2008年11月07日

宙を編む手

Imgp5293_2
(兼六園 源氏香蹲居)





ちょっとうたた寝をしている間に、仕事の夢を見た。

いまは半分リタイヤ気分だけれど、30代、40代、一番責任も重く、気力も体力も充実していたとき、繰り返ししてきた仕事の光景を見、自分の手の動きを見た。

まあ、いまだ完全リタイヤではないのだけれど、おそらく人生で一番いそがしくて、しんどくて、でもそれが報われた時期のことを体が、心の底の底がおぼえてるんだろう。

その時にふともう30年ちかく前のある情景が目に浮かんだ。

その人は癌の末期で病院のベッドに寝ていた。


食事はもうのどを通らず、ベッドをはなれることもかなわず、悪液質が頭までまわって、時々譫妄におちいったりもしていた。

家族ともおりあいが悪いらしく、たった一人の息子も嫁もあまり顔をださない。

病床でひとりの長い時間をどういう気持ちで過ごしていたのだろうか。

ある日病室に入ったとき、その人の痩せた細い腕が宙でうごいているのを見た。

仰向けで、腕を上に突き上げて、、、、

あ、これは編み物をしているんだ!

と、瞬間気づいた。

若い頃編み物が得意だった、編み物で生計を助けた、と話を聞いていたから。

人の気配にその手はすぐ、ふとんの中にしまいこまれたけれど。

その時私はまだ20代で若く、苦労というほどの苦労を知らなかったので、それきりだったのだけれど、なぜかあの宙を編んでいた手の情景だけは忘れられなかった。

その人はしばらくして亡くなった。かろうじてやってきた息子夫婦だけに看取られて。

なんだか寂しい亡くなり方だったように思う。

この年になって、思う。

あれはあの人の一番忙しくて、でも幸せだった時代を体が思い出していたのではないだろうかと。

人生を一本の直線にたとえると「今」は中間点を越えて、終点に近くなっているのは確か。

だから時々考える。

自分の死に様はどうなんだろう。

死期が近づいたとき、一番幸せだった頃のことを振り返るとしたら、どの時代なんだろう。

くりかえしくりかえし、心も体もその時代をなつかしむだろうか。

死ぬときに自分をかこんでくれる愛する者ははたして、どれだけいてくれるだろう。

と。
posted by しぇる at 21:45| Comment(10) | TrackBack(0) | まじめな話 | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

がんばれ!安藤美姫

東京は関西より北なのになぜ桜の開花が早いのか?
少なくとも宝塚ではまだせいぜい一分咲きだし、、、。

今年も咲いたら夙川に行こう、、、。毎年きれいだよ、とても。


Il6chykx 一足早く、モロゾフの桜チーズケーキ。一口サイズでおいしいし、見ててとてもかわいらしいケーキです。


さて、ここからが本題です。

先日フィギュアスケート世界選手権が行われ、安藤美姫が優勝しました。浅田真央と1、2位を占める快挙でした。

でも去年まで、安藤美姫はキライでした。

ミキティー、ミキティーとマスコミにもてはやされて、それに慢心したのか、売りの4回転も一向に飛ばず、体もしまりがなくなり、それでもテレビではあいかわらずアイドル気取り。
こんな風に、彼女をだめにしたマスコミも、簡単につぶされた彼女もキライでした。

案の定、トリノオリンピックではさんざんの成績で、もう安藤美姫はだめだと思っていました。

彼女もスケートをやめようと思ったといいます。それが当然のリアクションだったでしょう。でも、色々理由はあったと思いますが、とにかく彼女は結果的にスケートを投げ出さなかった。

世界選手権に至るまでの数々の試合で、彼女は見違えるほどでした。なによりも精神的に安定していました。
昨シーズンとは別人のように体もしまり、インタビューへのコメントも心の成長と成熟がみてとれました。
静かな強い意志の力を感じました。

どん底を経験して、そこでくさらず這い上がってきた人間は本当に強い。
今シーズン、彼女の試合を見てきて、”キライ”を返上しました。
たとえ今回の世界選手権で優勝してなかったとしても、私は彼女を尊敬します。

よく考えると彼女はまだ19歳なんですよね。そんな彼女に精神が未熟だとか、マスコミにおどらされてるなんて、というのは酷な批判だったかもしれない。だからよけいにいまの彼女には19歳の若い子でも頭がさがるのです。
はたして自分が同じ立場だったら、また彼女のようにがんばれるかどうか、、、。

次のオリンピックには是非出場して雪辱をはたしてほしい。
どうかマスコミももう彼女をおもちゃにしないで。
今回の優勝にまた慢心することなくがんばれ!安藤美姫!


(おまけ)なんで冒頭モロゾフのケーキを出したかというと、彼女の今のコーチがモロゾフ氏だから、、、、なんちゃって[E:smile]
posted by しぇる at 00:28| Comment(2) | まじめな話 | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

代理出産に思うこと

某タレント夫婦が代理出産で得た子供は実子と認められない、という最高裁の判決がでました。
現在の法律ではこの判決は妥当なものだと思いますが、問題はそのあとです。
生殖医療の進歩に法改正が追いついていないのは確かで、法の整備は必至とはいえ、代理出産をすぐ認めるかどうかはよ〜く考えてほしいと思いました。

代理出産のみならず生殖医療の進歩は、体外受精から始まって、はてはクローン人間まで作り出すところまでいずれはいくのでしょうし、それに関しては賛否両論、侃々諤々、法律を作る方は追いつけなくてオロオロというのが現状ですね。


5l_axr5i (これは本文と関係なし。うちの猫の”しぇる”。なごみ〜[E:heart])


アメリカでは代理出産は(遺伝子的に実子の場合も、実子でないいわゆる仮腹でも)すでに数万例行われています。ただ日本人的感覚にはなじまないもので、日本産婦人科学会は禁止はしていますが法的拘束力はなく、すでに数例の代理出産が日本でも行われています。

アメリカでは宗教的に奉仕の精神があるから、出産という、時によって命の危険にさらされるリスクを冒してまで、代理を引き受ける人がいるといいます。
しかし実際は代理出産を依頼できるほどの富裕層と、健康、命をかけてでも、収入を得たい貧困層という図式がうかびあがってきます。

もし目の前にいる友人が子供がいないことを悩んで代理出産まで考えているといったら、私は同情して賛成するかもしれません。子供が欲しいという願いはわかるつもり。
でも子供ができないことは深刻な問題だ、といわれると
それってほんとに”深刻”な問題なの?
“美人じゃないから美人になりたい”という、ないものねだりとどれだけちがうの?
癌と告知された、生まれた子供に障害があるといわれた、そういうほんとに深刻なこととは本質的にちがうのでは?
と、考えてしまいます。

出産はほんとうに命に関わるリスクをはらんでいます。
他人に、それをおしつけてまで(本人がのぞんでいるとしても)我が子が欲しい、というのは何か抵抗を感じます。

問題はちがいますが、臓器移植も、目の前の身内が病気に苦しんで、移植で助かる、といわれれば移植を強く望むでしょう。でもそれは同時に臓器を提供してくれる誰かの“死”を望むことであることを忘れてはいないでしょうか。

以前では想像もできなかった医療の進歩に、法律だけでなく私たちの感情も追いつけません。こういう考え方はもう古い世代のものでしょうか?


Wtv9m3pu (息抜きに和みの猫ポーズ)


新聞にのっていた、ある大学の女性教授のコメント。
”子供がいないことが不幸だと思わせる社会の方に問題がある。”
基本的に賛成。
posted by しぇる at 01:15| Comment(2) | まじめな話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。