2012年07月04日

北寺町あたり・廬山寺〜梨木神社

寺町通りも丸太町から北は御所の東になるので、雰囲気が南よりかなりかわります。

北寺町、、、というのは私が勝手に名付けただけですが[E:coldsweats01]







P1030272

丸太町から北上していくと、このりっぱな門が。
旧九条殿河原町邸から移築したこの門をいただくのは京都府立鴨沂(おうき)高校。

日本最初の女紅場(女子教育の場)からの伝統をうけつぐ高校ですが、私にはジュリー[E:heart01]がいた高校、というので大学時代憧れていって見たことがあるんですよ。(まあ、今の若い人にジュリーといってもわからんか、、、、沢田研二さんのことね)




P1030276

先日の廬山の茶会に刺激されて、、、というわけではありませんが廬山寺へ。
もっともこの廬山寺(廬山天台講寺)という名前は中国の廬山からとったものだそうですので、あながち無関係ではありません。



P1030279

入ってすぐの開基・元三大師堂から寺町通りをふりかえる。

元三大師とは10世紀に活躍した比叡山の高僧・良源のこと。
おみくじの発明者としても有名ですが、もっと有名なのはこのお姿。

P1030280

角大師とよばれるお姿で、元三大師が厄神を払うための姿といわれ、いまでは厄除けの御札として京の家々でよく見ることができます。


P1030282

こちらは桔梗の庭としても有名なのです。

P1030284

ちょうど見頃をむかえています。
雨の中、どの花もあっち向いているのが少々残念。

P1030291


廬山寺と言えば、節分の鬼法楽をおもいおこされる方も多いでしょうが、残念ながらこれはまだ見に行ったことがありません。

P1030295

紫の桔梗、美しいです。

英語ではbaloon flowerと即物的な名前。たしかにつぼみは風船みたいですが。
西洋人はどうも理が勝っていけない。
オシロイバナも夕方4時頃咲くからfour-o'clockだって。






P1030293


もうひとつ、ここで有名なのはこの辺り一帯が紫式部の邸宅跡だったということ。

P1030290

彼女の曾祖父、藤原兼輔が鴨川の西堤のこのあたりに邸宅をかまえていたことから堤中納言の名で知られていたそうで、式部もここで結婚生活をおくり(当時は通い婚)、娘の賢子を育て、源氏物語を執筆したといいます。

(「堤中納言物語」はここからきたのか!ただし、どうしてそういうタイトルになったか全く不明、、、とのこと)

P1030296

境内にある、紫式部と大弐三位(娘の賢子)の歌碑。
ここを式部邸と断定した考古・歴史学者・角田文衛の手になるもの。

(めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲がくれにし夜半の月かな/有馬山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする)
 
                            

さて、見所の多い廬山寺、もうひとつあるんです。



P1030303

墓所に通じる細い道をゆけば、、、、

P1030301_2

お墓の向こうにこんもりと、、、、
(墓場ちょっとこわい〜、、、[E:shock])


P1030299

そう、秀吉の御土居あとがこんなところにも残っていたんですねえ。

P1030300

足元にはどんぐりの実がいっぱい。


P1030304

P1030274

さて、廬山寺のほんとにお向かい、こちらは梨木神社。





P1030310

秋の萩祭で有名ですが、まだつぼみが少々、、、といったところです。

P1030305

なんといってもお茶人さんには名水・染井が有名。



P1030306

こちらはほんとうに水の量が豊かで、無料でいただけるため、いつもは多くの人がポリタンクをもって並んでおられますが、さすがに大雨の日にはどなたもおられません。
(雨中をくる私は酔狂な人、、、でしょうかねえ)



P1030307

お水を一口いただいて振り返ると、桂の木の葉がリズミカルで美しい影を作っていました。


さて、最後に、、、、

このブログを立ち上げてからもう5年以上になりますが、その間いろんなところへいっしょにでかけた相棒がついにご臨終です[E:weep]



P1030313

画像のほとんどはこの相棒が撮りました。
使い方が荒っぽいので表面傷だらけですが、どれも思い出のしるしです。

長い間、ほんとうにありがとう。


posted by しぇる at 23:35| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ!御土居ですね。
河原町通りからは府立医大図書館前やその昔のカンブリ(関西文理予備校)の横のこんもりした茂みがそれらしいと睨んでいたのですが、廬山寺側からはっきりと確認できるのですね。
御土居フェチのvivasanとしては是非行ってみたいところです。
Posted by vivasan at 2012年07月05日 00:25
雨に濡れた桔梗の紫が、とってもきれいですね!

廬山寺に御土居跡があったなんて知りませんでした!
裏の方には廻ったことがなかったのですね^^;
シェルさんのブログは、本当に新しいことをたくさん知ることができて嬉しいです♪

梨木神社の染井の水は、夏の観光客には嬉しいおもてなしです。
タオルを濡らして顔を拭き、冷たい一口をふくむと生き返ったような気がします。
Posted by こまち at 2012年07月05日 10:17
廬山寺の名前に魅かれて、また紫式部の住いを見たくて、私も去年の秋にこちらを訪ねました。
壁に慧遠禅師の虎渓三笑の故事の説明があったので、確かに廬山と関係があるのでしょう。虎渓三笑のお寺の名前は東林寺で、浄土宗の聖地ですが。
この東林寺の境内から、北の香炉峰とその麓の白楽天の草堂跡を仰ぎ見ることができるんですよ。
Posted by そらいろつばめ at 2012年07月05日 15:32
vivasan様

うふふ、、、vivasanなら食いついてくれると思っていました[E:bleah]
府立医大のあたりにも御土居臭がするところがあるのですか。そちらの方は気づきませんでした。さすが御土居アンテナ感度3本ですね[E:coldsweats01]
廬山寺のはそれほど大きくはないのですが、行かれたときは是非墓所のあるところまでいってください。
カンブリ、、、、そういうふうに略すのか??[E:coldsweats02]
Posted by しぇる at 2012年07月05日 23:20
こまち様

かくいう私、今回が廬山寺デビューですので、こまちさんにはかないません。
御土居の方は雨のそぼ降る墓地、、、ってことでけっこうぞくぞくきました[E:shock]
いや、霊感のたぐいは全然ないんですけど。
染井の水でいつか銘水点て(お茶です)をしたいと思っております。
それにしてもポリタンクを運ぶ腕力と根性がなくて、、、、
Posted by しぇる at 2012年07月05日 23:23
そらいろつばめ様

さすがにすでに廬山寺行かれていましたか。
はずかしながら虎渓三笑の説明書きはスルーしてしまったようです。
江西省の廬山と京都の廬山寺がここでつながって、とても不思議な気がしますね。
堤中納言の名前の由来を知ることができたのもよかった。意外とみどころの多いお寺でした。
Posted by しぇる at 2012年07月05日 23:29
そうでしたか、相棒さん今までありがとうございました。
たくさん綺麗なお写真をありがとうございました。[E:lovely]

それにしても雨と緑はきれいですねぇ[E:happy01]
Posted by ちょきた at 2012年07月06日 21:31
ちょきた様

相棒へのお心遣い、ありがとうございます。
ほんまによういろんなところへ行きました。
今は、、、新型(というほどでもないか)ルミックスと格闘中。(タッチパネル操作って誤操作がおおいのよね)
Posted by しぇる at 2012年07月06日 23:23
雨の風情もしっとりとして、美しいです[E:lovely]枯山水のお庭に桔梗が咲いてるのはちょっとシュールな感じ・・(って、わたしだけ[E:coldsweats01]?)
ところで、しぇる様もルミックス派ですか[E:coldsweats02]わたしもコンパクトと望遠(←こちらはサッカー観戦用)愛用していますが、しぇる様のように綺麗な写真はなかなか・・[E:sad]
Posted by しまこ at 2012年07月07日 13:04
しまこ様

ここのお庭は枯山水ではなくて、本来前面苔庭だったのを、メンテの問題で砂利をいれた、、、のではないかと思われます。いずれにしても桔梗を植えたのは最近のことじゃないかしら。

写真を過分におほめいただき恐縮です。
コンデジではルミックスしか使ったことないので、比較できないのですが、まあまあ満足しています。ちょっと広角すぎるのが難点でもあり長所でもあり。
望遠もおもちですか?
本格的どすな〜。
Posted by しぇる at 2012年07月07日 22:38
毎週末、梨木神社へはお水汲みに行ってしますが、廬山寺入ったことないです…。源氏物語千年の時に知ったな~というだけで…。墓所もあるんですね、門からはその広さがなんともわかりませんね、すごいなぁ。
鴨沂高校かっこいいですよね!もちろん、読めなかったけど!(笑)合唱サークルに一時期参加していて、ここが練習場だったんですよ~。
Posted by ちゃみ at 2012年07月08日 18:10
あらら。枯山水ではないのですか[E:coldsweats02]お恥ずかしい・・[E:wobbly]
「枯山水に季節感のあるもの植えるのかな?」と不思議におもってしまいました[E:coldsweats01]
京都はもう祇園祭ですか~夏本番という感じですね[E:up]
Posted by しまこ at 2012年07月08日 21:29
ちゃみ様

ええっ?
合唱サークル?
そんなのもやってはったんですか〜[E:coldsweats02]
すごく多才ですねえ。

大学の同級にひとり鴨沂高校出身者がいたので、ジュリーのことを聞いて迷惑がられたなあ、、、

毎週名水をくみに?
梨木神社でまたお会いするかも〜。
Posted by しぇる at 2012年07月08日 21:44
しまこ様

はい、梅雨空をふきとばすコンチキチンがきこえていますよ。(かえって暑苦しいというお人もあり)
あっというまに真夏がきますね。
Posted by しぇる at 2012年07月08日 21:47
鴨折高校で、初めて、大学入試の模擬試験を受けたことがあります。
後日、この学校が、かっての京都府立第1高等女学校であったと知り驚きました。
私たちの少年時代、絶世の美女の代名詞であった山本富士子さん、今の世代の方には知る人は少なくなってしまった女優団令子さん、白い巨塔の田宮二郎さんの母校としても知られていました。
正門が九条家から移築されたものとは知りませんでした。他の都市にあれば重要文化財に指定されていたでしょうに。
Posted by narahumuro at 2012年07月09日 10:13
narahumuro様

私も鴨沂高校=ジュリー[E:heart01]以外なにも知らなかったんです。
今回この立派な門を見て、いろいろ調べてみてわかったことばかり。
卒業生にもそうそうたる顔がいるなあ、、と改めてびっくりしました。
重文級の建築物がなにげに建っていて、近所の人もあたりまえ、と思っているところが、さすが京都、、、ですねえ。
Posted by しぇる at 2012年07月09日 21:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。