2011年10月31日

シマちゃんとチャー君

昨年の夏、拾った子猫を見せてもらいに友人宅へ行きました。

その時のおてんばすぎるいたいけな子猫のシマちゃん。

P1060126

か、、、かわいすぎる、、、[E:lovely]

なのに1年ちょっとたったら、あなたって私を見てこんなにおびえるなんて![E:crying]

P1130793

耳ぺったんこ、しっぽはぼんぼんにふくらませて。

しかしそこはだてに猫歴ウン十年(実家にいた猫もふくめて)ぢゃありません。

まずは無視。
無理に近寄っても逃げるだけ。

なので友人とおしゃべりしながら、もう一匹(!)友人夫婦が今年また拾っちゃった、という子猫を相手に。

それは、こんな、、、、これこれ!

P1130794

カメラの紐にとびかかっちゃイカン!

こっちはまだまだこどもなので、人見知りなし!
性格もなんだかのーてんきそう[E:coldsweats01]



P1130797

エサをがつがつ。
おねえちゃんのシマちゃんのお皿もあらしています。

ふ、、やっと捕まえて、お顔をちゃんと撮りました。

P1130795

チャーです。(♂)
よろしく。


お鼻周りのぶちが愛嬌あります。


そうこうするうちに、ほら、シマちゃん、少し警戒モードをといてきました。


P1130798

まあ、大きくべっぴんさんになったわね。

チャー君ともなかよしで、飼い主にいわせると「これ以上のかわいい猫はみたことない。」(←完全な猫バカ[E:smile])

ここまできたら、猫マスターにとってはもうこっちのものよ。

おほほほほ。




P1130801

近距離撮影もOKのみならず、最後にはお鼻にちゅ〜もできました。

ああ、やっぱり猫はどんな子でもカワイイ。

P1010752
  [E:cat]「うちの方が美人や。」


posted by しぇる at 22:23| Comment(6) | TrackBack(0) | cats | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

ISO乙女会〜先斗町・卯月で川床堪能

なんということでしょう。
いつもお出かけの相棒、デジカメを忘れるなんて!

、、、、というので本日の画像は携帯画像なので、はなはだ不満でおはずかしい。
なにせちょっとばかり旧式なので、フラッシュ機能もありませんので、くらくなってからのお料理の写真はありませんの。
(しかも本分と写真、ずれてます。よみづらくてゴメン!)


110918_17530001


夕暮れまぢかの三条大橋。

蒸し暑い日でしたので、欄干にとまるようにして大勢の人が涼をとっていました。

連休なのでかなりの人出です。


*  *  *

本日はまたまた2ヶ月ぶりのISO乙女会、ISOJI乙女がつどいて、飲んで食べてしゃべってのお楽しみ。

今回はほぼフルメンバーで。


110918_17560001


たそがれの先斗町は大勢の人が行き交いますが、ここにきたのは何年ぶりでしょうか。

ほんに久しぶり。

知らないお店ばっかりだわ。



*  *  *

特にえらい行列ができてるお店があって、何かと思えば、ふわふわの雪のようなかき氷を供する茶寮ぎょくえんでした。


うわさには聞いていましたが、すごい。

まあ、来年の夏はチャレンジしてみようかな。


110918_17580001


卯の絵がかわいい暖簾が本日の会場、先斗町・卯月


川床があるらしいので、そこを予約。




*   *   *

実は前日大雨、当日も小雨がぱらついたり、こりゃ今日の床はなしだわ、、、と思っていたら、しっかりお天気はもってくれて、川床を楽しむことができました。


どなたか、最強の晴女がおられるようで。


110918_18030001

こちら卯月は卯庵グループの中では一番カジュアルなお店です。

大原の卯庵さんは1日1客の茶懐石がいただけるし、紫明の卯庵さんは元は随筆家・岡部昳伊都子さんが住んでおられた大正時代のお屋敷だし、まあちょっとお高いのはなんですが、一度いってみたいですね。


*  *  *


この写真ではさっぱりわかりませんが、格子戸の上の欄間は波兎になっていて、なかなかの時代のもののようです。


こちらはいわばウェイティングルーム、ここから鴨川の方に向かって奥に入ると、、、

110918_18130001_2



黄昏の川床です。



*  *  *




*  *  *




鴨の川風(ほんとうは蒸し暑い)、くれなづむ東山、ああ絶景かな。

けれどビールがでてくるころには、だれも景色なんて見ちゃいね〜[E:happy02]



*  *  *


後期妙齢乙女5名、しゃべるわ食べるわ飲むわ、、、、

話題はあっちへとび、こっちへとび、なのにしっかりわかる。なにせ同じ世代ですから〜。






  *   *   *



110918_18200001






こちらは室内の席を川床から見たところ。


*  *  *



ちょっと、南こうせつや井上陽水、吉田拓郎の歌で盛り上がったあたり、いつのころに青春してたかまるわかりですよね。

あのころはみんなが同じ歌を知っていたような、時代の共通項というものが大きかったと思う。

ある意味、いい時代に青春してました。






*   *   *




110918_18210001


と、いっているまにあたりはすっかり暮れて、東山も見えなくなりました。





*   *   *



*   *   *



110918_18500001


とはいえ、私たちの世代は子どもたちのこと、老親のこと、まだまだ中心になって支えないといけない世代です。

それぞれいろいろ事情は異なりますが、日常たいへんなことはいっぱいあります。

それでもこんなひとときがもてることは、ありがたいことであります。



*  *  *

あ、、、とうとう1枚だけのお料理の写真をだしましょう。





*    *    *




110918_18450002_2



お造りなんですが、山芋のうさぎがキュートでしょ?




*   *   *


ぽん様夢風庵様みゅう様花咲おばさん様、ありがとうございました。


で、早速次回は日程を早めに決めて、予約の取りにくい某割烹へ、ぽん様のお顔でGo!、、、の予定ですの[E:happy02]
posted by しぇる at 23:19| Comment(14) | TrackBack(1) | cats | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

おぢさんと猫のファンタジー(?)

とある大きな古い京町家におぢさんが猫と暮らしている。
猫は白黒のブチで、おん歳24歳。
人間ならばとうに100歳越え。
P1120851

数年前、おぢさんは奥さんを急な病で亡くした。
奥さんのかわいがっていた猫はしばらく遺影の前をはなれなかった、という。

ある朝、おぢさんの枕元で「おとうさん。」と奥さんの声が。

びっくりしてとびおきてよく見ると、朝ご飯の催促をする猫だった。

歯もいささか抜けて、鳴き声も明瞭ではないので、
またおぢさんの奥さんへの思いからの空耳であろうが、猫も
10年生きると猫又になるというし、もしかしたらうっかり人語を話してしまったのかもしれない。

目も薄く濁って、爪も引っ込めることができす出しっぱなし。
顎の毛がよごれているのも毛づくろいに熱心でなくなったせいだろう。

それでも、風のよく通る町家の通り庭、三和土の上を歩き、バケツにたまった水を飲み、
扇風機がつくる陰の中でまるまったり、時折お客さんがくればチェックにでてくる。

ゆるゆると、残り少ない、いとしい時間を生きている。

おぢさんが外出から帰ってくると玄関にちんまりすわって、きっと「おかえり」と言うにちがいない。

P1120864
え?
24歳?!
じゃあ、14歳のうちはまだ、ぴちぴちやん!
posted by しぇる at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | cats | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。