もおしゃれ〜。
なにより普段着なのに、こんなに暑いのに、ママ様おしゃれ〜[E:lovely]


P1070020

まあ、ブログで拝見したとおりのすてきな窓際のコーナー!(感嘆符ばかりでスミマセン)
こんなところで一日ひがなチクチクお裁縫、、、って憧れるわ、夢見るわ。
(今でこそ和風好みですが、40代まではカントリー命・loveだったの。)



P1070019

そしてそして、、、
きゃ〜!ブログのまんまのふーくん!

 [E:cat]「な、、、なんだよう、、」

すてきなミルクティー色の毛並みですこと。
実はスコティッシュではないかといううわさも。

P1070023

 [E:cat]「え、、えへん。実はぼく由緒正しい生まれなんです、、、なんちって。」

最初なかなか姿をみせず、現れてはスルリと隠れてしまって写真のとれなかったテトちゃん。

ママ様に指導を受けている最中なのに、いきなり「あ〜、テトちゃんがこっち向いてる〜」とカメラむけたり、、
(ママ様、ほんまにご無礼、スミマセンでした。)



P1070027

まあ、ちゃんとお顔を見せてくれると、なんてかわいいの〜[E:lovely]テトちゃん。

ええっと、、、

本題にもどりまして、畳のへりバッグ。
実はママ様のブログでいろんなバリエーションを見て、作ってみたくて作ってみたくて。

P1070040

畳のへりってほんとに畳のへりなんですよ。
つまり畳の端っこにまきつける色の付いた(たいてい地味な色)テープ。

これがまたしっかりとして、手で折るとちゃんと型がついて、なにより端が絶対ほつれないので縫い代の始末がいらないすぐれもの。

一体誰がこんなアイデアを!

キルターの憧れ、ママ様のBERNINAのミシンをお借りして、さっそく縫い始め。

あれ? あちゃ〜? わきゃ〜!

あ〜あ、手作り好きとはいえずいぶん不器用な方ですこと、、、とママ様にあきれられていたにちがいない。

せっかくのミシンが泣くよ〜。
こわしてませんよね?

と紆余曲折があって、、、





P1070036

なんとか縫い上がったものに手で良い感じにクセをつけてくださるママ様。


P1070037

コサージュも手作り。
実はこの写真に大きな失敗が写っています。(ナイショ、気付いた方もおられるかも〜)

P1070038

持ち手を付けて完成!

裏地を付けないでもかっちりしているのでOKだし、まち針をうったり、印を付ける必要もないんですよ。
目からウロコの簡単さ。(あ、もちろん不器用な方もそれなりに、、、[E:coldsweats01])

他にもいろんなタイプのバッグ、ポシェットがあって、もうどれもこれも欲しくなるおされなのばかり。
キットはレシピ付きでママ様のブログから購入できますよ。
(→

この畳のへり、バッグを作ってもいくらか残るので、ちいさなポシェットを作ったり、こんな名刺入れもできるんです。
すてきなアイデア。



P1070030

後ろは畳のへりのサンプル。
いろんな色がでています。多色使いもすてきなんです。

さて、、、、このお方達、、、、


P1070033

特に下のお方。
このバッグを完成させるまで4時間近くかかったのですが、その間ず〜〜〜っとこの場所からお動きになりませんでした。

しかも、、、、爆睡してます。
これで息できてるの?
苦しくないの?
というポーズで。



P1070029

これみて、人気ブログ(TVアニメにもなってる)「くるねこ大和」のすまん寝だ〜、、、、と思いました。[E:happy02]

ほんとに不器用な生徒で申し訳ない。
でも、ありがとうございました。
久々に、ミシンカタカタ、針でチクチクを長時間、楽しかったわあ。



<おまけ>

両親へのイタリア土産のカラフルパスタ。
ちなみに一番上の黄色・黒のはタイガースファンへのサービスどす。






P1070012
posted by しぇる at 23:06| Comment(14) | TrackBack(0) | 手作り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。