2012年06月09日

七十二候〜腐草為蛍のころ

七十二候では6月11日からの数日は、腐草為蛍(腐草螢と為る)。

腐った草が螢になる?
気持ち的には、腐った草のあたりから螢が生まれるってことでわからなくもないが、、、
まあ、中国版オリジナル七十二候には「雉が海に入って大蛤に」なったり、「熊鼠が鶉に」なったりするしなあ。

それはさておき、今年も柵内まで入らせてくれる太っ腹な、野村碧雲荘さん。

P1030176
時期がよかったのか、今年は昨年よりもっともっと美しい!

野村さんありがとう。
(碧雲荘も公開してくれたらもっとありがたいんだけど)

この勢いで、平安神宮の神苑の花菖蒲も見に行こう!
(えっと、、、、これはお花のブログだったっけ???[E:coldsweats01])


P1030195

こちらは花菖蒲と睡蓮が同時に楽しめます。

P1030204

ペーパークラフトみたいな睡蓮の花。

、、、泥より出でて、泥に染まらず、、、、

P1030201
どこかのアホな気の毒な修学旅行生が、池にはまるのを目撃!
腰の上までつかってた。
けっこう深いのね。




P1030196

この池では河骨(コウホネ)の花もらることができます。


朝、花菖蒲を堪能し、その足で四条へお買いもんへ。

例えば、、、

P1160492

唐長の名刺。
一昨年つくった唐長さんの名刺はペパーミントグリーンに瓢箪の雲母刷り。

そろそろなくなりかけて、あせっていたのだけれど、なかなか好みのものが発売されていなくて、、、
やっと好みの色(うすいブルーに同じ瓢箪柄)が出ました。やった。
また十分屋さんへ、活版印刷お願いしに行かなくちゃ。


さて、お腹がすいたので四条あたりでランチを。

このあたりのランチカフェはたいていランチは2時終了のことが多いのですが、時間制限のない「おうちごはん」を食べられるここは貴重です。




Img_0091
グリグラカフェ


Img_0092

そう、あの絵本の野ネズミの「ぐりとぐら」からとった名前のカフェ。
右手の棚の上に「ぐりとぐらのおきゃくさま」の絵本がおいてあります。

子どもたちが小さいときよく読んでやった絵本で、懐かしいわ。

できればメニューに「ぐりとぐらのぱんけーき(かすてら)」があればいいのに。(←わかる人にはわかる)



Img_0094

こちらが「きょうのおうちごはん」。
とてもヘルシーでおいしかった[E:happy02]


P1160502

日にち変わって、久しぶりの灰型教室。

こちらは先生の芸術的ともいえる二文字押し切りのエッジ。
こんなにぴしっと決まるまで、あと10年くらいは修行しないとだめだろうなあ、、(えっと、その時は一体いくつになっているのやら[E:shock])

P1160503

ちょっとのブランクで、すっかり感覚が鈍ってる、、、(まあ、もともとそんなにうまいわけでもないけどね)[E:coldsweats01]
でも、1週間後に茶会の灰型つくらないといけないのに、、、、(汗)







P1160504

灰型の練習のあと、今年お初の水無月は、手作りのものをいただきました。




P1030169

夜は梅ジュースを仕込む。
今年はたった1個しか大きくならなかった(カイガラムシにやられた!)わが家の梅+購入した南高梅で。

完成まで2週間くらいかなあ。

、、、、そんな腐草為螢の候の日々。


posted by しぇる at 23:56| Comment(14) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事な花菖蒲。
睡蓮や蓮の花って、開く時に音がするってほんとなんでしょうか。一度聞いてみたい。

学生の集団には一人くらいアホなのがいますね。池でよかったわ。
小学生の頃、校外学習で野壺にはまった男子がいましたわ[E:coldsweats01]

ぐりぐらはランチタイムはいっぱいで、運よくスッと入れるときはまれ。
何回かあきらめてました。
時間外せば行けるのね。今度時間外していこ。
あの絵本はず~っと愛されてますね。
Posted by 夢風庵 at 2012年06月10日 08:13
わ〜野村の前がこんなにきれいなのですね。
行きたいけれど行けるかなあ。
Posted by ひいらぎ at 2012年06月10日 19:45
1個・・・貴重な梅ですね[E:coldsweats02]
うちは義母が毎年梅ジュースを作って送ってくれますので、ヨメ(しまこ)はやりません。ほほ。[E:coldsweats01]義母が作る方がおいしいし(←言い訳)[E:wine]
土曜日は先輩方に交じって、花月のお稽古でした。貴人清次濃茶付花月で、頭がこんがらかってしまいました・・[E:crying]
しぇる様は灰型作られるということは、来週お水屋ですか?大変ですが、頑張ってください[E:happy01]
しまこは青年部の東北ブロック40周年記念大会に参加です[E:note]他の青年部のお茶会に参加するのは初めてなので楽しみです[E:happy02]
Posted by しまこ at 2012年06月10日 21:43
夢風庵様

千里の万博公園に見事な蓮池があって、早朝から花の開く音をききに大勢のひとが行くって聞きました。(私はそんな早起きしたくないので、、、[E:coldsweats01])

多分池を静かに鑑賞しないでふざけてたんでしょうね。ポケットの携帯もダメになったかも〜[E:coldsweats01]

グリグラはお昼時はいっぱいなんですか?
知らずに時間外していって、ラッキーだった!
Posted by しぇる at 2012年06月10日 22:06
ひいらぎ様

こちらは毎年の楽しみになりそうです。
満開前は、柵があって、近くまでいけないのです。
まだもう少し楽しめそうですよ。
お時間あれば是非に。
Posted by しぇる at 2012年06月10日 22:08
しまこ様

青年部ですか〜。私はとうに卒業の年をすぎたので、全然関係なくすごしましたね〜。
青年部にはすごい方が結構おられますよね。
そういう人脈ができるだけでも、青年部はよいですね。もう少し若い頃にお茶を再開していたら、、、[E:bearing]

来週は社中内のお茶会なのです。
なぜか灰型係りがまわってきた、えらいこっちゃ!

梅ジュース、今年も良い感じでできあがりそうですよ。
Posted by しぇる at 2012年06月10日 22:14
>どこかの気の毒な修学旅行生が、池にはまるのを目撃!
>腰の上までつかってた。
>けっこう深いのね。

ここのところで、お腹抱えて笑い転げました。
飛び石からはまったのでしょうか?
制服なら着替えはあったんでしょうかね?
ひとりだけユニクロのチノパンとシャツで過ごすのかな?先生も大変ですね(笑)
これから卒業まで、いや卒業してもずっと語りぐさになるでしょう。

この池のスッポン、夜になると池から上陸して来てそこらを徘徊しているらしいです。しらずに見回り中の宿直の神職さんがヌルヌルしたものを踏んづけて大驚愕、ということもあるそうです。わざわざこんなところにはまった生徒さんのドンクサさなら、きっと噛まれるでしょうね。

野村もこんなに綺麗に咲いてるんですね。
ちょっくらみにいってみます。
Posted by とんぼ@岡崎 at 2012年06月10日 22:42
美しい花菖蒲ですね。今年はお目に掛からず、来年に期待するのみ。

池にどうしてハマったのか不思議ですが、最近の修学旅行生は中国人観光客に負けないくらい喧騒でお行儀が悪いですよね。スッポンに噛み付かれなかったのかしら、、。

peridotのような一粒、美味しそうな青梅、虫たちも奇麗なもの、美味しいものに目がないのでしょうね、、。
Posted by 銀の笛 at 2012年06月11日 06:58
とんぼ@岡崎様

修学旅行生は八ッ橋の上からおちたようです。
あんな狭いところはちゃんと気をつけてわたらないとね。よい勉強になったでしょう。
多分、あの日はジャージですごしたんじゃないかしら。
亀だけじゃなく、スッポンもいるんですか?[E:coldsweats02]
まあ、食いつかれなかっただけよかったわねえ。
Posted by しぇる at 2012年06月11日 22:13
銀の笛様

花には旬の時期があって、短い物もあるので、見損ねることもありますね。季節の花も道端の花も、いずれも心癒してくれます。
修学旅行生の顛末はとんぼさんへのレスへ書きました。ほんとにアホ、、いや、お気の毒[E:coldsweats01]

ペリドット!
まあ、そんな風に言っていただけると梅ジュースもさらにおいしくなりそうです[E:lovely]
Posted by しぇる at 2012年06月11日 22:19
野村の花菖蒲こんなにきれいに咲いているなら見に行かなくちゃあ。近くで見えるようになっているうちに。
平安神宮のお池、私もはまる可能性があるので、この前行った時には飛び石のところは避けて通りました。
Posted by vivasan at 2012年06月11日 23:25
vivasan 様

教えていただいた、観察ポイントからも眺めましたよ。そろそろ盛りを過ぎそうなので、お急ぎを!
え?あの冷静沈着なvivasan様が池にはまりそう?[E:coldsweats02]なら私もすごく危険だったかも、、、
Posted by しぇる at 2012年06月12日 00:27
いえ、私は足がうまく開かなくて飛び石がまたげない恐れがあるだけで、しぇるさんなら全然大丈夫ですよ。
Posted by vivasan at 2012年06月12日 12:58
vivasan様

私の場合、飛び石をわたるのに、足の長さに問題があったりして、、、[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2012年06月12日 21:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。