2012年07月17日

宵山点描〜祇園祭2012

宵山(実は宵々山なんですけどね)。

昔ほどの風情はないとはいえ、それでも暗くなると鉾町をそぞろ歩きは楽しい。

P1030622

辻々をまがれば出会う駒形提灯。

P1030620
P1030628
太子山のお飾り所は秦家。

P1030629
夏場は秦家の猫、ムーンちゃんお気に入りの表の間がこんなふうに。

P1030633

 ♪ 太子山のお守りはこれよりでます つねはでません今晩限り
      ご信心のおんかたさまは うけておかえりなされましょう

P1030634_2



半兵衛麩さんの屏風飾り。
右下に生麩の見本。



P1030635
P1030646
P1030652

岩戸山から。


P1030657

コンチキチンを聴きながら。


P1030660
P1030663

霰天神山の会所。
もうおねむな浴衣姿の幼い子たちも。
小さい頃からこの中で育つなんてうらやましいな。



P1030670

知る人ぞ知る、しみだれ豚まん。
Too much for me.


P1030671

あ、私が持っている雪佳さんの金魚の帯と同じような構図の帯!



P1030672
P1030673
P1030674
P1030675
P1030679

放下鉾の三光丸君。
巡行の時は、鳳凰冠をつけて、太平の舞をみせてくれます。






P1030681

放下鉾は二階の会所にあがらせてくれます。


P1030685

ヒオウギ。


P1030687

ユニークな姿で人気の船鉾。

P1030688

身重の神功皇后、出征のお姿。

やはり左手だけがほのかにみえるとちとコワイ。

ちなみに再来年復活する凱旋の船、大船鉾の居飾りでも皇后の左手だけがみえるのよね。


P1030690

高辻あたりまでくると、人出はまばらになって、かえって風情があります。



P1030693

見事な屏風飾り。


今年は役行者山の護摩焚きで体力消耗。
日和神楽、南観音山のあばれ観音は断念。

ご興味のある方は昨年の記事をどうぞ。

日和を願うまでもなく、巡行の日も、酷暑になりそうだなあ、、、
P1030556

祇園守り。


posted by しぇる at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 祇園祭2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずれたコメントですみません。
しぇるさんの帯で神坂雪佳を知り、芸艸堂を知って「吉野」が欲しくなり、先日お店に伺うと上村松園の衣通姫など他にも素敵な版画が山ほどあって、決めることができずに帰ってまいりました。
雪佳の版画を軸装してみたいのです。
Posted by relax at 2012年07月17日 16:06
今日の京都も暑かったです。
山鉾巡行は綱を切るところ くじ改めを見て
退散いたしました。晴天でよいのですが 本当に暑い!
さて来年は何を見ようか?
Posted by ひいらぎ at 2012年07月17日 20:11
relax様

芸艸堂さんまでいかれたとは!(私は行ったことなし)
吉野ですか、春ですねえ。
お軸にして茶会に使うとか?
それナイスアイデアです!
雪佳さんのデザインでまた染め帯を頼みたいなあ、、と思っております。
Posted by しぇる at 2012年07月17日 23:44
ひいらぎ様

今日も熱中症寸前になりながら鉾町めぐりをいたしました。
あと数年は山鉾巡行見られませんので[E:weep]
Posted by しぇる at 2012年07月17日 23:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。