2012年06月07日

勧修寺〜氷室池の睡蓮

地下鉄東西線を小野駅でおりると、そこは小野小町で有名な小野一族が住んだあたり。

駅の東には小町ゆかりの随心院もあります。

駅の西に行くと、、、、

P1160481

勧修寺。
正式には「かじゅうじ」と読むそうです。

P1160485

このあたり、地名も「勧修寺」なんですが、地名になると「かんしゅうじ」と読ませるようです。
(ああ、ややこし)
人に話すとき、「かじゅうじに行った」と聞いて「勧修寺」という文字が頭に浮かぶ人はどれくらいいるのか不安ですわ。

P1030125

門跡寺院ですので、寺紋も裏八重菊。

書院周辺の庭園を回っていくと、ぱっと景色がひらけます。

P1030130

わ〜!咲いてる!
睡蓮。



P1160483

モネのヴィルジニーの庭にも負けませんわ。(行ったことないけど[E:coldsweats01])


P1030131

花菖蒲も盛り。
蓮の花はまだですね。


P1030142

さまざまな色の花菖蒲。



P1030140

半夏生も白くなりかけています。
もうすぐ建仁寺・両足院の半夏生群生も公開されますね。



P1030134

のどかなカエルのこえも聞こえますが、姿は見えません。

P1030135

この池は氷室の池といって、かつて平安時代には、池に張った氷を1月2日に宮中に献上したそうです。
また、氷の張った厚さでその年の五穀豊凶を占ったとも。





P1030137

もともとこの寺は、山科の大領、宮道(みやじ)家の邸宅跡だったそうで、宮道の娘であった列子と名門藤原北家の高藤とのロマンスは今昔物語にも語られておるそうな。

二人の間にできた娘が藤原胤子、のちの宇多天皇女御、醍醐天皇生母。
その胤子追善のため、醍醐天皇が寺院にあらためたのが勧修寺のはじまり。



P1030160
右手奥にみえるのは観音堂。


この日は普通の観光客はほとんどいません。
この人達ぜ〜んぶカメラマン(多分9割以上は趣味の素人)。

いや、私のデジイチなんか、はずかしくなるようなすごいカメラばかり。[E:coldsweats02]
聞くともなく話を聞いていると、写真雑誌への投稿云々とか、、、
私なんかとはレベルが違いますわ。

中には小石を投げて、わざわざ絵になるような波紋を作ってらっしゃる方も。
そうか、芸術写真はこうやって撮るのね。



P1030152

境内には紫陽花の木もたくさん植わっていましたが、まだまだ色づくのは先のようです。
こちらも盛りのシーズンが楽しみです。



P1160484

書院の前はヒノキのような植物がびっしりと匍匐しているので、なんだろうと思いましたが、実はこれ、たった1本の木から出ているんですって!
この木は「這柏槇・ハイビャクシン」。

なんと樹齢750年とか。[E:coldsweats02]



P1030165

そのハイビャクシンのむこうにぽっこり頭をだしている灯籠は勧修寺型とよばれるものだそうで、あの水戸黄門様の寄進だそうな。なんとなくユーモラス。
灯籠の後方のハイビャクシンも同じ1本の木の続きなのにはおどろきです。

境内にはウルシの木もあるのですが、「ウルシ・さわるな」と注意をよびかけてくれている親切がなんだかうれしい勧修寺なのでした。


<おまけ>

小野の駅をおりてすぐ、関西人ならみんな知ってる(はず)あのオジカソースの本社が!
こんなとこにあったのね〜!


P1160477


posted by しぇる at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう6月なのですね。半夏生の季節ですね。
両足院にも行ってみなければ。
Posted by ひいらぎ at 2012年06月07日 21:47
昨年の今頃、山科を一人で歩いていました。
花菖蒲や睡蓮がとっても美しかったことを思い出しました。
ハイビャクシンのことは知りませんでした。
これが1本の木だなんて、とーっても信じられないです!!

そう言われてみれば、勧修寺型燈籠は低い木の中にうずもれるように立っていましたね。

でも、オジカソースは全く知りませんでした[E:coldsweats01]
Posted by こまち at 2012年06月07日 22:18
ひいらぎ様

両足院も桔梗の天得院もいかなくちゃ。
仕事の合間にこういう予定をパズルのようにはめ込むのはむつかしい作業です。楽しいけど。
Posted by しぇる at 2012年06月07日 23:14
こまち様

さすが、こちらの睡蓮もおさえてはったんですね。
このあと随心院にもいったのですが、竹藪の側の道は人っ子一人いなくて、ちょっと恐かったです。観光客わんさか、、、という場所ではありませんが、小野小町と深草少将のお話を思い出しながら歩くとしみじみ楽しいですね。
あ、そういえば、こまちさんも小町さんでしたね!
Posted by しぇる at 2012年06月07日 23:18
勧修寺、行かれましたか!
本当に、ラブリーなお寺ですよね。
池も自然な感じで、五感が解放されるような気がします。
ところで、拙ブログでも案内したのですが、「東京人」という雑誌の7月号で、「茶の湯を愛した富豪たち」という特集があり、野村翁や根津翁のことが取り上げられています。ご参考まで。
(そのうち、しぇるさんも、こうした特集に名を連ねることになるのカナ?←ヒトリゴト)
Posted by 老後は京都で at 2012年06月09日 01:09
S&Y様

興味ある記事のご紹介、ありがとうござます。
でも関西で「東京人」って手に入るのでしょうか?

>野村翁や根津翁、、、

もったくもってレベルが違います。
それに彼らのは貴紳の茶、いわば近代書院の茶ですので、私がめざす侘び茶とは少し方向性が違うのです。
もっともどんなに背伸びしても、肩並べなんてできませんわ[E:bearing]
Posted by しぇる at 2012年06月09日 21:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。