2010年01月25日

花月のお稽古〜濃茶付貴人清次花月

先日は先生の先生のところで、花月のお稽古。

この日は集中的に濃茶付貴人清次花月を。


P1040009

お床はまだお正月のなごりでめでたい「蓬莱五彩雲」。(「五」の崩し字をこれで覚えたぞ!)

お花は椿にもう開花している梅です。


P1040005

お稽古には使いませんでしたが、今を盛りの蝋梅です。百花の魁、梅よりも早く開花するけなげな花です。


P1030999

お菓子は信州松本の菓舗、開運堂の真味糖。淡々斎の命名だそうです。

クルミの入った和風タフィーという感じで、後を引きます。




P1040002

この日は早く着いたので、水屋の準備をさせていただきましたが、いつやってもすっきりたためない千鳥茶巾です。

羽根の出し方と真ん中の部分の幅の理想的な比率はどのくらいなんでしょう。




P1040008

まだお正月気分はお茶碗にも。

おめでたい柄のお茶碗たちです。

濃茶付貴人清次では最初に折据(おりすえ)の上に月の札をのせて貴人さんに濃茶を点てて下さるよう所望します。

僭越ながら貴人さんがあたりましたので、花月の間、手をひかえていなくてすんでやれやれです。(あの姿勢ずっとしてるとしんどいですよね。え?修行がたらん?はあ、、、[E:coldsweats01])

この花月はなかなか複雑で、貴人に薄茶が当たる場合、貴人が仕舞花になる場合、そうでない場合、といろんなケースがあるので、3サイクルさせてもらいましたが、それぞれにむつかしい。


貴人仕舞をさせてもらいました。貴人があたったときは自分の茶碗=貴人茶碗は水のみで清め、お次の茶碗はお湯、水で清める、お次が仕舞花ならその逆、というのが貴人のはいる花月の原則のようです。

茶碗が二つ、座の中で行き来しますし、茶筅・茶巾も二つ、ですので常に緊張をしいられます。

仙遊や且座は見た目ややこしそうですが、この花月に較べればまだ単純に思えます。

頭の体操をしたあとは、夕方からルーチンのお稽古。

打って変わってなごやかにリラックスして長板薄茶点前を。




P1040011

お菓子は雪兎の薯蕷だったのですが、なんと私がもっていった兎のお干菓子にだぶってしまいました。

雪にちなみ、この日の茶杓の銘は「六花(りっか=雪)」にしてみました。


P1040012

先生の所の新入りのお茶碗。

障子越しに月明かり、雪明かりを見る、、、といった意匠でしょうか。

今年のお題「光」にちなんだものだそうです。


posted by しぇる at 22:25| Comment(14) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

淡交会大阪支部初釜〜大阪美術倶楽部にて

今突然のニュース、歌手の浅川マキさんが亡くなったそうです。

寺山修司の歌詞とともに大好きでした。「かもめ」「夜が明けたら」「私が娼婦になったら」などなど今でも歌えます。

大学時代、彼女のアルバムはたくさん持っていました。京大西部講堂でのライブも何回か行きました。

またひとつ時代がおわりました。

ご冥福をお祈りいたします。



              [E:weep]



さて、1月17日は阪神淡路大震災のおこった日です。震災後毎年この日に大阪淡交会の初釜はひらかれます。

震災でお茶の先生も多くのかたが亡くなったそうで、その追悼の意をこめて。

今年は幸いこの日がお休みでしたので、ひさびさに参席させていただきました。

淀屋橋で茶友とおちあって、北浜を目指します。

途中にこんな堂々とした伝統家屋が!!





P1030918

どこのお屋敷?!

と思って表に回りますと、


P1030920

おお!これがあの有名な130年の歴史を持つ愛珠幼稚園

こんな伝統的な建物の幼稚園がある、とTVで一度見たことがあるのですが、ここにあったんですね。

しかも大阪市立!公立幼稚園でこんな恵まれた建築物で保育ができるなんてちょっと感激。

また、大阪の懐の広さを実感しました。


P1030921

会場は北浜の100年の歴史を持つ大阪美術倶楽部

この建物のある場所は昭和22年、難波の大財閥・鴻池男爵家の本邸を買い取ったものだそうです。

建物は新築され、中も最近改装されたそうですが、とんでもなく広い。

50畳〜60畳という座敷がひとつやふたつではないのですよ。

早朝から行ったにもかかわらず、すでに1席目ははじまっており、(お茶人さんはみんな早起き?)2席目にいれていただきました。

待合いで感動して叫びそうになったのが、これ!これですよ!!


P1030924
赤穂緞通

写真では少ししか写っていませんが、これがおしげもなく待合い中に敷き詰められていたのですよ〜〜[E:happy02]

おもわず手ですりすり、なでなで。

怪訝な目でみられましたが、、、、、



P1030938

しかも「福禄寿」の文字が入った、流通にはほとんどのらないタイプの物がこんなにたくさん!

もう、感激でひっくりかえりそうでしたわ。(え〜っと、、、、お茶会にきたんでしたっけ、、、)

もしかして、鴻池家に伝わったものでしょうか?それとも美術品を扱う美術倶楽部ゆえにそろえることができたのでしょうか?どちらにしても、はんぱな枚数じゃありませんでした。


P1030925

待合いでいただいた主菓子は薯蕷で銘はお題の「光」。

割ってみてびっくり。

P1030926

思いがけず、中の餡が紅色でした。きれいです。

濃茶席は50畳+30畳くらいの広間。お点前が遠くに見える〜。

気になったのがこの意匠。


P1030927

欄間が扇、桟みたいなのが扇をたたんだ姿。向こうに見える天井近くの壁にも扇の障子。


P1030928

襖の引き手が扇なら、、、


P1030931

書院の袋戸棚も扇。

あとで調べましたら、この広間は扇鴻の間、と名付けられていて、旧鴻池家の本広間を忠実に復元した物とか。


P1030935

中庭には、これも鴻池家にあったものを模した茶庭と、お茶室松筠亭。(四畳半台目のようです)

茶庭には井戸もあり、なかなか良い雰囲気でした。入らせてもらえないのが残念ですが。

そして沓脱ぎのところには、、、、

P1030934

まあ、こんなところにまで扇の意匠が!


P1030937

薄茶席のお干菓子は鶴屋八幡のもの。

寅と竹。竹林に潜む虎、、、ということでしょう。

あれ?肝心のお茶席の写真がない?と思われた方。

スミマセン。赤穂緞通と茶室のりっぱさに目がくらんで、その他はあんまり、、、、写真に撮れていません。[E:coldsweats01]

ちょっと良いな、と思った黄瀬戸の香合だけ載せて、お茶をにごしておこう、、、、


P1030940

布袋さんと唐子。

布袋さんは子供たちと目隠し鬼をしているところのようです。

唐物っぽいのに、黄瀬戸というところが面白い。しかも、こんなミニチュアな人形も焼き物でできるのか、、と感激。
posted by しぇる at 22:50| Comment(10) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

初釜・2010 庚寅(かのえとら)

皆様のブログで初釜の記事を読みつつ、ちょっと出遅れた感がありますが、ようやくうちの先生のところの初釜です。

以前、京都・千両が辻の、柄からあつらえてくれる友禅作家、南進一郎さん(夷風(いふう))にお願いした笹の付下げ。


P1030862

届いたときには地の色が思ったより薄く、どうもなあ、、、と思っていたのですが、久々にひっぱりだしてみると、おお、なんだかしっとりしていい色だわ、と。
さすがもちはもちやだったんですねえ、

笹は好きな文様ですが、この日十日戎だったので、ぴったりでしょ?(これはあとでのこじつけ)


P1030902

先生のお宅の玄関に、、、、おや、数日前の上棟式の時の記事のデジャヴ?

同じおかめの御幣のミニチュアみたいですが、これは伏見稲荷の「しるしの杉」という商売繁盛の縁起ものらしいです。
でもなぜおかめがついているのだろう???


P1030870

席入りの前に主菓子・葩餅(はなびらもち)を今年もいただきます。

なかのゴボウがかたいので、切って食べるか、手づかみでいくか、皆様のブログでも話題になっていましたね。

私はなんのためらいもなく手づかみで。

学生の頃、心茶会ではみんな菓子切りなんか使わず(きんとんなんかでも)、手づかみで豪快にいただくのが正しい、と思いこんでいたのですが、これってどうなん?




P1030873

本席の床。

花入れは古銅、真の花入れですので床の中央に。

軸は東大寺別当であった清水公照師が自ら描いた梅の樹に

「昨夜埋雪 今朝帯花」

師は北海道のお菓子屋さんの代名詞、六花亭の名付け親でもあるそうです。

左手になにものっていない鶴の刺繍の帛紗がおかれています。

これが今回の趣向。




P1030874

初炭。釜は鶴雲釜。炉縁は高台寺蒔絵。

炭斗のむこうに、ちらっと鶴さんが見えます。


P1030875

鶴の香合。

さきほどの帛紗からぬけだして、ここまで飛んできた、という趣向です。

楽しいですね[E:happy01]

この鶴、底の裏にこうしてちゃんと足までついているのですよ。おもわず笑っちゃいました。きゅ〜と!


P1030880

嶋台の楽茶碗で濃茶をいただいたあと、続き薄でお干菓子は大阪・天王寺の干菓子屋、河藤さんの虎と、羽子板と羽根。


P1030882

主茶碗は初代真葛(幕末)の満月(?)に梅。

びっしりついた梅の花が、満月の光にてらされて白く浮かんでいる様子でしょうか。

すごくモダンな意匠。


P1030884

水次は東南アジアの国でお土産として買った物だそうです。

一見七宝のようでなかなかきれいです。


P1030892

棚は三友棚。

三千家の融和をはかり、表千家は天板と地板、裏千家は竹の二本柱、武者小路千家は天板の面にこぼれ梅の蒔絵を(松竹梅もまた三友)それぞれ好みに応じて合作とした、、、、ものだそうです。

水指は踊り桐に、桐にとまるといわれる鳳凰。

替え茶器のかわりに独楽を。

茶器なら、茶杓がのりませんね。[E:coldsweats01]




P1030885

大海の茶入れに見立てた墨流しのような模様の陶器。

ルーマニアのおみやげ。


P1030886

雪月花蒔絵の輪島塗茶杓。

点心もいただき皆様となごやかにすごしました。

引き出物にいただいたのはこちら。




P1030907

寅香合なのですが、いや〜ん、どうやってもトラ猫にみえる[E:lovely]


P1030908

さて、今年も精進しましょう、と気持ちも新たに帛紗を新調しました。

大好きな雪花紋。

真冬は(今日みたいな寒い日には)ぴったり。真夏でも涼しそうだから使っていいよね?[E:catface]
posted by しぇる at 23:33| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。