2012年06月03日

平安神宮・薪能  2012

平安神宮の薪能、昭和25年からの年中行事だそうです。

今から20年以上も前、以前住んでいたときに一度いったことがあります。
演目は「花筐(はながたみ)」だったのを覚えています。

P1160448

なんといっても徒歩で行けるご近所なので、第1日目はダンナが、2日目は私が、いってまいりました。

1日目は先日能と茶の会で、お世話になった能楽師・吉田篤史さんがでていらしたのですが、私は2日目の「二人静」と「碇潜(いかりかずき)」が見たかったので。

しかも碇潜のクライマックス、知盛の霊を演ずるのがこれまた昨年、筒井筒のお話しと仕舞を見せていただいた味方 玄さんだったのです。

P1160450

開演直前、ぱらぱらっと降ったのですが、日ごろの行いのせいか[E:coldsweats01]、始まる頃にはあがりました。

平安神宮の広い境内には竹の結界内に作られた能舞台、観世座、金剛座の字の入った提灯がつるされ、いつもと雰囲気がまったくちがいます。


すでに前の方は席が埋まっていたのですが、ここで某大学の伝統芸能ゼミのグループとばったり!という奇跡的な邂逅があり、すでに押さえてあった席にすべりこめたばかりか、おにぎりやらお菓子やらまわってきて[E:coldsweats01]、なんてラッキ〜。

謡の本を見せていただいたり、解説もきいたりで最高の席になりました。[E:happy02]

P1160454
このパンフの表紙がその碇潜の知盛さんの幽霊ですの。
かっこええ[E:lovely]

今年は大河「平清盛」の流れでテーマは「源平盛衰記」。

第1演目は金剛流、「安宅〜延年之舞 瀧流」。

歌舞伎で有名な勧進帳のもととなった安宅の関のシーンで、歌舞伎を思わせるようなアクションもあり、かなり動的な演目。
富樫につめよる山伏(実は義経の家来)達との攻防が迫力あってみどころ。

最初富樫が登場するとき、太刀持ちがどこかで見たことがある、、、と思ったら、狂言の茂山逸平さんでした。
しかも義経主従の強力(ごうりき)は茂山千五郎さんだったし。

狂言師ではなくて、「能楽師狂言方」と、先日吉田篤史さんに教えてもらったので、納得。

小鼓が昨年の和菓子の会でお目にかかった新進気鋭の曽和尚靖さん。

ここでいよいよ薪に火が入ります。

第2演目は観世流、「二人静〜立出之一声」。
菜摘女に静御前の霊がとりついて、静の舞の衣裳を着け舞い始めると、どこからともなく同じ衣裳の女があらわれ、寄り添って舞を始める。

このシンクロ舞を見たかったのです。
時に方や舞台の上、方や橋掛かりの上、時に寄り添って、、、
いずれが静御前でいずれが菜摘女か、その境もなくひきこまれる、これぞまさに「幽玄の世界」を垣間見たような気がします。
P1160461

意図してかどうかはわかりませんが、この演目は始まりの時はまだ薄日が残り、進むにつれ次第に暗くなっていき、終わりの方ではすっかり夜。
その夕方と夜のあわいにこの幻想的な二人静をもってきたのは、最高の演出だと思いました。

間(あい)の狂言は「柑子」。

狂言大蔵流、茂山良暢、茂山千三郎。
三つの柑子を食べた言い訳に、俊寛の話まで持ち出す太郎冠者のいいわけぶりが見物。
これは俊寛で源平盛衰記つながりだったのね。

狂言の面白みはその間の取り方にあるといってもいいと思う。


最後の演目、これもみたかった観世流、「碇潜〜船出之習」

これに出てくるワキ方が、実は心茶会の後輩で、しかも京大観世会出身の方だったんです。
(どこかで聞いた名前だと思った[E:coldsweats02])

声の通りも良く、評判もきわめて良いと聞きます。
がんばってるなあ。


さて、演目ですが後段に平家の御座舟がでてきます。

中には幼い安徳帝(子方)、二位尼、大納言局、そして清盛の四男坊にして「入道相国(清盛)最愛の息子」、かつ平家の清盛なきあとのリーダー知盛(いずれも亡霊です)登場。

知盛は自害にあたり、鎧を二枚着て、碇を体に巻き付け、それをおもりにし、「見るべき程の事をば見つ。今はただ自害せん」と言い残して入水したとも言われています。
生きたまま浮かび上がって晒し物になる辱めを避けるために。

まずは「波の下にも都のさぶろうぞ」と、二位尼にいだかれて入水する安徳帝のシーン。

ついで知盛は、まずは長刀にて合戦の様子を演じ、そののち大きな碇を持って入水のシーンを舞う。
これがまたアクティブで歌舞伎のように少しケレン味もあって、迫力!

昨年の筒井筒で静かな舞をみせてくれた味方玄さんの、対照的な舞にしびれました。

P1160462

終わって振り向けば、空はすっかり晴れて応仁門の上に月。

帰途につく観客に能楽師の方々がずらっとならんでご挨拶。
普段着だったので、はじめはわからず、あ、この子は子方の子だ、と気づいてからわかる。

歌舞伎などではまずみられない風景。
残念ながら能を見る人はそう多くはない、という能楽界の危機感もあるのかもしれない。

P1160464

それにしても平安神宮の社殿を背負って、の能は最高の舞台です。
ああ、やみつきになりそう。


posted by しぇる at 23:06| Comment(6) | TrackBack(1) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行って来られたのですね。私も随分前に一度行ったことがあり また行ってみたいです。
こうやって家で画面を見せていただくだけでも嬉しいです。
Posted by ひいらぎ at 2012年06月04日 08:43
ひいらぎ様

屋外の能舞台の方がいいなあと、私なぞは思うのですが、今年中には観世会館デビューしますわ。
写真がとれないのが残念。もっと雰囲気をお伝えしたかったんですが。
Posted by しぇる at 2012年06月04日 22:19
まあ[E:up]ご報告ありがとうございます[E:happy02]
平安神宮に能舞台ってあったっけ?どこでやるんだろ~と思ったら、舞台をしつらえるのですね!ちょっとびっくり
[E:coldsweats02]空に浮かぶ月[E:fullmoon]といい、最高の演出です。
来年は行ってみたいですねえ[E:dash](仕事さえ片付けばですが・・うう[E:sweat01])
Posted by しまこ at 2012年06月04日 23:22
偶然にも同じ舞台を見ていたのですね。よかったですね~。
碇潜のとももりさん、かっこよかったですね~。

味方玄さんって、今晩のKBSテレビの羽田美智子の番組にもお能を広める活動をしたはるとかで出てられましたよ。

逸平さん始めとしてパンフまで売ってるとか、ほんとに一門挙げて取り組んでいるという感じがしましたね。

トラックバックさせていただきました。
Posted by vivasan at 2012年06月05日 02:17
しまこ様

はい、是非お仕事片付けて、おいでください。
多分毎年初心者にもわかりやすい演目がかかると思います。
あとはお天気ですね〜。
Posted by しぇる at 2012年06月05日 22:57
vivasan様

お写真からみると同じ対角線上にいたみたいですね[E:happy01]
あれだけの人ですからすぐそばをすれちがってもわからなかったでしょうけれど。
昨年、味方玄さんのそのお能広報活動の一つに行ったのです。みなさん、がんばってはります。ほんま、碇潜、かっこよかったですね〜。
あ、こちらもトラバさせていただきました。
Posted by しぇる at 2012年06月05日 23:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

平安神宮神苑無料公開と薪能
Excerpt: 5月31日と6月1日に平安神宮で薪能が行われていたので、2日目に行ってきました。 大極殿前の広場に能舞台が設置されていました。 この日は神苑が無料公開されていたので、お能が始まる前に見..
Weblog: ビバさんのさんぽ道
Tracked: 2012-06-05 02:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。