2009年10月18日

京都・炭屋旅館

両親孝行とて、週末は京都、ご存じ老舗旅館御三家のひとつ、麩屋町三条の炭屋旅館へお泊まり。


P1020891

母は車椅子つきですので、あちこち出歩くのではなく、老舗旅館にとまること自体が目的です。
一昨年は俵屋さんでしたので、今年は炭屋さん。(次回は柊屋さんでコンプリート!、、、、かな?[E:coldsweats01])



P1020890

炭屋さんの玄関です。車椅子で乗りつけたもので、旅館の方々にほんとにいろいろ気を使っていただきました。

ありがたいことです。


P1020796

歴史のある数寄屋造りのお部屋、まあまず、この坪庭をみて感動いたしました。

P1020798

二階を見上げたところ。

P1020882


次に感動したのがこちら。


P1020797

古い京都のお屋敷にはふんだんに敷かれていたという赤穂緞通じゃございませんか?![E:lovely]

(実は私も古いやつを2枚ゲットしております。なかなか状態のよいのが手頃な値段ででないのが残念)


P1020802

床は秋のしつらいで、いけてあるお花も花入れもさすがです。

この二畳の床は、残月床、表千家の残月亭の写しのようです。部屋の名前も「残月」でしたし。

P1020887

香炉も香炉台も菊の意匠です。


P1020803

鉄斎の額。実はこのすぐ横の天井に蛭釘がうってあり、このお部屋も釣り釜のできる茶室になるようです。

天井などの意匠も凝っていて、お茶をかじっている方なら、これは!とうならせる数寄屋の造りであります。


P1020838

最近改修したばかり、というお風呂。檜の香りがいいですねえ。日本人でヨカッタ、、、

お部屋でいただくお料理も、季節を感じさせる物ばかり。

味は京風の薄味のだしです。いく皿かご紹介を。




P1020843_2

お造りのお皿も乾山写し、お醤油入れも菊割り皿と菊づくし。

P1020846

この季節最初の(きっと最後の、、、)松茸をいただきました。土瓶蒸し。

鱧と生湯葉がおいしいこと!


P1020855

こちらも秋の吹き寄せ。

ムカゴ、銀杏、鯖寿司、生麩などなど。


P1020844

炭屋オリジナルの大吟醸は奈良、生駒の中本酒造さんのもの。

なぜ奈良のお酒か?

京都のお酒はどこでもだすので、鉢合わせにならないようにということと、あと炭屋さんの先代は奈良ご出身で、ご親戚筋なんだそうです。

お料理の邪魔にならないおいしいお酒、というコンセプトで選び抜かれたそうです。

さて、炭屋さんでは毎月先代、先々代のご命日に当たる7日、17日には泊まり客を招いてのお茶席が楽しめます。

じつはこれを目当てに、泊まる日取りを決めたのです。

でもお茶をまったくご存じでない方も気軽に参席できるように、というお席です。


P1020877

四畳台目のお茶室は「玉兎庵」、先代が卯年だったことにちなみ淡々斎が命名したとか。

この兎さん、楽ですよ。(覚?入造る、、、と読める)


P1020872

お軸は吉井勇の「京に来て うれしとおもふ しづかなる 利休ごのみの 宿の一夜を」

(この歌は玄関の石碑にもなっています。)



P1020863

席はこんな感じで。

ここの仲居さんは裏千家茶道学園などの卒業生も多いそうです。

リラックスした雰囲気でお茶をいっぱいいただきました。


P1020867

ここの客席の天井は変わっています。

P1020870

赤松の格子に桐の板を向きを変えて市松に。

ちなみに点前座の天井はよく見る葦張りで、床の天井は一枚板を薄く削った物?でした。

さて、先代の堀部公允さんという方はすごい方で、茶道への造詣深く、裏千家今日庵の老分としても重鎮として活躍された方だそうです。

実はクラシック音楽の大の愛好者でもあり、旅館の中にある十畳の部屋には当時の最高級のオーディオセットがあって、かつて音楽雑誌にその写真が良く載っており、オーディオファンの父はすごくうらやましかったそうです。

古株の仲居さんの話では、そのオーディオルームは当時の京都文化人のサロンになっていて、先代のお人柄を慕う作家さんや、歌舞伎役者、茶道関係者がたくさん集まっておられたとか。


いてはるんですよね、こういう地方の文化サロンの中心となるような求心力のある方って。

残念ながら最近では少なくなったといわざるをえないのでは。

仲居さんからきいた面白い話では、宿泊客をまねく気軽な茶会なので、浴衣でも参席OKなのに、「公允さんのお席だから、、」と、いきなり着物をきちんと着て、白足袋をはきだしたお客さんがおられたとか。

他のお客さんに悪いので、気軽な格好で、、、と念を押したにも関わらずそんななりで、しかも茶席に入るなり浴衣姿の他のお客さんを見て、「失礼な!!」と怒り出したそうな。

ほんとのお茶人さんなら臨機応変、座に合わせて自分が変化するべきなのにね。

、、、というエピソードがあるくらい公允さんはお茶の世界でもすごかったらしい。

この古株の仲居さん、すごく素敵な方だったんですが、いままでで一番緊張されたお客さんは、というと鵬雲斎大宗匠の今はなき奥様、登美子夫人だったそうです。

しゃきっとして、立ち居振る舞いも美しく、オーラがちがっていてつい手が震えて、お膳を逆向きにだしてしまわれたとか。

「あなた、逆ですよ。」とおっしゃたそうで。

美しい方でもありました。はなから無理ですが、あんな女性を目標としたいものですわ。

さて、部屋に戻るとき気がついたのは、私たちの部屋の隣に、晩年公允さんがお好みになられた一如庵があったこと。(拝見はできませんでしたが)


P1020808



炭屋さんでは本格的な茶事も定期的にされています。

京都に移住した暁には是非参加したいものだと申しますと、「是非初釜の常連さんになってくださいね。」と言われました。

あはは、、、常連さんは無理ですぅ〜。(お財布的に、、、、)でも憧れますわ。


posted by しぇる at 20:26| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都にて | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

黄昏の岡崎〜好日居





今回はちょっと用事で京都へ。

いよいよ京都の家にむけて具体的スタートがきれそう。(でもまだまだ遠い道のりなんですけど。)

というわけで、来年は地元になるはずの岡崎を黄昏時に散策いたしました。


P1010903

三条通から神宮道へぬける白川疏水。

まだまだ蒸し暑かったのですが、どことなく暮れていくのが早く感じられる季節になりました。


P1010908

地下鉄の東山駅から平安神宮方面へ、近道として利用する人の多い疏水べり。

歩くのが気持ちのいい小径です。

ちなみに右手に見えるおされなオープンカフェは、人気の持ち帰りデリカテッセンのオ・タン・ペルデュ付属のサロンカフェ。

一度お試ししたいものですが、いまだに行けていません。

さて、めざしたのはすっかりお気に入りの、未来のご近所さん、中国茶をいただける好日居さん。


P1010909

おお〜!

話には聞いていましたが、お隣はすっかり更地になっています。

ここには最近まで大谷石でできたレトロモダンの味のある建物がたっていたのですが。

ついに好日居、両隣が空き地になりましたね、と言いますと

「ほんとに宙にういてる好日居になりました。」と。

新しい建物が建つようですが、○○ホームなので、日本建築ではなく、2x4のモダンなお家になるだろうなあ、、、

このあたり、古い伝統的日本家屋がたくさんあって良い雰囲気なんだけれど、こうしてやはり景色はかわっていくんですね。

ちょっと残念。


P1010910

でもずっと変わらないでいて欲しい、好日居。

今年4月、nagiちゃんの消しゴムはんこ展やっていたとき以来だからもう4ヶ月のご無沙汰。



P1010911

すっかりおちつくカウンターにすわって、まず、小谷真三さんの倉敷ガラスのコップでお水をいただきました。

なにげないお水がおいしくなる「魔法のコップ」なんです。


P1010912

黄昏時をねらってきたので、今回も私ひとりで独り占め。

(好日居さんの閉店は「日没どき」なので、微妙な時間をねらっていきました)

坪庭の背景は、おとなりの敷地になっているので今は更地。

布でカーテンのようにカバーされていますが、やはり坪庭はconfineされた空間だからこそ、緊張感のある美しさがあるんだな、と再認識。


P1010915

鳳凰水仙茶を。

花のような香りを楽しみながらいただきます。3〜4煎までいただいたかしら。

それにしても、斧かなにかの削り後のある、このカウンターの木、りっぱです。

P1010917

カウンターの上にあった一見木のボールに見える、陶器の水盤。

蔓性の花がさりげなく。とても良いセンスですわ[E:lovely]

好日居さんが計画されているすてきな場所と趣向のお茶会のはなしやら、好日居でやっているうつわの金継ぎの会のはなしやら、いろいろおうかがいさせていただきました。

なんだか楽しい計画ばかりで、ああ、京都にもう住んでいたら参加できたのに、、、と悔し〜[E:weep]




P1010916

ふと玄関の部屋を見ると、、、、

ああ、これは例の裁ち板ではありませんか。

私も、こういうふうに使いたくてネットでゲットしたのです。

好日居さんのお友達の古い町家の倉庫にねむっていたそうで、以前来たときには板だけでしたが、足をつけられたのね。

やっぱりいいわ〜。

そろそろ閉店の「日没時」が近づいたので、失礼することに。

P1010918

外に出るともうちらほら明かりがともる疏水べりです。

動物園の近くに骨董の電灯ばかり扱うおもしろい電気屋さんがあります。

P1010919

以前は木屋町でしたかしら?別の所にあって、昨年くらいに岡崎にこしてこられたタチバナ商会さん。

実は京都の家にも、こちらのアンティークの電灯を使おうという計画です。


P1010920

ちょっと玄関先だけ、のぞかせてもらいました。

吹き抜けの天井からこれでもか〜とばかりぶら下がるアンティークランプ、迫力です。

でもこの乳白色ガラスの電灯はなんだか懐かしい感じで、よい雰囲気ですね。

さて、家にたどり着きますと、小腹がへっていましたので、早速、寺町の舩はし屋さんでもとめた、クセになる「福だるま」を。

P1010922

これ、やめられない、とまらない、でおいしいんですよ〜。

ある方はこれを見て、横浜の名物、崎陽軒のシュウマイ用の醤油容器、「ひょうちゃん」を思い出されるそうですよ[E:coldsweats01]

確かに、似てます!
posted by しぇる at 23:29| Comment(14) | TrackBack(0) | 京都にて | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

京都紅茶倶楽部〜五条坂陶器まつり

六道の辻を出まして、やっとこの世に帰って参りました[E:coldsweats01]

時折小雨のまじる、むしむしと暑い日でしたので、まずはのどを潤して涼みましょう、と五条通の1本北、柿町通りはもちや様御用達の京都紅茶倶楽部さんへ。

P1010808

このあたり、花街・宮川町の近くで、りっぱな町家や仕舞屋がまだまだ残っています。

はじめてお邪魔しましたが、かわいいお店です(お店のご主人はおぢさんでしたが[E:coldsweats01])。

世界の紅茶の便利なポット用パックから、計り売りまで。かわいらしいクッキーやキャンディもあり、それらが手作り巾着にはいっているのです。

巾着もたくさん売られていて、和風の布のが多いのですが、手作り感がたまらなくキュートです。



P1010817_2

同じく手作り感いっぱいのティーコゼもありました。(おぢさんが作ってるんじゃないですよね?奥様?)

ホットならお気に入りのカップが選べますし、中にはカップをキープされている常連さんもおられるようです。

のどが渇いていましたのでアイスティーにしましたが、これまたおおぶりのワイングラスになみなみと!

これにアイスクリームプラスだと、アイスまでてんこもり!(写真がないのが残念です)

おまけにおかわりまでいただいて、のどの渇きもすっかり癒えました。

こちらを出るときに、皆様とはおわかれして、けっこうな降りになってはいましたが、せっかくここまできたのですから、と五条坂陶器まつりに足をのばしましょう。

もちや様には最後までつきあっていただきました。(雨の中、ありがとうございました。)

この陶器まつり、六道参りの参拝客目当てに始まったといいますが、年々規模が大きくなって、今では川端通りから東大路まで、五条通の北、南にびっしり焼き物を売る屋台がならびます。

P1010810


天気のいい日はもっとすごい人出だそうですが、雨なのでわりと楽に進むことが出来ました。それでも観光客、地元の人、外国人、入り乱れて、、、、

P1010811

人の器にかけるこの情熱はなんなんだろう?と思いつつも、いつかその情熱に自分もまきこまれておりましたわ。

欲しい物はいくつか、しかし雨だし、着物だし、宝塚まで帰らないといけないし、背負って帰るようなデカイ物はちょっと、、、、。

と、一軒の大きな間口の堂々たる町家のお店が目に入りました。


P1010812

ついつい町家の匂いにひかれて(?)お店の中に。

普段はきっと重々しい戸が閉まっているのでしょう。

陶器まつりの間はこうして戸をとっぱらって、露天に商品を並べているので、気軽に入りやすい。

見れば主に金彩がふんだんに使われた豪華で、そのうえデカイ、薩摩焼き風の壺があちこちに、、、。

ガイジンさんが喜びそうだけれど、普通の家にはにあわない、、、、、というか、置く場所ないし、、、。

それよりも築100年はすぎてるとおぼしき町家の風情、こっそり垣間見える走り庭、古い木の放つ匂い、などを楽しんでいましたが、おっ?!あれに見えるは抹茶茶碗では?

大きな壺の片隅に、茶碗コーナーがありまして、これがまた私好みの絵柄のお茶碗ばかりで、、、[E:lovely]

お値段が手頃なのも、ステキ!

お店の方が次々に出して、見せて下さるので、あれこれ手に取り、眺めまわし、酸漿(ほおづき)の柄とどちらにしようかと迷ったあげく、こちらの夕顔の平茶碗をお持ち帰りすることに。気がはらない友人たちとのお茶会で使えそうです。





P1010813_2

茶道雑誌「淡交」の今月号の表紙が尾形乾山の夕顔茶碗だったのが、脳裏にこびりついていたようです[E:coldsweats01]

あとで調べてみますとこちらのお店、暁山さんという歴史のある京焼きのお店でした。

多分、普段の日では敷居が高くて入る勇気がでないお店なんだと思います。

まあ、陶器まつりの開放的雰囲気が後押ししてくれたようです。おまけに屋台ではあたりまえの、値段交渉(いわゆる値切り)までしちゃったし(汗、汗)

そろそろ夕暮れ、雨でなければもう少し日が暮れた陶器まつりの屋台の灯りを楽しみたかったのですが、、、。

ここらで又吉さんから始まった、楽しい1日は終わりとしましょう。
posted by しぇる at 23:54| Comment(18) | TrackBack(0) | 京都にて | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。