2009年08月11日

安井金比羅宮〜六道参り

又吉さんを出て、そのままほそい小路を南下します。

まず行き当たるのが安井金比羅宮。

P1010780_2


縁切り、縁結びの神様として有名です。

縁切り、縁結びの碑。形代という紙のお札に縁結び、縁切りのお願いを書いて貼っていくのです。


P1010784



縁結びのお願いはかわいらしいのがおおいのですが、なかには結構ぞっとするような願いを書いた縁切りの形代も多くて、、、

そう思ってみると、その思いが凝り固まったような、わさわさ蓬髪のあやかしにもみえてきます。ぞぞ〜っ![E:shock]

この碑は中がトンネルになっていて、裏から表へぬけると縁結び。

反対に表から裏へぬけると縁切りだそうです。

今年出雲大社でめったにでない大吉のおみくじをひいた、あんのちゃん、もちろん良縁結びを願って、裏から表へ。

スリムなあんのちゃんが「けっこうきつい」そうなので、私なら絶対骨盤あたりでひっかかりそうです。いまさら良縁という年でもありませんが、、、、。

金比羅さんをあとに、さらに南下します。

P1010777

このあたり、しっとりしたいい風情です。

古屋を改造したお店もあるようです。

P1010778


P1010786
ちょっと変わった、破風(?)のあるお家。洛中ではまず、見ないような意匠の家ですね。

しばらくいくと、、、、ななんだかすごく長い行列が、、、

これが六道参りで迎え鐘をつく、順番待ちの行列だったんですねえ。

京都の人たちは、お盆の入りにお精霊さん(おしょらいさん:ご先祖さんの魂)を迎え鐘をついてお迎えして、大文字の送り火の日にまた、あの世へ見送るならいだそうです。

P1010798

このあたりは平安時代の葬送の地、鳥辺野の入り口で、六道の辻、つまりあの世とこの世の境になるそうです。

ここを中心に、小野篁の地獄通いで有名な六道珍皇寺、檀林皇后九相図で有名な西福寺、空也の像で有名な六波羅蜜寺があります。

このあたり、とてもおくわしい、もちや様の説明を聞きながら拝見できましたのはありがたかいことでした。

(なんにも知らんので、一人だったら、見るべきポイントを外してたと思う)

P1010789

六道珍皇寺。


入り口で売られている高野槇の枝。

P1010795

ご先祖様の戒名をかいた水塔婆に、この高野槇で水をかける水回向。この槇の枝をつたってご先祖様が帰ってくるとか。

P1010791

これが水塔婆。線香の煙で清めているところのようです。

P1010799

西福寺。

小さいお寺ですが、六道参りのこの時期はお参りの方が一杯です。

(次の画像は気の弱い方は見ないでね)

P1010800
この時期だけ公開される有名な檀林皇后九相図。

どんな美人でも、人は死ぬとこのように最後は白骨となり、土に帰る、、、、ことを教えたかったのでしょうね、この皇后様は。

もちや様はむしろこの隣にあった、熊野参詣曼荼羅図にご執心。

研究資料としてご興味が。



P1010801

さらにこのお寺では祈願銭というものがあることを教えていただきました。

紙に包んだ小銭(おそらく五円玉)を持ち帰り、願をかけ、翌年それを返しにくるのですと。

ひとついただいて帰りましたので、来年もまたお返しにかなくちゃいけませんわねぇ。

(なにをお願いしたかは秘密です。)


P1010797

西福寺のお向かいは「幽霊子育飴」。

幽霊が子供に与えるため夜な夜な飴を買いに来た、、、というのはこの立地でこそのものですね。

P1010819

一袋もとめました。まあ、普通のべっこう飴なんですけどね[E:coldsweats01]

少し南下して、六波羅蜜寺へ。

P1010805_2



こちらでも迎え鐘を撞くことができます。こちらは行列が短かったので、私も撞かせてもらいました。

六道珍皇寺でもそうですが、迎え鐘は密封されて外から見ることはできません。

六波羅ではさらに地下にあるので、このように撞く、というよりは引く、という感じになります。

これもなんとなくおどろおどろしいですけど、、、、。

この陰にこもった鐘の音は十万億土に届いて、この音をたよりにお精霊さんがかえってこられるのだと。

ここの本堂では16日の大文字送り火の日に、同じく大の字をかたどったお灯明に火をつけてお精霊さんを送るそうです。

六道の辻にはこの季節、お参りの方々がたくさんおられました。観光客も多かったと思いますが、地元の方のほうが多かったと思います。

最近では迎え火、送り火を街角で焚くこともなくなり、目にすることもなく、なんのことか意味もわからない世代もふえてきましたが、京都では、まだまだこうして宗教が生活にむすびついて生きているんだ、、、と実感できました。


さて、次回はこの六道参りの参拝客をあてこんで始まったという、五条坂陶器まつりのお話を。


posted by しぇる at 23:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都にて | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

京遊びの会〜祇園 又吉さん再び

五条坂陶器祭、六道参りの季節が京都にやってきました。

この時期をねらったわけではありませんが、日頃お忙しい”京遊びの会(勝手に私が命名)”のメンバーさんの日程を調整してこの日に。

P1010744

朝から小雨もようだったのですが、この時期をはずすと今年は出す機会なく、寝かせたままになってしまうので、がんばって越後上布を着ました。(あら、はしにシェルが ”また、どこか行くの?”と、、、、)

上布はなんといっても麻ですから、絹のやわらかもんほど雨を気にしなくてよいかな、と。


P1010746

四条大橋からみた小雨の鴨川。

それでも傘をさしながらスケッチする方もおられます。


P1010748

鴨川の東岸から眺めるヴォーリズ建築の東華菜館。

昔とかわらぬ景色で、ほっとします。

P1010750

雨に濡れて美しい石畳の花見小路。


P1010751

一力茶屋のベンガラ塗りの壁に、竹の美しい犬矢来、リズム感のある眺めを楽しみながら、皆様と待ち合わせの八坂神社の石段下へ。


P1010752

ちんたら歩いてきましたが、皆様もうほとんどおそろいのようで、あせる[E:coldsweats02]

ご一緒いただきましたのは、お世話下さったあまね様もちや様みゅう様あんのちゃんぽん様(いつもお着物なので、はじめてお洋服姿を拝見しました。女実業家!ってかんじでかっこよかったです)、そしてひさびさに、(いつもお世話になっている「らくたび文庫」の)ちゃみ様。

さて、お昼をいただいたのは、昨年末ほぼ同じメンバーで食事をいただいた祇園 又吉さん。



P1010754
お昼は貸し切りです。


P1010773

このあたり如月小路といいまして、東大路から一本入っただけなのにこんな風情のある静かな場所です。

又吉さんは、私はすでに3回目、いつも芸術的な懐石を楽しませていただいています。


P1010755

こちら、町家を改修したお店で、すみまできちっと目が届く広さでカウンターだけなのですが、とても落ち着きます。

活けられたお花は、リンドウ。花器は少し河井寛次郎っぽいですね。

先付けから向付け、蒸し物、焼き物、八寸、と最初から最後まで、どれも目で見て美しく、いただいて、つい顔がほころぶ、、といった感じです。

そのうちのいくつかをご紹介。

P1010756

この涼しそうなアレンジ!

エビ、ウニ、トマト、枝豆を閉じこめた水晶よせ。


P1010758

向付けは鱧をあぶったものと、秋刀魚、そしてはじめていただく一目鯛。


P1010760

梶の葉がすがすがしい八寸はイチジクの田楽(美味!)、そしてそして、左手前のうるか!

鮎の塩辛なんですが、これまたお酒がすすんですすんで困るじゃありませんか〜[E:happy01]


P1010766

締めは、おまちかねの土鍋釜でたいた御飯です。

御飯少なめ、とおっしゃる方と、多目で、とおっしゃる方と、、、

P1010768

左、多目(私の)、右、少なめ(もちや様の)、、、、盛りがちがいますね[E:coldsweats01]

このくらいの御飯は楽勝でお腹へ入ってしまいましたわ。

味もさることながら、盛りつけ、献立など、茶事の時に、こんなふうに季節感も出して懐石が作れればなあ、、、と参考になることばかり。(もちろん、こんなレベルはまねできませんが)

さすが、茶事で有名なもと旅館炭屋の板長さんです。天晴れ!





     *      *      *






最後に、今回も皆様にいろいろお土産をいただきました。

どうもありがとうございました。



P1010816

このあと、さらに皆様と、ぶらぶら六道参りにいきました。

その話はまたのちほど。
posted by しぇる at 22:46| Comment(14) | TrackBack(1) | 京都にて | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

洛中レトロ建物探訪〜文月編

さて、せっかくの京都ですので、もちや様とご一緒する前に少し早めに着いて、駆け足で洛中散歩をいたしました。


P1010647

この日は雨も時にぱらつくあいにくの天気でしたので、ポリの着物で。足元はカバー一体型のポリウレタンのすぐれものの草履。

ちと地味でしたので、ずいぶん以前にもとめた根付けなどをポイントにしてみました。


P1010648

実はこれ、小さな鏡になっていまして、なかなか重宝なのです。

まあ、そういうコスチュームでまずは地下鉄烏丸駅におりたち、こちらの店へ。


P1010649

京唐紙の唐長さん、四条烏丸店(COCON烏丸1F)。

こちらの唐紙文様のはがきやカード、大好き。

今回手に入れたのはこちら。

P1010685_2

実はmaki様のブログで拝見してから、ほしいなあと思っていた物。

名刺なんです、これ。もちろんこれから活版印刷にまわさないといけないんですけれどもね。

プライベートな名刺として肩書きのないものを作ろうかと。

地色がペパーミントグリーンで、唐長のパターンの中でも特にお気に入りの瓢箪唐草です。

ちなみに襖1枚、唐長の唐紙を使うと最低4〜5万だそうです(4枚だと、、、ひゃあ〜[E:coldsweats02])

唐長をでまして、次の目標をめざして北東方向へ。

京都は碁盤の目ですから、各通りをジグザグに。

最近ちょっと覚えた南北の通りの名前(東洞院、高倉、堺町、、、)を数えながら、、、


P1010651

堺町四条上ルの京湯葉の千丸屋さん。

建物拝見をしていると、、、あれ?後ろになんだかレトロな煙突が、、、


P1010653

お隣がなんと銭湯の錦湯さんでした。

こちら昭和2年にたてられた木造建築物。まだまだ京都には残っているんですねえ、こんな銭湯が。

この場所を借りて落語会などもされているようです。

学生時代、ずいぶんお世話になった銭湯が京都でも、次々と姿を消していく中、是非ともがんばって続けて欲しいものです。


P1010655

柳馬場蛸薬師上ルの京うちわの有名店、阿以波さん。

透かしうちわが有名です。ただ実用ではなくてこちらは観賞用。とても美しいうちわです。、、で、お値段もそれなりにします。

さて、つぎなる目的地はこちらでした。


P1010656

富小路六角の宮脇賣扇庵さん。


P1010657

先日こちらのとてもきれいな扇子をいただいたのですが、帯にきりっと差す舞扇が欲しくてやってきました。

2階の売り場にお値段も手頃なきれいな舞扇をたくさん手にとって拝見できました。

そして結論。あのサイズの舞扇は裾を長く引いた舞妓さん、芸妓さんが帯に差すからかっこうよい、ということ。

普通の着物のしろうとさんでは、釣り合いが全然とれまへん。(今頃気づくなよ〜)

ということがわかったので、形だけ似ているサイズは約半分の小謡扇子を一本もとめました。

P1010686

これ、むちゃくちゃ安いのに、こちらが恥ずかしくなるくらい、店員さんはとても丁寧にきちんとした箱におさめて包んで下さいました。(スミマセン)

宮脇賣扇庵をでてすぐのところ、これまた古い建物が。



P1010658

大正初期からの画材屋さん、金翠堂さんです。100年からの歴史ある建物、風格がちがいます。

このまま六角通りを西に移動した高倉通角、昨年秋冷え込む中、何でこんな寒いとき食べるかな〜?と自分でも思った琥珀流しの太極殿栖園さん。


P1010660_2

名物の朝顔の暖簾にかわっていました。

すいていましたので、窓際の席にすわれました。



P1010661

ここの坪庭です。いいですね、坪庭の風情はやはり。

なんといっても苔がすばらしく美しい。少し雨模様なのがよけいに綺麗にみせてくれるのかもしれません。

こんな坪庭を眺めながら、一日中ぼ〜っとすることができたらねぇ、、、、

(でも苔のお手入れってたいへんそう、、、、)


P1010663

今回は蒸し暑い時でしたので、琥珀流しがぴったり。

月替わりの蜜も今月はさわやかペパーミントでしたわ。見た目も涼やか。

さて、地下鉄にのるべく、烏丸御池をめざして北上していますとこんなお店を発見。


P1010664

現役の自転車屋さんなんですが、建物も結構歴史がありそうです。

何より、この自転車、ごっつい箔がついています。一体何年前からこのひさしに乗っているのでしょうか?

たまには地面を走りたいだろうに、、、、と少し同情してしまいました。


P1010665_2

東洞院三条に、こんなレトロな洋館が目につきました。

よく見ると京都市有形文化財のプレートが。

平楽寺書店の文字がみえます。

仏教関係の本を出版されているとか。

こういう文化財級の建物がまだ現役、というところがすごいです。

いや、まだまだ知らない、かくれた名建築がいっぱいの洛中です。探訪の楽しみはつきませんね。

あ〜、早く京都へ移住したいっ!
posted by しぇる at 23:18| Comment(20) | TrackBack(0) | 京都にて | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。