2010年01月06日

「仮想 茶会潜入記」 谷 晃・著

茶の湯文化史の研究家、野村美術館の学芸部長、そして心茶会の遠い先輩である谷先生の本をご紹介。

茶道雑誌「淡交」に連載されていた当時から、茶会記をかくもわかりやすくおもしろく書かれた物は初めて、と思って楽しく読んでおりましたが、加筆されてやっと単行本になりました。


51vndwazw8l_ss500_

設定がユニークです。

稲田宗雁という谷先生を彷彿とさせる架空の茶人(実際、挿絵の髷を結った宗雁さんはお髭の谷先生にそっくり!)に時空を越えて実際歴史上にあった茶席に参加させ、使われた種々の道具、供された料理、参席した客、席の雰囲気などを綴らせているのです。



実際の茶会記は読みづらく、(古語なので)理解しがたく、お手上げ、全然読もうという気がしないのですが、こんな風に短編小説風にかみくだかれると、こうも興味深いものになるとは。


ただ16世紀以降の茶道の歴史の知識、時代的背景の知識が多少必要です。逆に、出てくる人物に多少でも知識があればおもしろいことうけあいです。

そして、谷先生の茶道に対する考え方もチラホラ垣間見ることができる茶道論にもなっています。


全編28茶会、松永久秀の多聞山城茶会からはじまって、信長、光秀、秀吉の茶の湯がもっとも革新的な発展を遂げた時代の茶会、利休最後の茶会、ここだけフィクションの利休亡き後の利休亡魂茶会、時代がうつって小堀遠州、片桐石州の茶会、禁裏の茶会、金森宗和、千宗旦、藤村庸軒、松平不昧、幕末の彦根の茶会、、、、もう綺羅星のごと。

近代にはいって野村得庵(野村碧雲荘・野村美術館ね!)など近代数寄者たちの茶会。

かれらが「発明」した「大寄せの茶会」や「点てだし」、など見て、「ずいぶん茶の湯も様変わりした。」
と思う宗雁さん。

16世紀からかれこれ400年近くを幽明の境を行き来していた彼がどっと疲れ、「わたくしもそろそろ身をひくべき潮時のようだ。」と思わせたのがこの大寄せの茶会。

近代数寄者の発明したこれは、一時はすたれかけた茶道を蘇らせ、さらに多くの人に茶の湯を普及させた、という功もあるが、あまりにも簡便にすぎて、茶の湯の根本ととおくへだったったものにしてしまった、という罪もあると思う。

一座建立も一期一会も知的格闘もへったくれもありませんからねぇ、、一般的に大寄せ茶会は。

そして、どうもその後、成仏してしまったらしい宗雁さんの最後の(フィクションですが)茶会が天上茶会。

お先に天上へ行った方々と再会されたようです。

利休や古田織部、小堀遠州、松平不昧からなんと岡倉天心(「茶の本」執筆)などと茶の湯談義をされます。

「茶の湯は古くから禅の考え方を取り入れてきたと言われるが、茶の湯には禅だけでなく、道教も神道の考え方もある。」

なるほど。

これは谷先生の茶道論でもあるのでしょう。

なんと心茶会の久松真一先生の言葉も引用されています。

利休曰く「私の茶の湯は絶対的なもの、唯一無二なものではなくて、たとえば天心さんが茶の湯について考えたこともその通り。遠州さんにしてもしかり。さらにいえば芭蕉さんが”貫道するものは一なり”といったことが非常に重要です。ですから私だけでなく、織部さんの、不昧さんの、それぞれの茶の湯において貫道するものを見つけること、さらにいえば日本文化に貫道するものがなにかを理解すること、それは頭や理屈でなく茶の湯の実践を通じて体得することですが、それを久松さんは”心のひとつがね”という言葉で表現した。」


む、む、む、、、、むつかしい。

理解した、、、とは言い難い。

まあ要するに自分なりの茶の湯の道を続ける理由を一生かかってみつけろ、ということだと理解しておこう。


posted by しぇる at 23:33| Comment(26) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

半襟・帯揚げの整理

今年もいよいよあと1日と少し。

怒濤の2009年を見送って、2010年もまた、怒濤の1年になりそうな予感。

まあ、いいこと、楽しいことが多いから(京都移住も含む)どんなに忙しくてもOK。

年の瀬にごそごそと家の中を整理。

お値段が、着物に比べるとお手軽でついつい手当たり次第手に入れてきた半襟と帯揚げを整理しようと思い立つ。



P1030700

プラケースにごちゃごちゃに入れていました。

これきれい、とか模様がおしゃれ〜とかいいつつ、なんの計画性もなく衝動買いしていることが多いので、いざ差し色にあの色がほしい、と思ってもその色がなかったり、同じ系統の色ばかりたくさんあったり、、、、そんなことありませんか?

同じ着物と帯でも、帯揚げ、半襟、あと帯締めは、がらっと印象をかえられる大切なスパイスアイテム。

着物好きの皆様には常識ですよね。

というわけで、どの色が足りないか、あまっているかチェックも兼ねて整理を。



P1030703

整理してみると、あらこんなのがあったっけ、と思うような全然使っていないものもあります。

もったいな〜。

この3枚のポリの半襟は着物にはまりだした40代の頃に買った物です。いまではちょっと派手。


P1030706

桔梗の半襟は絽で夏用。よく使うので、刺繍糸が少しほつれてきています。

京都・寺町のゑり正さんで買った物で、ゑり正の刺繍がはしっこに。

手前のは京都・岡崎のきねやさんで買ったスワロフスキーのビーズ付きの半襟。

夏にすがすがしい感じなのですが、縮緬地で絽ではないので、真夏にはむかない、という問題があり、いまだ使用していません。




P1030707

私がもっている中で多分値段では1,2位の絞りの半襟。(帯揚げじゃないんですよ)

冬はもこもこしていて暖かい感じなのですが、ゆえに着物の下で納まりがわるい。

真夏にはこの他、京のてんてんさんの手ぬぐいを半襟にしたりします。
汗をかいても、じゃぶじゃぶ洗えますし。

はぎれや縮緬風呂敷なども半襟予備軍。

(帯揚げには無理ですけれど。)




P1030709


で、整理したあとがこちら。

左が帯揚げで右が半襟。

こうしてみると帯揚げはだいたいの色がそろっているようですね。

半襟はちょっと明るめの色が足りないかな。

これで着物の差し色選びはバッチリ!、、、のはず。

やみくもに買うのだけはやめよう、計画的に買おう、と誓ったのでありました。(あははは、、、いつまで守れるかしら〜[E:coldsweats01])


ともあれ、みなさま、どうかよいお年をお迎え下さいませ。
posted by しぇる at 21:51| Comment(10) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

今年の稽古納め

いよいよ年もおしつまってきました。

今年は仕事に関しては大きな変革がありました。

それもこれも京都で暮らすため。来年はいよいよ晴れて京都市民さっ!!(多分来年の後半だと思う。[E:sad]まだ先は長い)

お茶のお稽古も今年最後。






P1030660

寒い日でしたので、昨年あまね様に教えていただいて、早速購入した別珍の着物コートを。

(写真では黒くて質感が全然わかりませんね。)

これぬくいです、ほんま。

あと襟に毛糸のマフラー(と、かっこわるいけれど毛糸のレッグウォーマーね)があればどんな寒い日でも完璧!


P1030657

お花は黒文字と白玉椿。

この日は冬至の前後でしたので、床におちる影が長い。

座敷にこんな日だまり、風情があります。

それもこれも畳の部屋+縁側がないとできません。(今の家では不可!)


P1030658

稽古納めは特別稽古の行台子。

一番理論的にもすっきりしたお点前だと私は思います。

ただし炉の季節は中仕舞もあるし、台子正面に向いたり、居前に向いたり、客付きに向いたり、着物の裾がばらけますねえ。

打ち合わせを少し深く着るとよいかもしれませんね。

P1030606

お菓子は本来5種ですが、主菓子はこちら「聖樹」。(アップがおくれまして、時期はずれになってしまいました〜[E:xmas])


今年はそんなこんなで、ちょっとお茶の修行が手薄になったきらいがあります。

来年はまた気を引き締めて修行いたします。

読みかけの茶の湯関係の本も読破しませんとね[E:coldsweats01]

山上宗二曰く、「一物も持たず。胸の覚悟一、作分一、手柄一、此の三箇条の調いたるを侘び数寄と云う」。

「胸の覚悟」まずはこれですね。
posted by しぇる at 21:25| Comment(10) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。