2012年06月29日

青山点描

行くたびに東京駅、工事工事でかわってるんだもん。

駅ナカで迷うとは思わなかった。(完璧におのぼりさんやん[E:sad])
私は出口に行きたいだけなのに、気がついたらどこかのホームにでちゃってるし、、、

まあ、そんなこんなで野暮用で東京へいきましたの。
いつか東京1日弾丸ツアーで茶の湯関係の美術館巡りを企てようと思っているのですが、この日は時間もなければ致命的なのは月曜日なので美術館はのきなみ休館ってこと。

それでも来るべき日のために、いきたい筆頭のひとつ、根津美術館の場所を下見に。

青山の駅を降りてこれも一度はいってみたかった骨董通りを歩いてみたのですが、京都の新門前・古門前通りのイメージでいくと全然ちがう。
骨董店よりもファッションのお店のほうが多いような、、、

そしてmeet Kyoto in Aoyama、、、なんつって。



P1160679

京都市と京都の和装産業が運営する、きものKYOTOアンテナショップ白イ烏

着物を買う時の敷居の高さを感じさせず、手頃なお値段で提供、というコンセプト。
やるじゃん、京都市。
南青山ってとこがいい。
これが銀座なんかだと、呉服の老舗もたくさんあるし全然目立たないと思う。

もうひとつのmeet Kyoto in Aoyama。



P1160685

先日行った花遊小路のsou・souさんに青山でであうとは。


P1160687

京都産業、がんばってるね。


P1160681

さあ、着いた、根津美術館。

実業家・根津嘉一郎の厖大なコレクション。
国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件[E:coldsweats02]

当時の実業家のご多分にもれず、茶道具の名物蒐集もすごいので、一度は行きたいとかねがね。

昨年建物をリニューアルされたので、これも見たかったのだけれど、本日は外観を拝見するのみ。



P1160683

今期の展示にはいたくひかれるのだけれど、会期末までに再上京は無理だろうなあ。


せっかくなので、おしゃれな南青山を時間が許すかぎりぶらぶら。




P1160684

お店もなんだかおしゃれだな。

P1160688

お散歩中、この日のナンバー1の建物は、このカフェ。

残念ながら営業時間まもなく終了なので入れませんでした。


P1160692

このおされなお花+カフェのお店は Nicolai Bergmann Nomu

ここに入るまで知らなかったんですがニコライ・バーグマンというのはデンマーク出身のフラワーアーティストなんだそうな。

ボックスにみっしりお花がはいったアレンジはこの方の発想とか。



P1160691

カフェの方はお姉さん方もデンマーク人?
カタコトの日本語で注文をとってくれる。

キャロットケーキを頼むと、1カットがはんぱなくデカイ!
しかも生クリームたっぷり添えのウイーンスタイル。

これだけで今日の許容カロリーは軽くオーバー。
おいしかったけれどね。




P1160690

レストルームのお花を撮ってみる。

あと、ガラステーブルの下に本物の蘭の花、苔が敷き詰めてあったのは、さすがフラワーショップ。



さて、もう東京駅に帰らなければ、、、

急ぐ道、青山一丁目の駅の近くでこんな看板を発見。

P1160693


塩月弥栄子さん。
言わずとしれた裏千家大宗匠のお姉さん。
(私の世代ではNHK「私の秘密」の解答者←古〜)

こんなところに教場があったとは!


posted by しぇる at 21:53| Comment(15) | TrackBack(0) | 東京散歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京まで行かれて美術館に行けないのは残念ですね。
ぼくは東京行きの時は必ず一泊はして、美術館を4~5館ほど回ります。
お庭が素晴らしいのと、大好きな青銅器がたくさんあるので、根津はよく行く美術館のひとつです。
今回の展示では、赤樂の「無一物」が出ていたのですが、照明のせいかなんだかレンガのような明るい色に見えてちょっと…でした。
Posted by relax at 2012年06月30日 10:59
東京は東京で楽しいですよね。私も青山あたりは好きです。出光美術館はいつも行きます。
青山はフラフラウィンドーショッピング専門です。いつかお茶でご一緒しましょう!
Posted by ひいらぎ at 2012年06月30日 19:52
おおっ、しぇるさん、南青山に来られましたか!
骨董通り、名付けたのは、中島誠之助さんですが、骨董屋さんの多くがビルの上の方の階に入居していて、通りを歩いて覗けるお店は今は少なくなっています。
それにしても、ビックリ。
自分の住んでいる街を、こうしてレポートされると、
ドキドキしますね!
Posted by 老後は京都で at 2012年06月30日 22:45
relax様

いや〜うらやましいです。
無一物、ご覧になりましたか。
新しい美術館の照明はどうなんでしょう。
大阪の藤田美術館のような前近代的(ごめんなさ〜い)な照明のほうが、意外とよかったりして。
前回東京にいったときは出光、三井、日本民芸館を1日でまわったのですが、実は根津はまだいったことないのです。
Posted by しぇる at 2012年06月30日 23:13
ひいらぎ様

青山デビューです。
東京というといつも銀座の方に流れていたので。
仕事ででもない限り、東京に行く機会はなかなかなかったんですが、美術館巡りだけの為の弾丸ツアー、したいですねえ。
Posted by しぇる at 2012年06月30日 23:17
S&Y様

このあたり、S&Y様のホームグラウンドだなあと思いつつ、おされな町を楽しみました。
京都とはまた違う魅力と楽しみ方のある町ですね。
もう10年若かったら、青山いいな〜と思うのですが、今となってはコンパクトサイズの町のほうが居心地いいのです。
そうですか、骨董屋さんはビルの上の方だったんですね。次回いくときは気をつけて探してみます。
Posted by しぇる at 2012年06月30日 23:23
塩月弥栄子さん→「私の秘密」が出るとわ・・・[E:coldsweats01]
Posted by 夢風庵 at 2012年07月01日 00:35
照明の良さで美術館を個人的にランク付けすると、湯木、三井、出光あたりが上位に入るでしょうか(といっても回り過ぎてどこがどうだったかほとんど覚えておりません)。
やっぱりお茶道具はちょっと暗いくらいのほうがいいですね。
民藝館や東博の法隆寺宝物館などは建物こみで「どや」って感じですね。MIHOミュージアムなんかは建物だけでも「どや」って感じ(笑)。
Posted by relax at 2012年07月01日 10:25
夢風庵様

だれか、これにくいついてくれると信じてました[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2012年07月01日 21:05
relax様

湯木さんはそんなに上位になりますか。
あそこはガラスの前にメモをとれるような台があるのが気に入っています。(ほおづえついて見るのもgood)
東博、MIHO、未デビューです。
民藝館は確かに建物自体も「民藝」してる感じですね[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2012年07月01日 21:09
東京。何十年も行ってなくて、二年前、姪っ子の結婚式に、式場だけ目指して行ったきり・・・
まあ、「生き馬の目を抜く!」なんてとこから、よう無事お帰り!(笑)

 7月7日(土)夷川会主催で13:30~15:00まで、しぇるさんもご存知の万一さんで「膝詰め美術道具話」っていう会がありますよ。内容はよう知りませんが・・3日までの申し込みで無料だそうです。255-0248
Posted by 花咲おばさん at 2012年07月02日 14:30
さっきの番号はFAXです。
そのほか、7月14日には(13時から16時)申し込み不要で、宮崎本店さんで木の団扇や小物に絵付けする(料金500円~)というのや、21日双葉家具さんで木のバターナイフ作りなんかも・・・
Posted by 花咲おばさん at 2012年07月02日 15:11
花咲おばさん様

さ〜すが、オリジナル地元の情報通!
夷川会、がんばってますね。
とってもひかれる内容ながら、土曜日はどんなに早く帰っても京都着15時なんで、無理なんです。
残念ながら、、、、[E:weep]
でも、こんな情報大歓迎。
ありがとうございましたっ!
Posted by しぇる at 2012年07月02日 21:50
ひゃあ、東京においでになっるんですか!私も今神楽坂のワインバー。まあ地元というか。。青山あたりなかなかいけません。東京は広過ぎます。。。
Posted by キレミミ at 2012年07月03日 00:01
kiremimi様

いや、残念ながら半日しか滞在しませんでした。
たしかに東京はコンパクトとは対照的な町ですわ。
それにしても、神楽坂のワインバー、、、という響きだけでもおしゃれです〜[E:heart01]
Posted by しぇる at 2012年07月03日 00:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。