2009年02月09日

節分に豆まきしない保育園

P1040511

うちの梅は遅くて、やっと蕾がほどけてきた感じです。まもなく開花するでしょう。



忙しいです。

ここ数年で一番。

でも、これは京都へ移住するための第一歩なので、がんばらないといけません。


P1040507

   [E:cat]「手、かそうか?」

いいです。遠慮しときます。

あんたの手、借りてもね〜、、、、、




話は変わるのですが、先日のお茶のお稽古の時、時節柄節分、豆まき、という話題に。

ところが、大阪府下の某市の市立保育園で働いておられる若いお弟子さんが、自分とこの保育園では園児たちは豆まきをしない、とのこと。

ええ〜?なんで〜?とみんなびっくり。

幼稚園、小学校低学年では定番の行事でしょう。鬼のお面、作りましたよ〜。

なんと、「鬼は外」は差別・いじめを助長する言葉だから、、、市立の保育園、幼稚園ではしないように指導されるそうなのです。

(ちなみに私立はこの限りにあらず)


P1040505

橋本大阪府知事のセリフではありませんが、

    「バカですね〜!!」

ところが、話は節分だけでなく、五月の鯉のぼりもだめなんだそうです。

上から真鯉・緋鯉・子供の鯉の順番が男尊女卑をあらわすものだとして。

ふたたび

    「バカですね〜!!」

さらにクリスマスも特定の宗教に偏ってる、という理由でツリーはだめ、とか。

いったい何なら許されるの?とききたくなります。

お雛様はかろうじて飾ってもOKらしいですが、この論理で行くと男雛が位の高い左側(向かって右)なのも、お内裏様より下に家来たちがいるのも、衣装に差があるのも、男尊女卑、身分差別、、、ということまでいいだしかねません。

子供たちが小学校の時、等級をつけてはいけない、ということで運動会では一等賞はつくらせず、親が居ない家庭の子がかわいそうだからと、お弁当は親と一緒でなく、教室で食べる、、、などおかしな「平等教育」に頭をかしげたものでしたが、
保育園、幼稚園までこうだとは!



学校で平等、平等、劣等感をもたないように、もたないように、と現実から目をそらして守られても、実際の社会に出たらいっぺんに、そういう確実にある、いろんな意味での差別や遠慮ない他人の指摘にさらされるのはまちがいないのに。

そういう社会へ抵抗力のないままほうりだすほうが罪だと、思うのだけれど。

掲げた理想はわかります。

でもそれが波風たたせないで無事通過させるためだけに機能するように変質してるのではないかと疑ってしまいます。

ここで教育論をぶつ資格なんぞ、私にはありませんが、むしろ一筋縄ではいかない人生というものの手ざわりを、幼い頃から体感して、そういうときに自分はどう対処したらいいのか、どういう大人や友達が頼って良い相手なのか、学ぶべきだと思うのですが。

豆まきもクリスマスツリーも鯉のぼりも知らないで、季節の微妙な気配にも鈍感な子供たちが増えないことを祈るばかりですわ。


お口直しに我が家の庭の微妙な季節の気配をお届け、、、


P1040513
昨年の花のこぼれ種から芽が出たネモフィラ



P1040516
こっそりうつむいて葉の陰に蕾をつけていたクリスマスローズ



そして、この季節にこんな大輪のバラにであうとは!
P1040515


posted by しぇる at 14:44| Comment(14) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

「秘密の花園」

P1040404

寒いです。

寒いので、つい庭の作業がとどこおります。外出たくない〜[E:bearing]

でもこの時期、忘れてはならない作業が寒肥。

園芸店のHPによると、、、

木々が寝ている(=活動をストップしている)冬期に与えるのが寒肥。気温の低い時期に施しておけば、土中でゆっくりと分解され、新芽が動き始める春先には、ちょうど植物が吸収しやすいように分解されます。また、休眠期なので、根を傷めてしまう心配もありません。寒肥は12月から2月までの間に1回与えるのが一般的です。

というので、油かすや米ぬか主体の寒肥を庭の木の回りを掘って、入れてやります。

ついでにバラの肥料も。


P1040408

雪柳の芽はもうこんなにふくらんでいます。

来年にはもうこの庭とはお別れなので、できるあいだはちゃんと世話してやらないと、いけません。


P1040409

ドウダンツツジの芽はきれいな紅色です。

私たちが去ったあとは、しばらく放りっぱなしになるので、木々が生き残れるかどうかはわかりません。

植木屋さんには1年に1回は来てもらって枝の整理や雑草の処理はしてもらうつもりですが、、、


P1040411

ヤマボウシの芽。

この中にあの緑色のきれいな葉の素がつまっているのです。この不思議。

強い木は生き残ってくれるでしょうが、突然枯れてしまう木もあるでしょうね。


P1040412

ハナミズキ。

3〜4年前に小さい苗木で植えたのが、少しずつ背が伸びてきました。

小学生の頃、大好きで何度も読み直した、バーネットの「秘密の花園」。

あれは庭の花をこよなく愛した奥さんを失って、その庭を封印した男の物語でもありました。

あの庭は荒れ果てて、生きている物はなにもないような灰色の世界になったのです。

そんなかっこいいものではありませんが、この庭もそんなイメージになるのかなあ、、、

(と、いうより、雑草だらけのジャングルになりそうな気がするが、、、、、)

あの話の庭はその後、メアリーというかんしゃくもちのインド帰りの女の子の手によってみごとによみがえり、同時に男の家族も再生するのです。

よみがえった庭の描写がすばらしくて、ガーデニング好きの原点はこの本にあったのかもしれません。

そして、発見!


P1040413

なんと!この寒空にバラのピエール・ドゥ・ロンサール、重たい蕾をつけているのです!

なんてけなげな、、、おもわず涙がでそうでした。

私たちが去っても、こうやって、このバラは咲くのかな、、、

人のためではなく、ただ花として、無心に、、、、

         百花、春至って誰がためにか開く  (碧巌録)
posted by しぇる at 22:01| Comment(10) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

秋明菊の庭

風邪ひきました。

いえ、それなりに元気なんですが、今日はライトな更新です。

それに、いそいでアップしないと旬の季節が過ぎてしまいますから。


Imgp5190

いまの我が庭は、秋明菊、秋明菊、秋明菊、、、、です。

始まりは1株か2株だったと思うんですが、すばらしい繁殖力で、いまこそ盛りと咲き誇っています。

華やかな花ではありませんが、群生するとやはり圧倒されます。

Imgp5191


3年目、あんまり大きくならずひょろひょろしているので、今年はもう無理かな?

と思っていましたが、がんばってちゃんと実をつけてくれました。

小紫です。


Imgp5195


白ばかりだった水引草ですが、茂っていた萩の枝をはらうと、

おお、咲いていました!赤の水引!

これ好きだな。


Imgp5193_2

そしていいものを見つけました。

紅葉も落葉もまだなのに、ハナミズキ、来年の蕾をもう準備しています。


Imgp5187

そして、以前のせました、どこからか飛んできた種から育った溝の中のコスモス

咲きました!
posted by しぇる at 23:24| Comment(10) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。