2012年09月15日

南禅寺御屋敷通で京料理〜熊魚菴

南禅寺御屋敷通、いつもの散歩道。

P1000220

野村碧雲荘の手前、細川家別邸のおとなりにある建物がずっと気になっていたんです。



P1000221

なんの表札も目印もない、なんとなくこぎれいな数寄屋だけれど、この建物は一体なに?

個人のお屋敷かとおもったけれど、板前さんの格好をした人がときどき出てはるので、なにやら謎の会員制割烹とか?
と、想像をたくましくしていたのですが、ひょんなことから情報がはいりまして、ここは(会員制ではない[E:coldsweats01])普通の会席料理のお店と判明。

P1000219

早速、偵察にいかなくては。

実はこちら熊魚菴(ゆうぎょあん)という、たん熊北店系列のお店だったのです。

エリアがエリアなので、看板も広告も出すこといっさい禁止なので、謎のお店になっていたもよう。
ここを見つけはった人はどうやって知ったのでしょう。
(洛中のホテルに支店があるらしいです)



P1000203

以前はおそらく古い建築物のお屋敷だったと思われるこちらに新たに建て直したそうですが、よい雰囲気の数寄屋の造りですね。
P1000206



カウンターは榧の一木造りのりっぱなもの。

P1000208

壁の染付の干支タイルはもしかして、、、と思ったらやっぱり村田 森さんのもの。


私の干支は〜、、、と、、、いやん、歳がばれるじゃん。ナイショ。



P1000202

重陽の節句の日にお邪魔したので、菊酒がでました。

料理は会席と書かれていますが、流れ的にはお茶事の懐石。
盃もちゃんと杯台ででたのですよ。


P1000205

菊の節句の向付。
ほんものの菊の演出がうれしいです。

これも器は村田 森さん。特注品とか。


P1000207

蒸し物はスッポンのお出汁の卵豆腐。
スッポンのお出汁は、鰹だしにくらべると淡泊で上品。
いかにも京料理らしいわ。(私は鰹出汁の濃いのがすきですが[E:coldsweats01])




P1000209

鯛の薄造りで手前の薬味を巻いて、ポン酢でいただく。んまい[E:lovely]
こんなに薄づくり、自分じゃとうていできません。
包丁のお手入れもさぞや大変だろうなと。


P1000210

焼き物はぐじ(甘鯛)の一塩焼。
骨をはずしながら、ほじほじして食べます。目の周りがおいしい、、らしいのですが、私はどうにも苦手。



P1000211

本日のメインディッシュ、松茸でフィレ肉を挟んであげたもの。
これ、最高!

今年お初の松茸をぜいたくな食べ方でいただきましたっ!

うどと大根の伽羅煮のつけあわせもおいしかったです。

淡泊な京料理の王道のなかで、これだけがパンチがきいて、コースの中でよいアクセントでした。

P1000212

蕪蒸し+菊菜+湯葉。
京料理のイメージてんこ盛り。
これもお出汁が鰹ではなかったと思います。
やっぱりスッポンかな?


P1000213

こちらは器もみせてくれます。
湯飲みなんですが、有田でしょうか、けっこう手が込んでいる。


P1000215

季節ぴったりの萩の蒸し物碗。(ほ、、ほしい、これ)


これはなんと鱧のそうめん巻き。
黄交趾の器でサーブされた香物とともにいただきます。
お茶漬け代わり、というか懐石で言うところの湯斗ですね。


P1000216

フルーツののるボンボニエールのような器。
すてき[E:lovely]
これもたん熊北店(本店とは別の店)の大将の特注品とか。

P1000217

〆にでてきたこの涼しげな錫のいれもの、なんだと思います?

(画像はありませんが)
正解は葛きり。
上の段が葛で下の段に黒蜜がはいっていました。
(鍵善さんのミニバージョンかな)

もうお腹いっぱいいただきました。

帰りはおそくなっても歩いて帰れる距離、そしてなによりあこがれの御屋敷通にある、というのがポイント高いわ。
ここは散歩コースとはいえ、夜にくることはまずありませんから、めすらしい夜景も楽しめました。

それにしても帰りの時間、このあたりは人っ子一人とおらないのよ。
そこがまたよいのですがね。(お一人様だとちょっと恐いかも〜)


<おまけ>

キタ〜ッ!!




P1040327

いよいよ山芍薬、実が開いてきましたよ。

キシャ〜ッ!!(怪物が口をあけているところを想像)

(こわ、、、、[E:coldsweats02])


posted by しぇる at 00:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃあ。外つ国に居るものには目の毒ですぅ。。器も華やか。ここの支店は東京でもホテルに入っていて、ウルトラモダンな景色を見ながらのお食事、昔はよく行っていました。たん熊北だけでなく、どうしてもう一つ名前がはいっているのか、って良く思ってました。場所もご近所のうちだし、しっとりした雰囲気のここのほうが素敵ですね。
Posted by キレミミ at 2012年09月15日 05:18
しぇるさん、こんにちは

こういう御店は、

器を愛でる愉しみ、軸を愛でる愉しみ

立花を愛でる愉しみ、

香を嗅ぐう愉しみ

そんなところも良いですね^^


南禅寺方面に撮影に行くときは

東天王町のバス停下車→ドトールで朝食→お屋敷町を散歩しながら南禅寺へ

ってのが、パターンなんですが

ほんと、立派なお家が多いですね^^;
Posted by 高兄 at 2012年09月15日 19:37
キレミミ様

今度ご帰国の際には御夫君とごいっしょにどうぞ。
ここはお昼のご利用が多いそうで、夜はわれわれだけの貸しきりでした[E:coldsweats01]
スタッフの方が多くてなんだか恐縮。
でも雰囲気は抜群です。
そういえば東京ドームにもお店があるといっておられましたねえ。板さんも関東出身だとおっしゃってました。
Posted by しぇる at 2012年09月15日 19:48
高兄様

まさにお茶事を体験しているような楽しみです。料理もThe・京都でしたわ。

私も御屋敷通をとおりすぎて南禅寺、気が向くままにどこかの塔頭にはいって門前の、あ花音さんで器をチェックして帰るのがコースです。
学生の頃は(ウン十年前)このあたり、まだ整備されていなくて、碧雲荘など荒れ果てていたような記憶があります。細川別邸と書いた、ちょっとしょぼい板の標識もたってましたねえ。
Posted by しぇる at 2012年09月15日 19:53
看板なしでもやっていけるのがすごいですね・・・

美しい器とお料理の後に・・・
!!エイリアン~[E:sign03][E:coldsweats02]初めて見ました。
Posted by 夢風庵 at 2012年09月15日 21:46
素敵なお店ですね!
南禅寺御屋敷通りというのですか?
東京では看板も出していないお店なんてないんじゃないかしら?

カウンターの前の景色がとっても素敵です。

東京ドームにもお店があるのですか?
ドームは家から近いけど、やっぱり京都で入りたいですね、こういう素敵なお店は。
でも、こまちはお昼しか行かれそうにありません[E:weep]
Posted by こまち at 2012年09月15日 22:28
夢風庵様

そう、私も看板無しでやってけるのが不思議。
口コミなんでしょうか。
エイリアン、完璧に開ききったらまたアップしますね。開ききった方がこわくないかもです。
Posted by しぇる at 2012年09月15日 22:32
こまち様

いえいえ、南禅寺御屋敷通は私の勝手な命名で、このブログではよく使っているんでつい。
よそで使っても通じない名前なのでスミマセン[E:coldsweats02]
お昼がとてもお手軽でよいそうですよ。
京料理はやはり京都で!どうぞ!
(うちから近いので、お昼ごいっしょしましょうか?)
Posted by しぇる at 2012年09月16日 00:34
こちらの店は知り合いからの紹介でしたが 謎の店でしたよ。
お昼はちょっと軽いのです。先日伺ったときはお昼でも我々だけでした。あまり知られていないのでしょうねえ。
山炸薬の秋の風情はすごいですね。
Posted by ひいらぎ at 2012年09月16日 18:04
久しぶりに、京料理見たー!!!という感じです(笑)。いいですね~。
本当に器も趣があって、楽しめますね~。
看板がないって、なんと奥ゆかしい。行ってみたい…。お昼でいいから。。。
あのへんは、看板というか表札のないお家も多くて、塀がひたすら続いたりして、なかなか、なかなかなエリアですな~。
Posted by ちゃみ at 2012年09月17日 16:54
ひいらぎ様

あら、お昼も少なかったんですか?
やっていけるのか、他人事ながら心配しますわ。
でも隠れ家であってほしいとも思うこの矛盾。
Posted by しぇる at 2012年09月17日 21:34
ちゃみ様

なかなか、なかなか、、、なエリアですので、雰囲気だけ味わって、もしも住人だったら、、という夢想をして、楽しみながら散歩してます。
それにしても、看板禁止の場所にわざわざお店を構えはったその覚悟はすごいですね。
Posted by しぇる at 2012年09月17日 21:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。