2012年03月09日

修二会〜お水取り2012

今年も奈良・東大寺、二月堂では修二会の本行がおこなわれています。

(お水取りについて、先月奈良に行った試別火(ころべっか)のころの記事で少し書きましたので、ご興味のある方は御併読くださいませ。昼のあかるいうちの二月堂とも比べられますのよ〜。)

お水取りのお松明はもう十数年前から、毎年欠かさず行っているので、このブログでも毎年くりかえしになりますが、それでも同じ時候に同じ仲間と、こうして行くことができるのはありがたいことだと、感謝しつつ。

たどるコースも毎年だいたい同じ。

P1150446

もちいどの商店街の萬々堂通則さんで、上生の「糊こぼし」を調達。
修二会の間、二月堂を飾る椿の造花を模したお菓子で「糊こぼし」と銘をつけられるのは、萬々堂通則さんだけ。


P1150453

東大寺開山の良弁さんのお堂に咲く椿も糊こぼし。


P1150452

奈良公園の中にあるお宿は青葉茶屋。
かれこれ30年くらい前から実は利用しているのです。



P1150454

宿で荷解きしたあとは奈良公園をつっきって二月堂へ。
昨年はほどよく咲いていた片岡梅林ですが、今年はごらんのように、まったくつぼみです。


P1150461

この若草山を胸にいだくような、くれなづむ浮雲園地が大好き。


P1150465

二月堂到着。
このころはまだそれほど人はいませんが。



P1150467
小口塗りの白が美しい二月堂。
奥の方、左端にちらっとみえるのがお松明に先導された練行衆が上堂される登廊。



P1150468

そろそろ日も暮れて参りました。

P1150469

ご覧のようにこのころになると、立錐の余地もないとはこのことか、と思うほど混み合って参ります。
P1150473

登廊から、いよいよ最初のお松明が登ってきます。
P1150474

練行衆上堂(お堂に入る)の独特の差懸(さしかけ・履物)の床を高らかにふみならす音も聞こえます。

P1150477


それほど信仰心などない私ですが、この火をみると、なんだか敬虔な気持ちになって、おもわず手を合わせてしまいます。

昨年はお松明を見に行って、すぐそのあとでした、あの大震災がおこったのは。

これから、お松明をみるたびに、あの日のことをずっと思い出すのだろうな、と思いました。
合わせる手にも今までとは少しちがう思いも。

天下安穏、五穀成熟、万民豊楽を祈り、十一面観音にひたすら祈願する修二会の間に、あの震災がおこったということで、少なからず衝撃をうけた練行衆もおられると聞きます。



P1150478

またこうして今年もお参りできたと、いつもこの時は、なにものかによって「生かされている」と実感する。
ありがたや。
あの震災の後なおのこと、さらにその思いを強くする。


P1150480

雨のようにふりそそぐお松明の火の粉をあびて、また1年、無病息災であれと。



P1150494

すべての練行衆が上堂されると、初夜の行法の始まり。




P1150497

外陣をとりまく局までは、女人でもはいることができるので、そこでしばらくお声明を聞き時を過ごします。
ゆらぐ灯明にてらされたお供えの餅(壇供・だんく)や、糊こぼしの造花、練行衆の影、南天などを垣間見つつ。



P1150503

P1150502

そしてお堂をでると、あれだけ人がいたのがうそのようです。



P1150505

お松明の名残のある登廊をおりて、帰路に。


P1150507

食堂(じきどう)の前ではもう翌日のお松明の準備が。



P1150509

ふりかえり見上げる二月堂。
練行衆の祈りが届きますように。

(真ん中がとぎれてみえるのは、ここに良弁杉というでっかい杉がたっているからなんです)


P1150510

練行衆の食事を用意するめったに中が見られない湯屋の戸が開いていましたので、ちょっとのぞき見。

P1150511
幻想的な雰囲気の夜の裏参道をとおって帰ります。

P1150512

今年もお松明の燃えさしをたくさんいただきました。

お宿ではこちらの名物、二月堂由緒料理を。

すなわち、練行衆たちが召し上がる精進料理をそれに似せたスタイルで。


P1150513

よって、膳は練行衆が古くから使っているという「日の丸盆」。



P1150516


練行衆は一日1食しか正式の食事をされません。


P1150517

なのでご飯もてんこ盛り、、、(かどうか、、?[E:coldsweats01])
このように、しゃもじをたてるのが作法なのです。

修二会、満行まで1週間をきりました。
無事終わりますことを。


posted by しぇる at 21:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 奈良さんぽ | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

修二会直前・試別火(ころべっか)のころの二月堂

奈良まで所用あってでかけました。
来月はお水取りのお松明を見に、今年も出かける予定ですがその前の二月堂もみておきたいと足をのばします。

P1150248

東大寺は南大門まで行かずに浮雲遊園をつっきって行く二月堂への道。

P1150251

昨年この遊園の真ん中に奈良県新公会堂。
こんな場所にわざわざ建てなくても、、、と私などは思うのですがね。

P1150252
大仏殿を背景に、鹿にエサをやるところを写真撮影中のハネムーンカップル(???)

P1150257

まずは三月堂(法華堂)にでました。
この柳は春にはここのランドマークになるんですよ。
現在ここは閉鎖中。
不空羂索観音と日光・月光菩薩がおられたのですが、ただいまは新しくできた東大寺ミュージアムへ仮住まい中。
やはりこちらのお堂で拝みたい。


三月堂の前の石灯籠に発見!

P1150259

この巻かれた注連縄は修二会のまえにおこなわれる結界なんです。

ご存じの方はご存じでしょうが、お水取りは実はお松明の期間(3/1〜14)だけではないのです。
2月の中頃より練行衆は、別火坊にて、俗世間を絶った生活、世間と火を別にする=別火(べっか)にはいります。

2月20日から試別火(ころべっか)。
この間本行中に着用する紙衣をつくったり、糊こぼしの椿の造花をつくったり(花ごしらえ)、灯心そろえをしたり、社参をしたり、準備をかさねます。

2月26日からは惣別火(そうべっか)。
この日から練行衆は別火坊から一歩も外に出られず、地面をあるくこともゆるされません。
なので前日の社参は暇乞い(娑婆へのおいとま)とよばれるのもおもしろい。






P1150260

この日は試別火の期間中ということになります。

この画像は開山堂の中をのぞいてみたもの。
開山良弁僧正をまつるこのお堂の中にあるのが有名な椿、糊こぼし。

まあ、のぞいてみても見えないんですけれどね。


P1150262

ここの坊の方が、練行衆になられたようです。
入り口に結界の注連縄が。





P1150264

本行の時を静かに待つ二月堂。


P1150266

ここもすでに結界されています。


P1150267

これをお堂側からみたらこんなふうになっていました。
毎年お松明のあと、のぼって前を通っているはずなんですが、気づかなかったなあ。

P1150268

上からのぞいたところ。


P1150271

お堂の正面(西)の吊り灯籠。



P1150273

裏側(東)のいわゆる瓜灯籠。
二月堂のシンボルかな。



P1150275

本行でお松明とともに練行衆が上堂してくる登廊。



P1150285

階段を下りた正面にある湯屋。
本行中の練行衆の食事をここでつくるとか。

ちなみに練行衆の食事は1日1回きりなんですよ。
そのため食事には体力をつけるようにと、献立にさまざまな工夫がされているとか。


P1150277

これがその食堂(じきどう)。
食事も行のひとつとして、きめられた食作法があります。

P1150278

食堂の向かい、正面の建物が本行中の参籠所。

P1150284

まだ青々としたお松明の竹です。
美しい、、、、。


P1150280

本行中、12日深夜、お水取り(香水・こうずいをくむ)がおこなわれる閼伽井屋。


P1150281

その屋根に鎮座する鵜。

修二会をはじめた実忠和尚の勧請に遅参した遠敷(おにゅう)明神が、おわびにと香水を湧かせようと約束。
飛来した二羽の鵜がとまった場所からわき出た御香水。
これが若狭井とかや。


P1150288

帰りは北側の大好きな裏参道より。

来月がはやくも楽しみです。


   水取りやこもりの僧の沓の音      芭蕉
posted by しぇる at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 奈良さんぽ | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

秋の奈良散歩・2011

今日はちょっと長いわよ。
途中で飽きた、、、なんていわないで最後まで読んでね。

P1130990

色づく奈良公園のよこを通って、まずめざすは奈良国立博物館、正倉院展

P1130997


雨だし、平日だし、これなら楽勝、、、、

と、思ったのは大きなマチガイ。

P1130994

入館するにも行列が。

入館後もいつもこんなに混んでいたかなあ、、、と思うくらいの混み具合で、展示物を最前列で見ようとおもったらまた並ばないといけないのです。
すごい人気だ、正倉院展。

今回のテーマは染色、織り、香かな。

かの有名な蘭奢待もでていたし、これは以前見たっけ。
いや、NHKの今年の大河でトヨエツ(織田信長)が切り取ってた場面を見ただけか、、?[E:coldsweats01]

一番印象に残ったのは七条織成樹皮色袈裟。
聖武天皇遺愛の袈裟で、綴れ織りに似た技法で織られたもので、印象派の絵のような見事なもの。
なんといっても話題は今年完成したこの袈裟の模造品が同時に展示されていること。

皇后陛下がお育てになった小石丸繭をいただき製糸して、龍村織物が織った物。
これがまた美しい織物で、これを見たあと再び本物をみると、最初気づかなかった縁の布の織模様まで見えて、さらに感動します。

いつも正倉院展にくるたびに思うのです。あらゆる工芸品の意匠は正倉院の時代にすべて完成していて、そのあとの時代のものはそのヴァリエーションにすぎないのではないかと。

人の多さにややストレスを感じたので、博物館内のこちらでお茶を一服いただく。


P1130995

興福寺の庭園から移築された織部好みの茶室、八窓庵をのぞみながら。


P1130996

薯蕷も正倉院御物によく見られる意匠の花喰い鳥。

P1130998

博物館を辞したあとは細い小路を北へ。

P1130999

大和路の秋はほどよく色づいています。
P1140039


P1140003


意外とみなさん、ご存じない穴場、依水園
国の名勝指定を受けている4000坪もある宏大な庭園なんです。

P1140004

数年前に来たときは大雪の日で、あちこち閉鎖になり、枯木ばかりだったのですが、良い季節にやっと来ることができました。

P1140010_2

依水園、実は二つの時代の違う庭園からなっているのです。
こちらは17世紀に奈良晒業者がつくった別邸の前園。
もうひとつの後園は明治になって、これもまた奈良晒の業者が、裏千家十二代又妙斎に依頼し作庭させた庭。

P1140012

これがその又妙斎がつくった茶室、清秀庵。
裏千家の又隠写しの四畳半、洞庫付き。
床には楊枝柱。



P1140017

茶室回りも数寄屋ですなあ。
P1140038

坪庭の宇宙。


P1140019

わお〜!
すてきな蹲居!
こうなるまでに何年かかったのでしょう。

P1140022

茅葺きの建物をめぐると、、、
これが見事な若草山と東大寺南大門まで借景にした眺望です。
東山、永観堂の多宝塔を借景にした野村碧雲荘を思い出します。



P1140026

茶室かな、と思いましたがどうやらこれはこの眺望を楽しむための四阿のようです。

この庭にはこんなものまで。

P1140029
P1140030

ドウダンツツジの紅葉グラデーション(=繧繝:うんげん→先ほど正倉院展で学んだ)

P1140033

これってタイサンボクの実?


P1140036

こちらは氷心亭。
床の間は桂離宮写し、新薬師寺の古材などをふんだんに使った造りだそうで、こちらでは若草山の借景をみながらお茶がいただけます。


P1140037

こちらの蹲居は菊・桐。
高台寺と関係があるのかな?

依水園ですっかりリフレッシュしたあとは、ちょっと虫養いをいただきにこちらへ。

P1140045

ここは東大寺戒壇院の近く。
二月堂の裏参道をいくとここに出ます。

工場跡のカフェ「工場跡」。
P1140047

大正時代に建てられた乳酸菌飲料の工場をリノベーションしたカフェ。


P1140048
奥の方に見える機械が工場だった頃のなごりでしょうか。

P1140049
P1140050

カフェスペースは事務所だったところだそうですよ。

P1140053

こんな窓際の長いテーブルがとてもステキ。



P1140054

コロッケバーガー。
パンの右下の鹿の焼き印に注目!


P1140056

イベントスペースには、工場でつかわれたであろう実験瓶なども飾られています。

こちらで少しお腹をみたしたあとはそのまま東大寺へ。



P1140057

大仏殿の前ではこんな方もお休み中。

P1140059

この秋グランドオープンした東大寺ミュージアム。


P1140060
今ここには改修中の法華堂(三月堂)の本尊不空羂索観音立像と日光・月光両菩薩像が仮住まいされているはず。
やはり日光・月光はあの薄暗いお堂でみたいものなあ。


東大寺から南下して高畑へ。
いつもの奈良散歩のときのお約束、あーとさろん宮崎へ。


P1140062

こちらはいつ来てもおちつきます。
ギャラリーだけれど、とてもおいしい珈琲がいただけるので。


P1140063

こちらでは「くら田たまえ百福展」開催中。



20111106_1622183

くら田たまえさんのちりめん人形はとても魅力的で幻想的なんですが、今回のお福さんは陶製。
だからお値段もぐっとお手頃。

100体あったのですがその時既に92体売約済み!

一番ひかれたのは、頭の上にお正月のお鏡餅をのせてるお福さん。
おもしろすぎる!自然と笑えてくる。
あ、当然売約済み。

でもお正月にこれ、飾ったらもうお鏡なんかいらないくらいにおめでたそうですね。

で、かろうじて売れ残ったこのお福さん、残り福としていただいて帰りました。
手のひらにかるくのるサイズなんですよ。


P1010934
posted by しぇる at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 奈良さんぽ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。