2012年07月11日

神輿洗い神事・後編??〜祇園祭2012

仕事を終えて必死で帰ったんですが、祇園四条に着いたのは8時半ちかく、駅をでると、ひゅるる〜っと、、、もう終わってらあ、、、[E:sad]
あたりまえながら。


というわけで、平日ゆえ、お迎え提灯、神輿洗い神事は見ることができませんでした。
P1020416

しょぼ〜ん。
しかたないので、四条大橋の北側に立てられた斎竹(いみたけ:ここで鴨川の水をくみ、ここで神輿を浄める)を撮ってみたり、、、

でも、ここでまけるわけにはいかない!(何にまけるんだか?)

神輿洗い神事の後編にかけなくちゃ。

なので前編ともいうべきお迎え提灯+神輿洗いを見たい人は昨年の記事をみてね。

四条通りを東へ、祗園社へ。



P1020418

途中南側にある仲源寺(めやみ地蔵尊)。
午前中、四条大橋の先ほどの斎竹の場所からくみあげられた鴨川の水=神輿お清めの水はここに一時保管されていたはず。

この水でもって、祇園祭の真髄・渡御する神輿三基のうち、中御座を浄める儀式が神輿洗い。
ちなみにまだこの時点では神様は当然ながら神輿に移ってはおられません。
(中御座に魂遷しされるのは素戔嗚尊)





P1020420

朝からなあ、水くみ上げからみてみたいけれどなあ、、、、
ワーキングクラスは仕事せにゃならんのよ。[E:sad]




P1020423

中御座はまだご帰還ではないようです。
東御座、西御座が舞殿に鎮座されてますね。


ここでしばらく待っていると、、、


P1020428

わらわらと威勢のいいおぢさんおにいさんたちとともに、ホイットホイットのかけ声も勇ましく、南の表門から中御座のご帰還です。


P1020435

神輿は境内にはいると舞殿の回りを時計回りに3回、さしあげなどをしつつ、にぎやかにまわります。



P1020439


ホイトホイト〜!
おもわず手拍子がおこる威勢の良さ。
京都のお祭りじゃないみたい[E:coldsweats02]
江戸っ子の三社祭みたいだな〜(見たことないけど[E:coldsweats01])




P1020445

舞伝の正面では何回もさしあげ(神輿を高く持ち上げる)、おにいさんたち、すごい体力だなあ。
(ちなみに中御座は三若神輿会さん,,, だけど四若さんが担当、、、なぜ??)

P1020453

いよいよ中御座も舞殿へかえります。

たった7秒だけど、動画、見る?




P1020460

鎮座された中御座神輿。
これで神輿洗い神事はおわりです。

でも!

まだまだあるよ。



神輿を迎えるため、祗園万灯会有志が、それぞれの提灯を立て、踊りを奉納しながら巡行するのがお迎え提灯なんですが、神事の終わりにも踊りの奉納があるんですねえ。
知らなかったわ。




P1020469

おお!
子鷺踊りの踊り手と、赤熊(しゃぐま)ちゃん!

ここで拝見できるとは!

実はこの鷺の頭の飾り、じっくり見てみたかったんだよね。




P1020470

傘と御幣、、、ふむふむ。


P1020479

鷺の足元で邪魔する一生懸命おどる赤熊ちゃんたち、かわいい[E:lovely]


P1020485

この様式の鷺踊りは津和野の方が有名ですが、実は、京→津和野→京、、と逆輸入された物なんです。

もとはといえば、600年前には存在した「かささぎ鉾」に付随して舞われていたものとか。
故茂山千之丞さんが復活と指導につとめられ、なんと今年初めて鷺踊りの曲に、彼の願いだった歌詞がつけられたのだそうです。(歌詞はさがしたけれど、不明)

P1020490

動きも、衣裳も優美、みやび、です。



P1020494

続いては小町踊り。

かつて西陣あたりで、七夕の頃、少女達によって舞われるのが流行したとか。
徳川家光が上洛するのを歓迎した踊りとも。


はちまきにさしているのは桔梗の髪飾りだそうです。
この踊りは花傘巡行(24日)のときには花街のお姉さんがたによって舞われるとか。

P1020499

夜もおそいのに、よくがんばりました。
きっと一生の思い出になるね。
(おばさんもあとウン十年若ければ〜〜)



P1020503

最後は祗園祭音頭。
こちらは新しく昭和30年代にはじまったもの。

まあ、かわいいこと。

P1020506

このかわいらしい少女達が将来どんな女性になるのかなあ、、、なんてことか考えながら。


P1020508

踊りの奉納がおわるころ、舞殿をみると、かつぐために外していた装飾をふたたび神輿に施し中。
このころには境内の人影もまばらになってきました。


P1020510

あら?
今日庵、淡交社。
こんなところにも[E:coldsweats02]


posted by しぇる at 23:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 祇園祭2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
京都に来て35年一度も見たことが、(知らなかった)です。おはずかしい。・・・
もっと、もっと、京都の事を勉強しないといけないですね。
この、35年何をしていたのかと反省してます。ブログすごく勉強になります。又、お邪魔させてもらいます。
おおきに。
Posted by 黄瀬良子 at 2012年07月12日 17:59
>ちなみに中御座は三若神輿会さん
しっかりと四若の提灯を写しておられますね。輿丁さんのハッピの背にも四本棒の若マークですね(三若は三本で作った三角形)。写真には写っていませんが轅にも四若神輿会の刻印がされているはずです。なぜでしょう?
神輿は中御座でも神輿洗いの時にご奉仕されているのは四若神輿会なのでした。祇園祭七不思議です。
ちなみに四若は三条大橋東の地域の方々を中心に、三若は神泉苑の南の地域の方々が中心です。
ちなみに四若の方が三若よりも派手な(京都弁では「はんなり」した)担ぎ方をされますので担ぎ方の違いを比べるのも面白いですよ。
Posted by G-Watcher at 2012年07月12日 20:08
神輿洗いの神事はDVDで見たことがありますが、本物は一度も見たことがありません。四条大橋からくみ上げた鴨川の水を浴びると無病息災なんだとか。京都の人たちはこういう神事がたくさんあって、病気する人はいなそうですね。
この日にも八坂神社では鷺舞の奉納があるのですね?
今日庵と淡交社の提灯を最後にもってくるなんて、さすがシェルさんです!(笑)
そういえば、淡交社東京支社が我が家の近くにありますよ♪
Posted by こまち at 2012年07月12日 20:09
黄瀬良子様

長いこと京都に住んでおられる方は、もう日常の一部として、自然にスルーされているのかも[E:coldsweats01]
私は京都在住の観光客ですので、まだまだガイドブック片手にあちこちまわります!
祇園祭はほんとにしればしるほど奥が深くて、何年経っても全容がつかめないかもしれません。
Posted by しぇる at 2012年07月12日 20:43
G-Watcher様

ご指摘ありがとうございます。
私も確か線が4本なのにおかしいなあ、、、といろいろ調べたのですが、どこにも記載がなく、間違えて書いてしまいましたね。訂正させていただきました。
三若さんと四若さんのかつぎ方の違い!、、、さすがにそこまでわかるようになるにはあと数年かかるかも[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2012年07月12日 20:45
こまち様

実は昨年は人混みで神輿洗い、さっぱり見えなかったんです。さすがに早くから場所取りしないと無理みたい。
いつも場所取りでは、熱心な方に「負けた!」といつも思っているのですが、この日の踊り奉納は「勝った!」と思いました。まあ、夜遅かったので、競争率低かったですけど、、、
この淡交社のむこうに八坂神社献茶の提灯がありました。宵山(たぶん)のころのお献茶があるのです。(行けないけど)
Posted by しぇる at 2012年07月12日 20:50
ちょっとコメント修正。
写真確認しましたら轅の刻印は「東御座」でした。何もご存知ない方は東御座神輿だと思われるのでしょうね。少し知っている方は混乱されるのでしょうね。
Posted by G-Watcher at 2012年07月14日 00:55
G-Watcher様

轅の刻印までチェック?![E:coldsweats02]
ここまでくるともう〜複雑すぎて私にはようわかりませんわ。
Posted by しぇる at 2012年07月14日 22:32
そう言えば、10日に出て行かれるのは役員さんだけで、担ぎ手さんは17日と24日しか集まってこられませんね。
神輿洗いが四若さんのご奉仕とは知りませんでした。

今年のお献茶は表さんの番なので、裏はインフォメーションが少ないかも。ま、当番でも私らは行かれませんが(笑)
Posted by ぽん at 2012年07月15日 15:47
ぽん様

そういえば三若さんはご近所でしたねえ。
おしりあいのおぢさん、おにいさんがたも参加されます?

こうして毎年新しい事を知っていくのが楽しいです。残りの人生かけても多分、コンプリートはできんだろうなあ、祇園祭。
Posted by しぇる at 2012年07月16日 00:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。